日別アーカイブ:

プロとか、レンズとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

東京都知事杯・有明チームテニスコンペティションには毎年ゲストプロが登場する。
DSC_9056
今年は佐藤博康プロ・美野越舞プロ・岩見亮プロ・波形純理プロ。
いつもながら豪華な布陣である。

プロ選手のセクションはエキシビションマッチに始まり、
コートを移動してのプロクリニックなんかもある。
DSC_9136
プロ選手と打ち合え、アドバイスももらえる。
脇を固めるコーチたちも各スクールの支配人クラスの方々という豪華布陣。
参加希望者がズラリと順番待ちをする人気イベントだ。

そしてプロに挑戦コーナー。
DSC_9183
プロとダブルスが出来る。
上手な方には適度に本気で、優しくして欲しい方には優しくと、
プロならではの試合回しで楽しませてくれる。
ポイントを取る事が出来ると豪華な粗品(?)がもらえる。

ちなみにこのイベントの司会は安井まみ子さんとレックのWさん。
長らくのコンビなので息もピッタリとかそうでもないとか。

表彰式はすっかり日が落ちた頃に行われるのだが、
毎年プロの皆さんも参加してくださる。
DSC_9200
まさにフル参加のプロ選手の皆さんである。
本当にお疲れ様でした。

 

さて、そんな都知事杯に新兵器を投入。
そう、件の高級レンズである。
RIMG0550

メッチャ重いので、有明テニスの森全体を歩き回るこのイベントに
持っていくかどうか、正直迷ったのだが、事務局長の微妙な期待と言うか
プレッシャー(?)もあり、頑張って持っていった。

先日のALLRECでも使ったのだが、今回あらためて思ったのは、
やっぱりすごいレンズだということと、簡単じゃないなってこと。

すごいって言うのはその模写力。
被写体の細かなところまでしっかり映し出す怖さ。
本当に細かなシワまで映し出す。
こりゃPhotoshop必須かもと思ったほど。

簡単じゃないってのはピント。
結構シビア。
ラケットにピントが合うと人物がボケる。
顔のアップだと鼻にピントが合うと目の位置でもピントが甘くなるくらい。
絞りとかもっと分かってないとダメなんだなと思った。

そんな苦戦をしながら撮ったのがこちら。

絵になる男、佐藤プロ。
DSC_8531

表情もカッコいいが、ボレーの切れは半端じゃなかった。DSC_8541
まさに日本刀のような切れ味のボレーだなと思った。

盛り上げ役の岩見プロ。
DSC_8513
ご一緒させていただいたのは初めて。

喋り、プレーともにエンターテイナーである。
DSC_8595
何度も股抜きを仕掛けるところも面白かった。

佐藤プロとの股抜き合戦も。
DSC_8615

波形プロ
DSC_8573
さすが今年の全日本チャンピオン。
シングルスも強いが、ダブルスは絶品。
一見、強引に持っていっているようなショットもしっかりコーナーに落ちる。
コメントの天然さも楽しい。

そして美野越プロ。
DSC_8552
カワイイ。
そして上手い。

美野越プロの写真だけがやたら多くなってしまった。
DSC_8827
仕方ないよね。
っていうか、分かりやすいな、オレ。

とまあ、新兵器レンズで臨んだ都知事杯だが、
カメラの腕前はまだまだこれからだなってところ。
これで年内の有明の仕事はおしまい。
夏過ぎからずっと有明にいる感じがするここ数年だ。

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。