全豪 ジョコビッチ 死んだふりでティームをかわし優勝

日曜日 曇り

全豪男子決勝戦、ジョコビッチVSティーム戦。ジョコビッチファースト64でとり、セカンドはティームが64でとる。流れとしては、目一杯振りぬく若さのティームが優位に立っていると思えた。3セット目、ティームツーブレークして30。

ティームはチョットよたよたしたジョコビッチを一方的に攻撃して62でとる。ベンチにもどるとジョコビッチに二三人駆け寄ってきた。痛々しげにも見えたが、負けた時の言い訳にとか、心理作戦かもしれないと、うがった考えで見ていた。

セット21でティームがリードしたとはいえ、4セット目が勝負の分かれ目だと感じていた。4セット目で決着を付ければティームの優勝、セット22となりァイナルへ突入すればティームは危ないと思っていたが、その通りになってしまった。

4セット目のジョコビッチはリセットスイッチ入れたかのように、生き生きと感じていたが、ティームにはその辺の誤算があったかもしれない。全力で戦い抜いていたティーム、彼にショットに乱れが出始め、36で落とした。

ファイナル5セット目もティームは序盤にブレークされ終盤にブレークのチャンスを逃すと53となっていた。ジョコビッチは54と容易に相手にキープを許し、自分のサービスアンドチャンピオンシップセットをキッチリキープして2年連続の全豪優勝を果たしていた。

プリーズクリックhere____ ↓クリック____↓クリックpoint












カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 23:33 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">