「VIP」イ・ジョンソク、「この映画ばかりは自分を褒めてあげたい」

「『VIP』を見て『ああ、あいつが演技に欲心があったんだな。こんな演技もするんだな』と考えてくだされば嬉しいです。それひとつで良いと思います」

俳優イ・ジョンソクの願いどおり『映画 VIP DVD』を見ればもっとも目に飛び込んでくることが彼の演技変身だ。白い肌の「マンチッナム」ビジュアルの印象により今も少年のイメージを抱いているイ・ジョンソクがノワール映画のサイコパス殺人魔に変身するとは誰が予想しただろうか。スランプを突破口に演技変身という果敢な選択をしたイ・ジョンソクは『VIP』を通じて無限の可能性を立証した。

今月21日、ソウル市中区三清洞にてイ・ジョンソクがシックニュースと出会い、映画『VIP』に関して話を交わした。『VIP』は国家情報院とCIAの企画により北からやって来たVIPキム・グァンイルが殺人事件の有力な容疑者に指名された情況にて、軍艦島 DVDこれを隠蔽しようとする者、必ずや捕まえようとする者、復讐しようとする者など各自違う目的を持った4人の男の物語を描く犯罪映画だ。4人の俳優の中で唯一先にパク・フンジョン監督を訪ねて直接出演意思を明かしたイ・ジョンソクは、俳優人生にして初めて悪役であるキム・グァンイルと出会った。

「中国ドラマを撮影するとき、宿所にいる時間がとてもたくさんありました。マネージャーが隣で何かのシナリオを見ていて、セザンヌと過ごした時間 DVDそれを読んでみたのですがこの役割をやりたいという欲が生じました。それで韓国に戻り監督のもとを訪ねてやってみたいとお話しました。最初にシナリオを読んだときはチャン・ドンゴン先輩とキム・ミョンミン先輩が2トップで、キム・グァンイルというキャラクターは作品が進行する中で必要な装置のような役割だと考えました。けれど監督が『お前が演じる役がタイトルロールだ』と仰ったんです」

イ・ジョンソクが演じたキム・グァンイルは北韓(北朝鮮)高位層の令息で一抹の罪悪感もなく人を殺すサイコパスだ。映画 VIP DVD役が役であるだけに、映画に登場する残忍な場面のほとんどはイ・ジョンソクが登場し、優しくなめらかな彼の姿を見慣れていた観客には多少衝撃的に感じられるかもしれない。イ・ジョンソクもまたこれについて心配する様子を見せた。

「まずは僕が欲を出したのですが、すべて撮影してみて心配になりました。ファンの方々も心配され、映画が公開される時期とドラマ『あなたが寝てる間に』の放映時期が重なります。『VIP』の残像が残っていればロマンスの邪魔になるだろうと憂慮しました」


カテゴリー: 未分類 | タグ: | 投稿者sshhaa 15:21 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">