ウイン決勝戦 大接戦の末ジョコビッチに勝利の女神

月曜日 晴れ  海の日

久しぶりの炎天が訪れたが、長くはなさそう。

今回も決着を見届けなければ寝られないだろうと3時半過ぎまでうとうとしながら、テニスの歴史に残りそうな戦いを見届けていた。なにせ長い長い戦いだった。

じっくり見たのはセット22からのファイナルセット。ジョコビッチ32からブレークして42となって、ジョコビッチに戦況は傾いたかと思えしもすぐにブレークされて43、互いにキープして66となったがファイナルセットはタイブレークなしで2セット連取しなければならない。

77からフェデラーはブレークして78、サービングフォーセットを迎えたフェデラー、サーティラブとリードしてフェデラーに凱歌があがるかとかたずをのむとフェデラーらしくないミスを重ねてジュース、そしてブレークを許して88 99 1010 1111 ここでもフェデラーは2度のアドバンテージを落して12 11 1212ここから全英はタイブレークとなっていた。
タイブレークはジョコビッチ先行して42 43 53 63としてジョコビッチが輝くウイナーとなっていた。

ジュニアー16歳の望月新太郎、優勝。

3506358525001_6058993528001_6058997717001-vs


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:51 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">