世界が注目錦織vs.ティーム戦

日曜日 晴れ

肩の具合はかなり良い、サービスの素振りで痛みはないがボールをヒットすると痛みがでそう。
昼からコートに出かけて壁打ち1時間、試合の誘いを断りながら軽く打ち続ける。サービスの練習は触るだけで強打は出来ずに終わる。

夜、フランス紙でトップ人気の試合が錦織VSチームだったとwowow画面でダバディー氏が新聞を広げて解説していた。

世界注目の対戦にわくわくしながら始まるのを待っていた。

片手バックハンド選手が近頃テレビに登場するようになった。強い選手が増えたということ。チームもその一人、音楽の都という印象のあるオーストリアの選手、最初はオーストラリアの選手かと思った。

全てがフルショットと思えるくらいガンガンと強烈スピンボールをガンガンと打ち込んでくる。サービスも同じく。
そして錦織はそれに対応できなくて16 06と期待したテニスファンを裏切る内容で展開していた。シモンとのあのストロークはどこへ行ったのか、シモンも厳しいボールを打っていたと思っていたから、打ち合いでは負けないであろうと過信していたが、上には上がいたのだと思うしかなかった。

ぼくはソファーでずり落ちそうな姿勢で眠りかかって見ていた。半分寝ていたに違いない。3セット目は接戦で進んでいるのを確認していたが、ストレート負けには違いあるまい、気が付くと試合は終わり解説者が圭をかばうコメントをしていた。

結果をヤフーで調べると75 46と中盤以降は頑張ったスコアーで少しだけ救われていた。日本選手は二週目を待たずにシングルスは消え去っていた。

月曜日 晴れ

朝練は三人、いつもの二人は開門時には到着しているようす。ぼくは少し遅れれ到着。

こんな感じで試合になるのかという内容のストークが何とかできた。隣のコート一人サービスの練習してみたが、痛みを避けて振る為か威力なし。サービスを受けてもらってストロークの練習を少しして引き上げた。

お姉さんたちとダブルスワンセット、危なかった、明日は試合なので自信付けさせてとお願いしていたので、何とか勝たせてもらっていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 20:02 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">