日別アーカイブ: 2017年9月6日

「耳打ち」15話 イ・サンユンvsクォン・ユル、太白めぐり燃え上がる対立関係

SBS月火ドラマ『耳打ち DVD』(パク・ギョンス脚本、イ・ミョンウ演出)側は16日、太白を巡り激しい戦いと神経戦を繰り広げているイ・ドンジュン(イ・サンユン扮)とカン・ジョンイル(クォン・ユル扮)のスチールカットを公開した。

『耳打ち』には、それぞれの目的に応じてめまぐるしく動く人物が登場する。その目的は、真実を明らかにしようとするものでも、自分の過ちを元に戻そうとするものでもある。あるいは、自分が握っているものを逃さないために、権力を手にするものかも知れない。

このような登場人物たちの様々な利害関係が、力の強い女トボンスン DVD入り組んだストーリーの中で複雑に絡み合う。この中で発生する息詰まる緊張感が白眉のなかの白眉として挙げられる。その意味で、劇中の巨大法律事務所太白は重要な意味を持つ。権力と欲望が渦巻くところで、最終的に人物を動かしているのが太白だからだ。

耳打ち DVD

耳打ち DVD』は、太白によって動く人物が多く登場する。チェ・イルファン(キム・ガプス扮)は太白を守るために友人を殺した。ジョンイルは太白を手に入れるために恋人を捨てた。ドンジュンは太白の間違いを世の中に明らかにするために、火の中に飛び込んだ。この日放送される15話でも、このように太白をめぐる人物の対立が頂点に達する予定だ。

制作陣がこの日公開した写真には、太白を象徴するロゴが大きく打ち込まれた会議室で上席に座ったドンジュン、席を蹴って立ち上がり、逆賊 DVD意見表明をしているジョンイル、2人を見守る多くの役員たちの姿が写っており緊張感が伝わってくる。

過去の放送でドンジュンは太白の代表になった。太白の代表であったイルファンは殺人罪の容疑者として警察に召喚された状態だ。ジョンイルは死んだ父の復讐と、太白を手に入れるという目的のために血眼になっている。こうした中、ドンジュンが空席となっている太白の主人の座についた。ジョンイルの心中が穏やかでない状況で、2人の鋭い対立が好奇心を煽る。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 14:35 | コメントをどうぞ