単複日本勢の優勝期待するも加藤未唯おしくも準優勝

日曜日 雨 曇り

台風は鹿児島に上陸して宮崎から日向灘に抜けて四国方面へ行く。

ジャパンウイメンズオープン決勝戦。ダブルスは青山修子ペア(ヤン中国)が6026(1005)で優勝した。小柄だが青山の動きは機敏そのもの、じっくり彼女のダブルスを見させてもらった。

相手を威嚇するようにポジション内を駆けずり、ポーチの体勢を崩さない。ぼくと同じ左右両手打ちなので見ていて参考になった。

待ちに待ったシングルスの決勝戦は16時から行われた。加藤未唯VSザリナ・ディアス(23才カザフスタン)。ファースト、いきなりブレークを許すと相手のペースで進み加藤の粘りは発揮できず、ディアスのウイニングショットのフォアが要所に決まり26で落とす。

セカンドになると、加藤の動きは良くなり22でブレーク許すもブレークを返して33 43 44 55ここでブレークされて56、ディアスサービングフォーセットときっちりものにして初優勝、歓びがしぐさに表れていた。加藤は最後までポーカフェイスを貫き、表彰式でやっと笑顔を見ることが出来た。

top_1AA_1364

Top_2AA_3963

 
プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












 


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:30 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">