オンネームとか、トラックマンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

梅田コーチがガットを張っていた。
IMG_5703

穂積プロのラケットだそうだ。
彼女の使用ラケットはプリンスEXO3 Black 100T。
全長を少し長目に作ってつくってもらっているのだそう。

セッティングはプリンス・ビーストのハイブリッド。
テンションは聞かなかったので不明である。

これは今回新しく届いたラケット。
IMG_5701
フレーム内側にネーム入り。
さすがプロのプロのラケットである。

と思ったら、今回のロットから初めて名前が入ったそうだ。
ネームを見て穂積プロも喜んでいたとか。
IMG_5705

当然、全日本選手権前の製作だから、優勝祝いということではない。
グローブライド(プリンス)さん、さすがのサポート体制である。
たくさんの選手をサポートしてこられた目利きってことなのだろう。

いいなぁ、オンネーム。
長らくテニスをしているが、ラケットのオンネームは経験がないぞ。
やっぱりラケットに名前が入るとテンション上がるよね。

どうすれば手に入るかな。(無理です)
そもそも自分のラケットを持ち歩く機会が激減してるもんなぁ。
やっぱりオンネームって選ばれた人のものなんだろう。

 

さて先日、レックインドアテニススクール上石神井で
Wilson TRACKMANのデモが行われた。

トラックマンというのは、ウイルソンのスピンエフェクトシステム搭載の
ラケット誕生とともに採用された打球解析システム。
イージス艦にも搭載されているというレーダーを使用して
ボールの打ち出し速度、角度、そしてスピン量などが計測されるというものだ。

今回はレックコーチングスタッフの一部を招集してクローズで開催。
何でかって言うと、情報解禁前の新製品ラケットを使ったりするからだ。

ウイルソンのスタッフさんたちがトラックマンをセッティング。
IMG_5822

計測部はこんな感じ。
IMG_5828
詳しい仕組みはよく分からない。

早速、計測開始。
RIMG0527
送球されたボールをひたすら打つ。
そして数球を抽出し測定。

モニターで弾道や回転をチェック。
RIMG0529
ラケットによって、人によってデータが変化していくのが興味深い。

こんな感じにデータが表示される。
RIMG0535
ちなみにこれはワタクシのデータ。
回転量はこの日のスタッフ中2位。

ウイルソンスタッフのTさんが間違いかと思って
「ちょっと待ってください。データ取り直します」
と言ったほど、年齢なりの打球ではなかったようだ。(苦笑)

とはいえ、スピン方向に振れば打球スピードは落ちる。
このへんは年齢なりである。

フォアハンドストロークの後、サービスを打ったのだが、
これまた参加スタッフでワタクシを越えたのはヨシムラコーチだけだった。
(球速は思い切り負けてた)
もう一回、ちゃんと練習してみようかな。(ウソ)

しかしこのトラックマンシステム、なかなか面白い。
自分がどんなテニスを展開したいのかをある程度持っていれば
それをデータに照らし合わせてラケットを選べば良い。
非常に客観的で分かりやすいデータである。

今後、ウイルソンさんは各地でこのトラックマンを使用しての
試打会等を積極的に展開されるらしい。
自分のショットデータを知っておくのも良いかもしれない。

そんなデモ会を終え、少し練習をしていたら、
何もやる事が無いはずなのに残っているスタッフが。
IMG_5836
そうですか。
こういうことですか。

焼酎ボトル、何本空いただろう。
飲み過ぎです。(苦笑)


カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。