女子プロゴルファー 野村敏京(はるきょう)

日曜日 曇り 晴れ

熊本城マラソン9時スタート、民放テレビはゴールの昼過ぎまで放映するらしく、番組の変更を興奮気味に伝えていた。あまり興味なし。

wowowでオーストラリア女子オープンゴルフの最終日が朝から全日程が放映されるのは朝のニュースで分かっていた。昨日の時点でトップは混戦、その中の一人に野村敏京がいた。インタビューに優勝はしたいけど、一番楽しんだ人が優勝するでしょうとたんたんの答えていた。

昼を回ってテレビをつけると野村は14アンダーでトップに立っていたので、最後まで釘づけになっていた。断トツかと見ているとランク1位のリデアコという選手が13アンダーで追っていた。
アメリカツアーで優勝経験のない野村は終盤逆転の憂き目にあうのだろうとハラドキで見守っていた。白いパンツのボーイッシュな野村、どう見てもかわいいという感じではないが、物おじしない堂々とした戦いぶりだった。

15番で野村がバーデイを取り二打差にしたので何とかしのいでほしいと願っていると、1ホール前を行っていたリデアコは長いパットを決めて当たり前のような顔つきを見せていた。

だが野村は16番そして17番ではロングパットを決めて17アンダーとして安全圏と思えるリードをしたのだ。リデアコは1打落として13アンダーにしていた。

最終18番ホール、冴えわたっていたアイアンが初めてぶれてバンカーへ。無表情に見えた野村にも初優勝のプレッシャーがあったのだ。人間味が感じられてよかった。ボギーとして16アンダーの文句なしの優勝だった。

その瞬間、仲間が駆け寄ってビールか何かを洗礼とばかり駆け寄ると、グリーン場を逃げ回るが最後は観念して立ち止まり頭からどっぷりとかけてもらって、そして抱擁しあってよろこびと祝福の輪がひろがっていた。

宮里藍やさくら等の日本選手にはいい刺激になったはず、今後の活躍を注視しょう。

・リオ五輪代表争いに急浮上!野村敏京の歩み

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint







 




カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:41 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">