10年ひと昔  シングルス

土曜日 晴れ

3月11日、東日本大震災の日。あれから6年、 「月日は百代の過客にして、行かふ年も又旅人也」奥州を旅した芭蕉はこの惨事をなんと何と表現するだろうか。

昨日は早朝から蛇が谷公園テニスコートへ出かけた。1月の合宿の折シングルスの練習を終えて帰ろうとするT氏にすれ違う。また練習をお願いしますと頭を下げると、2月から出来ると思いますからその時は連絡しますと言われて別れていた。2月になったが音沙汰がない。社交辞令だったかもしれないと思ったが、思い切って電話してみた。相手は恐縮していた、家族が入院などで失礼しました、また電話しますと、しばらくして電話があった。彼が指定した曜日は予約があった。では金曜日はどうですかという、そこも昼から久しぶりの仲間とのテニスの約束があった。

午前中は空いていますが1時からは用事がありますとのべるとでは9時からしましょうかと言うので、お願いしますと言った。

ぼくはJOPに挑戦始めた10年前、2007年9月からT氏にシングルスの相手をしてもらった。それは2009.3月ごろまでブログを見ると続いている。終わりのほうは56回目とあった。

1時間かけて運動公園まで来てくれて、シングルポールを片手に予約もしてくれていた。近くのぼくが予約をしますと申し入れたが駄目だったし、たまにはぼくがそちらに出向きますと言っても話しに乗ってくれなかった。

ほんとうに久しぶりのシングルス、今はぼくのほうが強いだろうとたかをくっていた。彼はぼくとの練習がしぼんでしまっていらい、ほとんどJOPの試合から遠ざかっていた。まだ何処かで仕事もしていたようだし奥さんも病弱とも聞いていた、体調もいろいろあったように聞いている。

ファーストは簡単に取れると思ったが終盤粘られても52で取ることが出来た。
セカンドも間違いないと思いしや03とリードを許していた。ぼくのボールに慣れたらしく、甘いボールはすかさず攻めていたし、流れは完全に変わっていた。ライジングで攻められて一発で仕留められるシーンが増えていた。

何とか33に追いつくがそこから抜けきることが出来なかった。55まで必死でねばってみたがそこまでだった。57で負けていた。11の分け、今日はここまでにしましょうとT氏、異存はなかった。

話によるとT氏の練習量はぼくよりまさるとも劣っていなかった。周2回はボールだしをしてもらい、みっちりと基礎練習、そして週2回のシングルスをこなし、カラオケにも熱心だという。好きな歌手は松山千春やシナトラのマイウエイなどというからびっくりしていると、自分の歌をカラオケ店で録画CDにして皆に配ったときいて驚きを隠せなかった。

声のでる今のうちに、子供や孫にじいちゃんの歌声を残しておきたかったそうだ。

P1000032

・2007年09月14日 JOPの実力

・2007年09月18日 T氏とのシングルスは
・2007年09月27日 T氏と運動公園で
・2007年10月04日 T氏と運動公園で
・2007年10月11日 T 氏に勝つ
・2007年10月18日 朝の運動公園は
・2007年10月25日 うれしいことが二つあった


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 00:38 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">