かぶれの原因~中島徳至

肌が非常に過敏で、化粧品ですぐかぶれる人がいます。

数年前、新聞でも話題になりました。

肌は、外界からからだを守る働きをしていますが、外からの刺激に負けた場合には、炎症を起こします。

これが俗にいうかぶれで、医学的には接触皮膚炎と呼び、二種類に分けています。

すなわち、毒性の強い化学薬品などにふれたりしたときに、だれでもが起こす一次性の接触皮膚炎と、一般の人には何でもないものが特定の人に起こる場合の、二次性のアレルギー性の接触皮膚炎です。

このアレルギー性の接触皮膚炎は、抗原抗体反応で起こるとされています。

たとえば、かつて皮膚に少しの刺激となったある種のものがあるとします。

これを抗原と呼びますが、皮膚の組織は、そのものを覚えていて、それに対抗する物質を体内に準備します。

これが抗体と呼ばれるものです。

初めに刺激となったある種のものと同質のものが、再び皮膚に作用したときに、この抗原と皮膚内にすでにできていた抗体とが反応を起こし、それから遊離した物質が炎症症状を起こすのです。

症状としては、急性の場合、最初にほてりやかゆみ、発赤があり、次にそこがむくんだり、はれたり、丘疹になったりします。

やがて、つぶれてかさぶたとなり、それがむけて治ります。

慢性の場合は、赤味があり、かゆみが強く、かくとふけのようにむけます。

あるいは角質が厚くなり、しわが増えたように見えたりします。

中島徳至

http://willcrestfoods.com/

 


カテゴリー: 中島徳至 | タグ: , , | 投稿者UBOUND、ボディパンプの評判~中島徳至 14:38 | コメントは受け付けていません。