パリバOP 大阪なおみプリスコバ倒しB4

木曜日 曇り

春先のこんな気候は何というのだろう。寒暖の差が激しすぎる。今朝車に乗ると17度、帰るときに見ると23度もあった。明日は午前中雨でそこそこ寒くなるという。

明日の金曜日はk壮会となっていたのでK氏に今日に変更してもらっていた。
先日のシニア団体戦の折、ぼくの連絡員にK壮会欠席の連絡をお願いしていた。そこでF氏にもサービスが出来ないからと昨日水曜日の練習の断りを申し入れていた。もとデ杯選手にアンダーサービスでは失礼だろう。

だが昔からのテニス仲間K氏であれば理解してくれるだろうと、黙って出かけて、試合前にアンダーサービスでお願いすると断った。

簡単に終わるんで3セットお願いしたが03でやられていた。勝てるとは思わなかったが、ぼくの期待を裏切る十分な内容で終わっていた。
おかげで左肩二の腕のダメージはほとんどないように感じた。少しずつだが回復の気配ありと思いたい。

北九州トーナメントの日程がインプットされていた。まさかの小学校同級会と同じ日になっていた。考えた末同級会欠席の返事を出すことを決めて
、申し込みの用意をしていると夜、北九州のTS氏から携帯あり、先日あったばかり、何ごとかと思っていた。

トーナメントに出る予定と告げるとダブルスはというから、シングルスだけでで十分ですと告げると、ダブルスお願いできませんかと言うのだ。足がダメで試合に出るのは諦めたと先日のたまったばかり、耳を疑ったが本人はダブルスなら何とか大丈夫だろうという。試合に出ようという意欲に、断る事由はなかった。じゃぼくが一緒に申し込んでおきますと言うと声が弾んでいた。

BNPパリバ・オープン、準々決勝が行われ、44位の大坂なおみが5位で第5シードのプリスコバ(チェコ共和国)と対戦62 63のストレートで破る金星をあげマンダトリーで初のベスト4進出を果たした。準決勝では、第1シードのハレプ(ルーマニア)と対戦する。ここで勝ったりすると本当に大変なことになる。大阪なおみ飛躍の幕開けとなろう。

大阪なおみは今年の全豪ベスト8をかけてハレプと戦っている。 1月22のブログに書いている。なおみの強打はハレプにいなされてミスが多くなり完全にハレプの流れとなっていた。

ハレプはグランドスラムでの優勝が悲願。決勝の舞台に何度か立ったと思うが、跳ね返されていた。全豪でもハレプは決勝戦に進出するも、ウオズニアッキにまたも優勝を阻まれる。彼女もパレプと同じ、グランドスラムでの優勝が悲願の一人だったが、お先にごめんと優勝をかっさらっていった。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:02 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">