福岡ベテラン秋大会 初戦惜敗

金曜日晴れ  

帰ってきてから一日しか余裕がなく、いままで接戦で連勝していた相手に心配していた通り最後には力尽き負けていた。

帰って来る予定日、二日間違ってカレンダーにチェックしていたが、一日あればやっぱり申し込んでいただろう。これを言い訳にはしたくないが、ファーストは何となく60でとり、足取りは鉛のように重く感じていたが、相手に知られないようにだましだましやっていた。

右手でのサービス、何本か打ってみたがブランクがありすぎてはいらず、アンダーサービスも何本か試みながらももこちらのペースで進んでいた。セカンドになると逆襲されたりで、痛みをあまり感じなかった左でほとんど打っていた。強打をしなければ何とかサービスが出来ていて、痛みも心配するほどでもなかった。

曇りの予報に反して炎天下での試合で、体力は知らぬ間に奪われていたに違いない。

セカンド、1ゲーム目ブレークしてさい先は良く、チェンジしてぼくのサービス、右で打ったりしてダブルフォールトを重ねて11としたのが、今日の一つの敗因かもしれない。ベーグルでとっていたこともあり気の緩みがあったと思う。11 12 13 二回サービス落とすもブレークして23。キープして33ブレークして34なんて皮算用していたが、又もブレークを許して24。この辺から益々体が動かなくなっていたに違いない。

相手の動きはたんたんとして変わらない、ぼくの動きが鈍くなっていると察したのか、ロブを上げたりして、ねばりだしてついて行けず、セカンド36で落してファイナルへと突入する。ファイナルは10ポイントのタイブレーク。

イケイケどんどん相手のペースで15となっていた。なかば諦めかけていたが、25となったので最後の力を振り絞り頑張っていると55となっていた。まだぼくにもチャンスあったのだが88となったところで、スタミナは限界になっていた。8 10で負けていた、今日は彼の日だった。

冬大会ではぼくがファイナルで勝ち、秋大会では彼がファイナルで勝利。今年は互角で終わっていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 19:43 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">