日別アーカイブ: 2018年1月2日

「王の顔」ソ・イングク、チョ・ユニ、シン・ソンロクが覆面をつけて運命の出会い

KBS2水木ドラマ『王の顔 OST』側は光海君(ソ・イングク扮)とキム・ガヒ(チョ・ユニ扮)、キム・ドチ(シン・ソンロク扮)の姿を収めた5話スチールカットを公開した。光海君は黒い覆面で顔を隠して誰かを鋭い眼差しで見つめている。彼は笠の下の冷徹な眼差しを見せて関心を集める。

ガヒは笠を深く被って弓と矢筒で完全に武装した姿をしている。ドチの周辺にはたくましい体格の武士たちが立っており、殺伐とした雰囲気を演出している。じれったいロマンス OST光海君はガヒと3年前の悲しい別れの後、誤解を解く機会を得ることができずにいた。ドチもガヒについて愛を育てている状況であるため3人が5話にて再会することとなりながら、彼らの関係が新しい局面を迎えるのか注目される。

制作会社の関係者は「5話では光海君が世子の座にのぼるため関門を通過することとなる」とし、「この試験の結果によってこれからの展開が大きく変わっていく」と予告した。

キム・ギュリが直接描く絵は実際に撮影の小物として使用された。王の顔 OSTスタッフたちは撮影現場にてキム・ギュリに絵を描いて欲しいと依頼して注目が集まった。キム・ギュリは「映画『美人図』を撮影しているときに東洋画を1ヶ月ほど学んだ」とし「今も寂しいときには絵を描いている」と伝えた。続けて「善徳女王の逸話をモチーフにして出世、富貴、権力欲、王子の品格などを入れて描いた」と付け加えた。

小さな紫色の牡丹は貴人キム氏が産んだ二人の息子が世子冊封するようにと願いを込めた。あなたはひどいです OST謙譲が美徳だった朝鮮前期の画報からは探し出すことの難しい強烈で大きな赤い色の牡丹は権力欲に炎を燃やす貴人キム氏を象徴する。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 15:23 | コメントをどうぞ