バルセロナオープン 錦織 QFクリアーするもSFで惨敗

日曜日 晴れ

十日間のゴールデンウイークに突入二日目、停電で北陸新幹線がトラブルったり、皇室の幼子の教室の机の上に刃物が置かれていたり、登山で死亡したり、これから本番となって何が飛びだすのか。

バルセロナオープン準々決勝戦は地元の若者が推薦で勝ち上がっていた。圭はその若者カルバレス エバナ104位と戦った。中肉中背ビッグサーバでもないし、出だしを見ていると簡単に行けるかと思っていたが、とんでもなかった。圭のボールになれてくると、脚力もショットも圭と互角に戦っていた。主催者が推薦しただけの力を十二分に発揮していた。ファースト64で何とかとるも、セカンドは大接戦で55まで行って、そこで異変が待っていた。

必死でボールを追い圭の倍以上は走っていたのではと思われた。若者らしい必死さがあり、コート狭しと走り回り、そして圭を苦しめていたのだったが。

太ももを痛めていたらしく、逆を付かれてコートに倒れ込んで、すぐには立ち上がれなかった。メデイカルタイムをとるも、圭の敵ではなくなっていた。75でセカンドも取り、久方ぶりの準決勝戦に進んでいた。

その相手はニューゼネレーションの一人、ロシア23歳のメドベージェフだった。昨夜それはライブで中継してくれたらしい。8時くらいから見ることが出来た。

メドベージェフは先のモンテカルロ準決勝戦で惜敗して1000の大会での優勝のチャンスを逸していたので、きするものがあるのではと想像していた。

この大会好調な圭は接戦を繰り広げ、ファイナルでのチャンスもあったが、いまいち集中力をかいて、今度は圭が決勝戦の道を閉ざされていた。46 63 57。
タイブレークまで行っていれば行方は混とんとしていたと思う。

決勝戦はナダルを倒したチームVSメドベージェフ。モンテカルロはナダルを倒したフォニーニが優勝したから、バルセロナではチームに女神は微笑むのだろうか。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:14 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">