日別アーカイブ:

ヤバいヤツらとか、これはヤバいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

厚木校へ巡回に行った。

なんやかんやを済ませ、「じゃ、よろしく」と帰ろうとすると、
フカダコーチが「じゃ、行きますか」と言う。
しまった、フカダコーチが早番の日に来てしまったのである。

ロックオンされたらもう逃げられない。
「出来るだけ東京方面にして」と頼んで案内されたのがここ。
IMG_5539
町田駅近くのビストロ。

フカダコーチ行きつけの店らしく、
頼んでいないののに色んな料理が出てきたような気がする。
どれも美味しく雰囲気も良い。
いい店知ってるね。

フカダコーチが余計なもう一人を呼んでいた。
IMG_5541
相模原校のオキコーチ。(手前)
この二人が組んだらもはや逃げられない。
最悪のツートップだ。

結局、ワインを3本空け、開放された。
若干フラフラで、新宿から新木場行きのりんかい線直通に乗る。

ちょっとだけ寝てしまい目が覚めた。
ん?まだ大崎か。
と思ったら車内アナウンスが「川越行きです」と言う。

上りと下りが何らかの理由で入れ替わったのだろうか。(往復したんだよ)
慌てて飛び降りてりんかい線に乗り直す。
気付けばメガネが無くなっていた。

よく帰って来れたな。
あの二人が早番の日に小田急方面校に行くのはやめよう。

 

ちなみに先日、藤沢校でも巡回を終えたワタクシに
ジンノコーチが「じゃ、いきますか」と言った。
「仕事は無いの?」と聞くと「今日は休みです」と断りようのないことを言う。

仕方が無いので、「30分一本勝負だよ」と駅前の居酒屋に。
IMG_5481
生ビール、サワー、最後は熱燗と、
35分で6杯も飲むジンノコーチであった。

神奈川方面にはヤバいヤツらがたくさんいるのだ。

 

さて、先日のラケットキャンペーン事前選定会。
ヤバいラケットに出会った。

ウイルソンのニューモデルである。
IMG_5527
ウイルソンがこの秋から来年頭に掛けて怒濤のラッシュを掛けるスピンシリーズ。
フレームサイドには「SPIN EFFECT」と入っている。

今回打ったのはこれ。

BLADE98S
IMG_5528
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウェイト:294g
■ストリングパターン18本(縦)x16本(横)
■バランス:33.0cm
■ラケット長:27インチ
■フレーム厚:21.0mm
■グリップ:G2 / G3
■価格:33000円

ブレードシリーズにスピンエフェクトモデルが登場だ。
IMG_5526
今回のストリングパターンは18×16。
ストリングはスピンにマッチングの良いハイブリッドセッティング。

打ってみた。

これはヤバい。

スピンが掛かるのはもちろんだが、ブレードシリーズの感触そのままに
しっかりとした打球感のままにスピン量が増えている。

ボールを潰すつもりで振り切る。
さらに思い切り振る。
それでも打球はベースラインにしっかり収まる。

スピンエフェクトシリーズというと、
トップスピンがクローズアップされがちだが、
実はスライスやサービスもかなりヤバいのだ。

食い込まれて打点が遅れたバックハンド。
スライスで逃げるしか無い状況。
普段ならばとにかく深くなんとか返すだけ。

しかしこのBLADE98Sは同じ感覚で打っても
体重を乗せて打ったようなスライスショットが飛んでいく。
ネットの上、ギリギリを越え、相手コート深くで滑って伸びる。
スピンエフェクトのご利益である。

そしてサービス。
スライスサービスは思い切り曲がる。
スピンサービスはメッチャキックする。
飛んでいる時の飛行線が明らかに違うのだ。

繰り返すが、ポイントはBLADEシリーズの感触そのままなこと。
ウイルソンのクキタ氏によれば、
「ストリングパターンを変える事で違うフィーリングになってはいけない。
そのためにフェイスの剛性バランスを徹底的に研究したのです」
とのこと。
なるほど、たしかにこれはBLADEに間違いない。

デザインも良し、性能も良し、このラケットはホントにヤバい。

カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。