圭の2010全仏1回戦wowowする

火曜日 晴れ

二日間休んだので早めにコートへ出かけて、N夫妻の練習に参加させてもらった。2時間みっちり絞られた。

それが終わると顔を見せていたK氏とストロークの練習をお願いする。今日の練習課題はジョコビッチの両手バックハンドの下からすくい上げて回転をかけ、ダウンダラインに打ち込むまねごとを意識して行うと、時々納得するボールをうてることあった。いつも大会前にこんなことをやって、中途半端に終わって後悔したことが何度もあるのに又も懲りずにやっている自分がいた。

そのあとミックスダブルスをワンセット、やばい組合せと思っていたが蓋をあけるとぼくらが先行してリード、あせる相手をうまくほんろうして勝つことができた。

稀勢の里が粘り腰で横綱鶴竜を土俵の外に投げ飛ばしたのには声をあげて拍手した。大事な琴奨菊戦では珍しく変化して土を付けた。今場所の稀勢の里はいつもの場所と全然違って見える。琴奨菊に刺激されて負けてはいられないと奮起したに違いない。

3敗した琴奨菊には横綱の目は亡くなった。稀勢の里が今場所初優勝して来場所、綱取りを目指すような気がしている。

相撲が終わってwowowを付けると錦織圭の試合が目にとび込んできた。何ごとかと注視すると、圭のグランドスラムすべての試合を見せるという番組だった。2010の全仏1回戦、錦織圭VSヒラルドの4セット目終盤が行われていた。圭は2セットダウンから2セットばん回してファイナルへと進んだ。そしてファイナルを64で取り勝利した。

圭の全仏初勝利の瞬間だった。まだ二十歳の初々しい若者はインタビューに初々しく溢れんばかりの笑顔で答えていた。コロンビアの一人者ヒラルドとはそれからデ杯戦で国を代表して雌雄をかけて何度対戦したのを見てきた。

この全仏では本戦辞退の選手が出て圭は運よく本戦入りしたとのこと。そして初勝利だから、その喜びは格別のものだったことが伺えた。圭が戦った日は2010年5月24日というので、ブログ2010年05月24日をみるとその日は関東選手権で大宮の公園で戦っていたので、この試合は見ていない。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:19 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">