感慨にふける十年ひと昔 九州毎日テニス選手権

金曜日雨

久しぶり朝から雨、明日は寒くなるというが、九州毎日の1回戦、高速バスで久しぶりの博多の森だ。
一心行の桜の件でいつか仲間と出かけたことを思いだしてブログを捜してみると2008年の四月だった。四月といえばぼくには年度初のJOP大会九州毎日テニス選手権。あれから10年もたっているのだと感慨にふける。十年ひと昔、もうひと昔過ぎていることが無情に思えるが、あの幼かった孫娘が高校最終学年になっている現実がそれを証明している。いたし方ない事実がある。

そしてJOPに挑戦し始めて2年目のとしだった。何もわからず、がむしゃらに練習して張り切っていたころだった。1回戦の日、シューズを忘れて車に乗っていた。試合はファーストを46で落としセカンドは足に痙攣がきて35で棄権というなさけない結果だった。試合の駆け引きや体調管理など、スリーセットを戦うノウハウや戦術も技も持ち合わしていず、ただただ何かを忘れるために猪突猛進、むぼうにも立ち向かっていた。
そのとき仲間のM氏は3シードでベスト4、練習をお願いしているF氏は一つ上の世代で優勝していた。

あれから10年、丁度同じパターンの歳だと理解した。そのときが65歳代の最後の歳で、今年は75歳代の最後の歳なのだ。

10年経過して何も進歩していないような現実が目の前にある。ノーシードの障壁、今回もよしんば1回戦勝ったとしても次は1シードが待っている。シードが付いている頃は23回戦は悪くてもいけるチャンスはあったが現状は厳しい。1シードに挑戦できるように頑張って戦おう。

10年前のプログラムをなつかしむ。選手たちのの変遷、ドロー数の変遷に時代の変化を感ぜざるを得ない。ドロー数65才54→62 75才14→32 10年前と比較すれば65歳は若干、75歳は倍以上に増えている。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 19:03 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">