10月K壮会例会

金曜日、曇り。
久しぶりのK壮会、運動公園ABコート。参加者109名(男82名、女27名)。
100名以上も集まるのだから人気のある大会だ。毎月のことだから、お世話役の皆さんに感謝、感謝。
今回は1名の新会員の紹介と会員2名の訃報が告げられ全員で黙とうして弔意をひょうした。

(大会実施要項)
① 試 合:スライド方式・ノーアド6ゲーム先取・練習サービス3本。
② 組合せ:「参加者一覧表」の8グループの各進行係りのもとで組合せ用の番号を抽選し、その番号の組合せ に従って各人4試合のゲームを進めて下さい。
③ 表 彰:・・・・・
④ 順 位:・・・・・
・・・・・・・

初戦、頑張ったが16と敗退してつまずき、暗雲が垂れ込めていた。調子は悪くなかった。全体的にレベルがあがっている。
せめて接戦を予想したのに結果はワンサイドだった。 2試合目:61 3試合目:63 で2勝1敗。終盤の星取り表を眺めると最終試合になっていた4試合目を勝てば今回から復活した3位入賞あり、負ければ初戦で組んだ4試合目の相手SAI 氏に3位の軍配があがると判明した。
物覚えの悪いぼくはSAI氏に失礼していた。いつかパークドームでの大会で彼がぼくに親しく話しかけてきた。JOPに出ている何とかさん(hasega)とは知り合いです、ご存知ですかと言う。名前は知っていますと会話を交わしていたのだ。

コートに下りて近づいてあいさつをしたときに、ようやく思いだしていた。そして一緒に組んで戦った初戦はぼくより安定したテニスをしていた。あのとき彼は松Aでなく竹くらいでプレーしていたはず、優勝したから松Aに来ているのだと、ようやく理解していた。16で負けた原因はぼくがすべてという内容でSAI氏に申し訳なかった。

4試合目、そんないきさつは、忘れて3位をゲットしょうと、そればかりで頑張ってみたがいいとこなしで16で敗れていた。なにおかいわんやだ。

きんぱくしたねんりんの4ゲームの試合を想定しながら戦ってみたが、大変なねんりんになりそうな気がしていた。
3位争いで頑張ったつもりだったが、ラッキーセブン賞とぼくの名前を誰かが言った。

001

運動公園プロムナード

 

005-1


カテゴリー: K壮会 | 投稿者ていちゃん 21:18 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">