九州選手権 一回戦雨で順延

火曜日 曇り 曇り 曇り

4時半に目が覚め、もう眠れないので起きる。いつもの朝食メニューを作り、ほぼ完了の準備を再確認ししたりしていると5時を回る。外は曇りだが予報は下りざか、あーちゃんがめずらしく停車場まで乗って行くという、最近まで高速沿いのパチンコ屋さんが駐車場の一角を高速バス利用者に無料サービスしてくれていたが、最近囲いをして有料に変わっていた。

高速バスを使い始めたころはバス停まで大きなコロ付バッグを引張っていた。歩いて10分余、それをかなりの年月行っていたが、もう20年近く使っているバッグのコロが弱って、片方は一皮むけて何とかチンカタで頑張ってくれている。ぼくの重量荷物のバッグ、住宅街をゴロンゴロンと響かせて引っ張るのはいいが、アスファルトの道路も悪路が多く、コロが壊れはしないかと気にしていた。バッグのあちこちはぼくが修理した糸がむき出しで、時間との闘いと思えしバッグ。

そこで思い付いたのは、車にバッグを載せてバス停の小屋に入れて、家まで車で戻り歩いてバス停に行く。これは正解だった。

あーちゃんはバス停での荷物を心配したようだが、パチンコ屋のサービスが始まってからも同じことを一人でやっていたのだが、あーちゃんはしらなかったようだ。

バスが空港に博多の森へ近づくとぽつぽつと降りだす、たいした雨でない、午前中何とか持ってほしいと願っていた。
空港で市内バスに乗り換えるころには確かに降ってきた。でももしかしたらと期待しながら、博多の森テニスコート本部にたどり着く。
空港発8時のバス、乗車時間は10分、歩いて5分とすれば8時15分頃には着いていた。
一息入れて受付に行く。オーダーオブプレートには9時からの試合だけカードが張られ、あとは待機とあった。
ぼくの試合は9時半、1番コートで玉名のF氏の後になっていた。入口近くのテーブルで休んでいるとF氏がすくっと顔をだした。ぼくはアイパットで天候をチェックしていたので、今日は厳しそうだねとF氏に話しかけた。
間もなくマイクが全館に流れているようであった。天候の回復が望めないので室内4面の試合を除いてベレランの試合は全て明日へ順延します。

あーちゃんへ電話を入れて、ぼくはさっそく踵を返していた。

昨夜から全仏は残念ながらチェックできていない。
・ベスト8の全仏のドロー

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 19:58 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">