Top Five Exciting Sex Doll Trends

本格的なセックスロボットのリリースに近づくにつれて、セックスドール技術の改良も見られます。セックスロボットの初期の特徴の多くは、よりリアルなものにするためにセックスの人形で実装されます。

自己発熱セックス人形

内部の加熱機構を持つセックス人形は、すべての高級ラブドールの標準的な機能になります。性的人形は膣の外観と感覚を完全に再現することができましたが、一般的なフィードバック点は、体温感覚を再現することがオーナーにとって難しいことです。これを回避するために、セックス人形のオーナーは、温かい水、暖かいタオル、または特殊な電気ヒートインサートを使用して人形を温めました。

2018年までにこれは過去の問題になるでしょう。セックス人形は、体の熱温度にセックス人形の生殖器を温める内部加熱システムを持っています。最も一般的な実装は、首の後ろから伸びる電気プラグである。使い始める前に、ユーザーは大人ラブドールをウォームアップできるように、数分間セックス人形を差し込むだけです。使用の準備が整うと、セックス人形はシリコーンとTPEが熱を保持するのに驚くほど効率的であるため、取り外すことができます。

自己発熱セックス人形技術が向上するにつれて、使用前に人形を壁に差し込む必要のないバッテリー駆動の暖房システムが見られることがあります。また、ユーザーが正確な温度を選択できるアプリなどの加熱機構の制御機能も改善されています。理想的には、このシステムは完全に自動化されており、女性ドールとのセックスを開始すると自動的にウォームアップを開始します。タッチセンシングセックスドールの実装で可能になるでしょう。

100cm ラブドール

タッチセンシングセックス人形

セックスロボットの初期の特徴は、いつどこで触れられるかを感知する能力です。この機能はセックスの人形にも登場し始めます。基本的にセックスの人形には、人間の感触に敏感な皮膚の下に埋め込まれた「神経系」が備わっています。この技術には多くのアプリケーションがありますが、最初に制服ラブドールが所有者の行動に反応するようにするために使用されています。例えば、タッチセンサーは、彼女の胸にキスし触れるような前戯の動きを検出することができ、受動的なボーカルで応答することができ、彼女の性器は暖かく、多分性交の準備に注油する。さらに、性器にセンサーを備えたセックス人形は、快感を感じることができ、セックス体験をより2ウェイの経験にすることができます。将来的には、オーナーは彼らのセックス人形オルガスムを与えることができるでしょう。

超現実的なボディ

童顔ラブドールの物理的な外観は、実際の女性の肖像を達成するという観点から、もっとも遠いです。セックス人形人工知能やセックス人形ロボットなどと比較すると、実際のセックス人形が今日どのように見えるかは数年遅れています。しかし、セックス人形のメーカーは、製品の外観につまずいているわけではありません。性的人形の登場は今年も改善され、より現実的になります。

セックスの人形はどのように現実的に見えますか?スキンの技術は向上し、シリコンラブドールンとTPEの人形が少なくなります。セックス人形は、独自の合成材料で作られます。これらの材料は、タッチセンサーのような技術とのより良い統合を可能にし、より現実感を感じます。実際の肌の微妙な模様、線、テクスチャを見るようになります。材料はまた、体のどの部分に位置するかによって硬さが異なる。例えば、骨が肌に近い場所、例えば腰、肩、肘などは、胸や尻のように女性が通常より多くの脂肪沈着を有する場所よりも硬く感じるでしょう。

人工知能人形

完全に意識的なセックスロボットは最終目標ですが、途中でセックス人形は性格を持ち始めます。初期のプロトタイプで見たように、人格は最初は単純になります:人工知能の能力は急速に学習され、セックスの人形とより統合されます。爆乳ラブドールは、すべてのタイプとその所有者との様々なレベルの親密さの会話をすることができます。所有者はまた、完璧な仲間になるためにセックス人形の人物を微調整することができます。性的人形人工知能はある時点でワイドウェブにも接続できるようになるでしょう。これはあなたのセックス人形が世界のすべてのセックスの知識を持つことができます。カルマの経について皆さんに教えることができるセックスロボットを想像してみてください。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者roridoll1314 18:14 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">