ローマ1000 西岡 錦織を一蹴したシュワルツマンB4へ

土曜日 雨

K壮会は2か月連続中止かな。ぼくは肩が痛かったりして欠席の通知をしていたが、今日も終日強い風が吹いていた。
ゴーヤーの苗が風に打たれて心配している。テニスコートへ出かけるのは3時過ぎが多く、肩の負担を減らそうと考えているのだが、この程度ならと考えサービスするのだが、あとで肩の負担を感じて、どうすべきか迷うこの頃。

今日気が付くと近くの空家に重機が入っていた。また一軒分更地になる。ぼくの家の周りは急速に変化をとげつつある。世代交代の波が足もとまでやって来ているのだ。

ATP1000ローマ大会、一回戦で予選を勝ち抜いての西岡はシュワルツマンにストレートで敗れていた。

圭は二回戦から登場して、またもアメリカ若手フリッツと対戦したが、バックを攻められミスを山積みしたフリッツ、ストレートでコートを去って行った。

3回戦は雨で中止、試合を見ることは出来なかったが、ファイナルを戦い圭が準々決勝を、シュワルツマンと戦った。アルゼンチンの選手で、小柄で圭と同じテニススタイルだが、圭の負けた記憶はなかったので、西岡のリベンジをしてくれるだろうと少し楽観視して、横になり寝ぶりかぶって見ていると、圭も良いショットを打っていたが、相手はそれ以上の粘りで対応して、ポイントを奪れていた。ファースト落としたのは記憶していたがセカンドは気がついたら試合は終わっていた。圭に一矢報いたいというシュワルツマンの執念が実っていた。64 62。

今夜準決勝にが行われる。ベルダスコを破ったナダル、デルポトロを破ったジョコビッチ、圭を破ったシュワルツマン、フェデラーの棄権で勝ち上がったチチパスの4名。

組合せはシュワルツマンVSジョコビッチ チチパスVSナダル

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 21:46 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">