日別アーカイブ:

自給とか、ミーティングとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

お腹が空いた11歳児は自分で食事をつくる。

ベーグルを焼き、溶かしバターを作り、何やら具材を乗せる。
IMG_5752

「うん、まあまあ」などと言いつつ食す。
IMG_5755

長男はやらない派。
その辺にある菓子パンやお菓子、
そのまま食べられるもので済ますことが多い。

そういえば、長男であるワタクシも子供の頃、
休日の昼食は弟にお願いしてつくってもらってたっけ。
インスタントラーメンとかインスタント焼きそばとか。

今ならカップ麺だけど、あの頃はまだカップヌードルも発売前で、
乾麺を鍋に入れて煮るタイプのものしか無かった。
焼きそばも鍋で茹でてつくったっけ。

それを3つも年下の小学生に作ってもらってたんだなぁ。
ありがとう、弟よ。

ちなみに11歳児の料理(?)の後のシンクはこんな感じ。
IMG_5756
使いっぱなしである。
このへんは男子の料理だ。

昔は何をするにもついていなければいけなかったことを思うと、
自分たちで何とかするようになってくれたので劇的に楽になった。
その分、関わりも少なくなった気がして少し淋しいけど。

 

さて先日、レックインドアテニススクール上石神井に7人のコーチが集結。
社内のコーチ資格認定を担当する部隊である。

レックのコーチはテストに合格しないとクラスを担当することが出来ない。
それも段階に分かれていて、それぞれに担当出来るクラスが違う。

各校はコーチたちに研修をし、資格テストに送り出す。
テストはレッスン後の夜に行われる事が多い。

送り出したスクールのコーチたちが心配で見に来ることもあれば、
スクールで彼らが戻ってくるのを夜遅くまで待っていることもある。
合格したらお祝いをするためなのだそうだ。
もちろん合格する事もあれば不合格もある。

お目こぼしは無い。
点数に満たなければ不合格。
点数を満たせば合格だ。

そんな社内資格は常に見直され厳格に運用されること。
そのために定期的にテスターチームがミーティングを行う。

午前中は室内に籠りミーティング。
制度と現状のズレや新たなカテゴリーの策定など。

テスト内容はそのままレッスン内容に直結だから、
各人のテニス理論、テニス感にまで話が及ぶため
議論は色んな方向に飛ぶ。

正直、まとめるのが大変ではあるが、
大事な事なので全部吐き出してもらったほうが良い。
あーだこーだと話し合い、なんとか方向性を出す。

午後はオンコート。
IMG_5922
様々なパターンのお客様の打ち方などを想定しつつ、
ケーススタディを増やしていく。

コーチとしてそれらのパターンの再現性や矯正、打球法などを訓練する。
IMG_5923
仲間の前で自らの得手不得手をさらけ出すことに馴れておらず、
照れや緊張もあるが、そここそ受験生も同じと、皆真剣である。

久し振りに丸一日、そんなことに費やした。
やぱりテニスの話は面白い。
基本的にオンコートのことは前向きなことしかないし。

方向性もスケジューリングも見えた。
良いミーティングが出来た。
次回もさらに前に進もう。

終了後は打ち上げ。
IMG_5925
みんな、ちょっと飲み過ぎである。
飲み会の採点シートもつくろうかなと思ったりした。(苦笑)

もっともっといいチームにしよう。

カテゴリー: テニス, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。