「皇貴妃の宮廷」あらすじと感想 泥沼の中国歴史ドラマ 第38話

皇太后は、このことは皇帝を含めて、誰にも言うな、と諫言します。
「もし他言したなら、命はないと思いなさい」
そして、小宛には明後日会うことにします。
「身も心も疲れているでしょう。皇貴妃の宮廷 DVD
しばらく休ませてあげるといいわ」

劉光才も、小宛が金侍医をしきりに呼びつけていることを耳にします。
<風邪でもないのに金侍医を呼び、
しかも吐き気がおさまらない、
となると、もしや子を身ごもったのか>
そして思いは失踪した柳二雲のことに及びます。
<つまり柳二雲の任務とは、外科風雲 DVD
懐妊を妨げる薬をすり替えることだったのか>
そして柳二雲は徳妃の懐妊を知ったので姿を消したのだ、と思い至るのです。

劉光才は病気見舞いと称して、小宛の様子を探りに来ます。
小宛は「風邪がだいぶよくなった」と誤魔化します。
劉は、小宛の顔色がさえず、痩せたように思います。
<さては金侍医に命じて堕胎したのかも?皇貴妃の宮廷 あらすじ
これは陛下や皇太后様を巻き込んだ大騒動になるぞ>
そして、知らなかったことにしよう、と覚悟を決めます。

遊びに来た蘭貴妃・果珍(グオチェン)は、小宛の様子がただ事ではないことに気付きます。
<風邪だというけど、そのようには見えないわ。
今度は何があったのかしら?>

夜になって、小宛は小箱を庭に埋めます。
「あなたに絵を描いたのよ。私のキライな翻訳官 DVD
この世に生まれていれば、
きっと賢くて可愛かったはず。
母を許してちょうだい」
そして、来世ではいい人のもとに生まれて来なさい、と泣きじゃくるのでした。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 15:05 | コメントをどうぞ

Hello world!

Blog総合管理へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 投稿者sshhaa 08:41 | 1件のコメント