ジョコビッチの壁は厚くて高し マイアミ決勝戦 錦織

月曜日 曇り

夜中の2時まで眠らずにマイアミオープン決勝戦の始まりを待っていた。錦織圭の念願のかかったマスターズ(1000)の大会なのだ。ライブでないと意味がないと思った。

1万5千人を収容するという会場は最上階まで溢れる中、試合は開始された。

ファーストの1ゲーム目ジョコビッチのサービス。を全米でジョコをやっつけたように、軽いフットワークでかっこよくブレークした。今日こそ何かが起こりそうだと期待が高まっていると2ゲーム目圭のサービスはたやすくブレークされた。

それからは終始ジョコビッチが主導権を握っているように見えた。圭も得意のショットを放つが、良ければよいほどジョコの反応は良くなり、より厳しいボールが帰ってくる。ファースト36。セカンドも36でセットか取れそうな雰囲気ではなかった。

「生き馬の目を抜く」ジョコのテニスの観察しながら浮かんできたことわざ、ここという時はエンジンを全開して、通常はニュートラでの運転で、離れず付かずチャンスを窺っている。攻撃を受けてもコート狭しと駆け抜け、どんなに厳しいと思えるボールでも、そこから攻撃的なボールが帰ってくる。ナンバーワンを守り続けている秘訣の一つには違いない。

・錦織 ジョコに「次は勝ちたい」

↓プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint










カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:25 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">