映画「女神の見えざる手」ネタバレあらすじ

エイザベス・スローンはワシントンDCのコール・カルビッツ&ウォーターマン社に所属する
業界屈指のロビイストでした。

その腕は業界内でも指折りで、仕事一筋に打ち込んでおり、家庭はおろか、個人の時間を
ほとんど持たず、女神の見えざる手 DVD睡眠時間も薬を服用して削る程です。

そんな彼女がロナルド・スパーリング上院議員が議長を務める上院倫理規則違反に関する
調査会で質問を受けるシーンから映画は始まります。

調査会が開かれる3ヶ月と1週間前、ブレードランナー 2049 DVDコール・カルビッツ&ウォーターマン社に女性世論の
銃賛成を増やして、銃購入の際の身辺調査を強化を目指した法案の否決に追いやって
ほしいという依頼が来ます。

スローンは依頼に対して懐疑的で、女神の見えざる手 DVDその後にヘッドハンティングがあったこともあり、
銃規制賛成工作を担当するロビー会社のパターソン・ワイアッツに転職し、工作チームの
リーダーとなります。

このとき、コール・カルビッツ&ウォーターマン社で彼女の下にいたチームの半数以上が
彼女とともに転職をするのですが、隊長キム・チャンス DVD一緒に転職すると思って疑わなかった彼女の右腕の
秘書、アリソン・ピルは驚いたことにコール・カルビッツ&ウォーターマン社に残る選択を
するのでした。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 14:56 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">