日別アーカイブ: 2017年11月2日

ブレードランナー2049のあらすじを結末まで徹底紹介!

舞台は2049年の米ロサンゼルス。そこでは人間と人造人間レプリカントたちが共存していました。長い間製造が禁止されていたレプリカントですが、人間に服従するモデル、ネクサス9型が開発されたことで禁止条例が解け、すっかり人間社会に進出していました。

ロサンゼルス警察の警官であり、Kもそんなレプリカントの一人で、ブレードランナー 2049 DVD彼はブレードランナーとして、人間に反抗したネクサス8型のレプリカントたちを「解任」しようと後を追っていました。

その中で浮上したのが2022年に地球上で起こった大停電の計画犯の一人であるサッパー・モートン。Kはサッパー・モートンの居場所を突き止め、バリー・シール アメリカをはめた男 DVD彼の農場へと向かいます。

そこでKはサッパー・モートンとの格闘の末、彼を撃退することに成功します。サッパー・モートンの家を調べていると、Kは奇妙な箱を見つけます。そこには人間の遺骨と思われるものが入っていました。

ロサンゼルス警察に戻って遺骨を詳しく調べると、ブレードランナー 2049 DVDそれが女性のもので出産のときに帝王切開をしたが原因で亡くなっていたことが判明します。さらにあろうことか頭蓋骨にはレプリカントのシリアルナンバーが書かれていたのです。

それまでは到底不可能だと思われていたレプリカントの出産の証拠を掴んだKは上司のジョシに報告します。ジョシは同件が外部に漏れたら、犯罪都市 DVD人間社会が危機に立たされることを恐れ、証拠を全て抹殺するようにKに命じるのでした。

しかしKにとってはレプリカントが子供を産めるという事実は、魂のある人間的な行為だと思え、命令をよそにその事実に魅了されていきます。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 16:07 | コメントをどうぞ