なかなか勝ちきれないな!

10月20日は市民大会(男子ダブルス)に出場。

初日は、予選で、1ブロック3チーム総当りで、1位になると次週の本戦に進めます。

まず、予選の1試合目、なんと相手は、親子(たぶん)ペア。

子供は、小学生高学年位で、そのお父さんとのペアという感じです。

お父さんの方は、一般テニス愛好家のレベルを超えていて、スピード+回転と切れのあるボールを打ち、なかなかこちらの思うとおりのテニスをさせてくれません。

子供の方は、ストロークはお父さんばりながら、ネットプレーはミスも多かったです。(と、試合後、感じました)

結果は、結構、デュース等競りましたが、2-6で敗戦。

もう少し意識して、子供の方を狙って(頭上ロブ等々)もよかったかなと反省!

2戦目は、自分のテニスをさせてくれるレベルの相手で、6-1で勝利。

ただ、初戦の相手が、私達2戦目の相手にも、6-0で勝利していて、1位確定。私達は、1勝1敗の2位で、予選敗退となりました。

最近、試合のたびに感じているのですが、自分のテニスをさせてくれるか否か、返球はするのですが、押された状態のため、普段の自分のボールを打たせてくれない相手には、負けます。

しかし、たとえスピードはあっても、自分の許容範囲内で、自分のボールが打てる相手には、そうそう負けません。

当たり前と言っては、当たり前のことなのですがーーー。

その許容範囲を、いかに広げていけるか、そこが難しい課題です!


カテゴリー: テニス一般 | 投稿者レオ 14:36 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">