ズべレフ画竜点睛を欠き ティーム優勝をさらう

月曜日 晴れ

全米オープンシングルス男子決勝戦

ズべレフ(独)VSティーム(オーストリア)

62 64 46 36 67 セット32でティーム優勝

ティーム優勝

ズべレフ ファースト、セカンド62 64と2メートル近い身長から繰り出すサービス、ストロークにティームは対応できずにいとも簡単に2セットダウン、3セットもズべレフ優勝のセオリはあったにも関わらず46で落としてからティーム奮起して63で取りセット22となって分からなくなった。

ファイナルはお互いに体力消耗してブレーク合戦をしてタイブレークに突入していた。ティームは足を引きずり、ここでもミニブレーク合戦、ズべレフも体力いっぱいいっぱいに見えたが、それでも足をかばうティームより優位に思へ、ネットに出らず後ろで最後まで戦えば勝機はあったろうに、66になってもむやみにネットに出てティームの餌食となったのが、敗因だった。

表彰のセレモニー、マイクの前に立ったズべレフ、両親への感謝は涙に溢れて言葉に詰まっていた。手元まで引き寄せていた大魚をあと一歩で逃していたのだから、気持ちは十二分にさっせられた。


カテゴリー: 日記 | 投稿者ていちゃん 22:33 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">