ATP1000モンテカルロ 圭セッピを破りB8へ

金曜日 晴れ

モンテカルロ(モナコ)1000の大会、3回戦錦織VSセッピ戦が始まったのは深夜零時を回っていた。ソファーに横たわりうつらうつらして気が付くとファーストまさかの60で取りセカンドに入るところだった。13時になっていたので寝ることにした。

60なんかで取ると事件が起きるのはよくあること、決して油断はできない。ずいぶん前のウインブルドン、圭がセット21とリードして負けることはあるまいと観ていると、そこからセッピに逆転を許したことが記憶にある。フェデラーを破ったのも見ているし、オーソドックスなプレヤーで注目していた選手の一人だった。

朝、録画を観る。セカンドになるとセッピのショットに勢いを感じられ、圭は返球するのが精一杯という状況だった。26で落していた。流れはセッピにありと不安思えしファイナルセットだった。

しかし序盤に圭はブレークして勢いを盛り返していた。セッピの頑張り圭の頑張り、白熱のラリーが何度もあって、一喜一憂させながら終盤に来るも、諦めずに頑張るセッピに苦しみながらも、圭もそれ以上に頑張り勝利を手繰り寄せていた。63。

・錦織 苦戦も8強、チリッチ戦へ

初夏が来た。草木の緑の勢いに心奪われる。テニスコートも毎日老若男女が競ってテニスを楽しんでいる。そこには平和な時間が流れている。そこは異次元の世界だが、外界は政界官界入り乱れ、マスメディアも加担してああでもないこうでもないと、国民感情からかい離した次元ですまし顔、カエルのつらにしょんべんを甘んじている。もういい加減にして、事実を事実と認めて、ごわさんでねがいましてで、出直さないと収まらない、納得しないだろう国民は。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:17 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">