日別アーカイブ: 2022年4月24日

韓国ドラマ「今、私たちの学校は…」イ・ウンセム“韓国の高校3年生の大変さを表現しようと思った”

イ・ウンセムは「韓国ドラマ 今、私たちの学校は…」の世界的な人気を実感できないと伝えた。彼女は「ここまで大きな関心を集めるとは思いませんでした。まだ人気を実感できていません。この機会を通じて私という人間が広く知られたようで、この良い影響をずっと受けていたいです」と話した。

続いて彼女は「普段は自分の演技を恥ずかしくて見れません。でも、『今、私たちの学校は…』は“チョンジュヘン(正走行、最初から最後まで全て見ること)”しました。思っていたより悪口を本当にたくさん言っていたんですね。海外ファンに“ミス・シバル”(シバルは韓国語でこの野郎という意味)というニックネームをつけていただいて嬉しいです」とつけ加えた[韓国ドラマ 今、私たちの学校は… あらすじ]。

20220423164111

イ・ウンセムが演じたミジンは、原作と似ている点も違う点もあった。彼女は「イ・ジェギュ監督はウェブ漫画のキャラクターをそのまま再現することは望んでいなかったんです。監督に『ウンセムが表現できるミジンを作りたい』と言われました。原作では感情がなく、冷たく強い女性のようなイメージです。原作のミジンよりも深い感情を持つミジンを作り上げようと努力しました」と打ち明けた。
イ・ウンセムは、原作とは異なるが、はっきりとした魅力のあるミジンを誕生させた。魅力的なミジンの誕生の裏には、イ・ジェギュ監督とキム・ナムス監督の努力があった。イ・ウンセムは「友人達が一人ずつ離れていくんです。ここまで感情が入ることになるとは思ってなかったんですけど、ジュニョン(アン・スンギュン)、ジュンソン(ヤン・ハンヨル)が死ぬ時も、思っていたよりも悲しかったです。台本では号泣するシーンではなかったんですけど、監督はそのシーンで私が感じたことを重視しました。ジュンソンが死んだ時に駆けつけて掴んだことや、ジュニョンが死ぬ時に手を握っていたのはアドリブだったんです。心理的に辛く、疲れていました」と当時を振り返った[今、私たちの学校は…韓国ドラマ]。
カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 07:32 | コメントをどうぞ