日別アーカイブ: 2017年11月7日

映画『ニーゼと光のアトリエ』のあらすじとネタバレ

1944年、リオデジャネイロ郊外にある精神病院に、女性精神科医ニーゼ・ダ・シルヴェイラは着任することになりました。

しかし、院内で患者が過ごす部屋は荒れ放題になっていて、清掃は行われず不衛生。また、動物のように患者を檻に収監させていました。ニーゼと光のアトリエ DVD

ニーゼは自身が元勤務していた病院の悲惨な状況に驚かされ心を痛めます。

その中でも最も患者に対して酷い待遇は、治療とは名ばかりの最先端のロボトミー手術や電気ショック療法。ブレードランナー 2049 DVD

患者の人権を無視した身体的なダメージを与える人体実験のような治癒を施していたのです。

ニーゼはこれらの手法に異を唱えますが、女性の意見に男性医師は言葉に耳を傾けません。

病院の考え方に拒否をするなら、病院を去るか、キャリアを捨てた作業療法の部署を担当するかの選択を迫られます。ニーゼと光のアトリエ DVD

迷うことなくニーゼは作業療法を選び、非協力的な男性看護師リマに職務を拒絶されはしましたが、唯一手伝いを拒まなかった女性看護師のイヴォンヌと一緒に廃墟寸前だった療法室の清掃をと行っていきます。

そんなニーゼを理解してくれたのは、彼女を心から愛する夫のマリオと小さな飼い猫たちだけでした。

ニーゼは清掃を終えた部屋に患者たちを招き入れます。彼女がまず行ったことは彼らの様子を観察することから始めました。バリー・シール アメリカをはめた男 DVD

これまでのような暴力で患者を威圧させた病院の方針に逆らい、ニーゼは患者を好きなように伸び伸びさせる中にで作業療法の糸口を見つけようとしたです…。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 14:46 | コメントをどうぞ