日別アーカイブ:

あり?とか、異常なしとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所の巨大ショッピングモール。
妻のリクエストで、カルビーのアンテナショップへ。
IMG_7456
作り立てのポテトチップスなんかが食べられるらしい。

で、妻が買って来た一品。
IMG_7454
揚げたてチップス・ロイズチョコレートがけ。

「いらない」と言うワタクシに、「いいから食べてみ」と言う。
「今から運転するし、いやだ」と言うと
「食べさせてあげようか」とバカなことを言う。

仕方が無いので1枚食べた。
う〜ん、まずくはないけど・・・どうなんだ?
アリかなぁ、無しかなぁ。
体調次第かなぁ。
たぶん自分でお金出しては食べないな。

さて、そんなこんなでスタートしたバスフィッシングトーナメント開幕戦。

スタートして初めて行き先も決めていないことに気づくワタクシたち。
とりあえず、朝メッチャ冷え込んだし冬パターンかなということに。

縦ストラクチャーについているバスを狙うことにした。
縦ストの代表格はやはり橋脚。
となると、向かうは川筋だろう。

しかし、実績の高い鹿島川は手練れの選手たちで銀座状態なはず。
ということで、印旛新川を南下するこことに。

デッドスローエリアのスタート地点を抜けると、そこからは分かれ道。
IMG_7580
やはり鹿島川を目指して右に舵を切る選手が多い。
ワタクシたちはあえての左方向である。

ということで、こんなムービーをつくってみた。
(決してヒマなわけではない)

ポイント着。
IMG_7587
橋脚周りをネチネチ攻めてみる。
が、何も起こらない。

周辺の葦に逃げ込んでいるのかもと、葦の中にルアーを入れてみる。
IMG_7585
全然生体反応が無い・・・
何かが間違っているのだろうか。

さらに支流の川筋に入る。
IMG_7586
ヘラブナ釣りの方々にメッチャ気を遣いながら、
ソロリソロリとポイントへ向かう。

パラダイスを求めて出来るだけ奥へと思ったが、
昔よりメッチャ浅くなってしまっていて、
これ以上奥に突っ込むと座礁しそうな勢いである。

仕方が無いので引き返すと、へら釣りのオジさんに
「もう戻って来たのかぁ?」と声を掛けられる。
「奥は浅くてダメでした」と言うと、
そうだろうと言わんばかりに頷くオジさん。
知ってるなら、行きに教えてくれればいいのに。

どうにもならずにさらに南下。
IMG_7588
ほとんど八千代市だよね、ここ。
しかし、夏の定番のこのエリアも不発。

おそらく戻るのに30分は掛かるから、
ぼちぼち戻り方向で考えなければいけない。

最初の川筋に戻り、最後の望みを掛けてルアーを打ち続ける。

IMG_7589
しかし無情にもタイムアップ。

ノーフィッシュで帰着申告である。
IMG_1260
まいったね、どうも。

この日のエラい人たち。
IMG_7594
釣れれば早春のビッグフィッシュ。
1本のウエイトが半端じゃなかった。

しかし、この日の参加者の内、釣って来たのはたった10人。
タフな戦いだった。
お立ち台に立ったのはランキング上位ひと桁の方々ばかり。
やっぱり強い人が勝つんだよなぁ。

心が折れたので、とっととボートを揚げて片付ける。
IMG_7590
次回は4月。
が、たぶんこの日は実業団の試合が出場出来そうにない。
春のビッグウエイトが狙える季節なんだけどね。
って、釣れる前提ってところがおめでたいな、オレ。

最後にこの日唯一の収穫。
IMG_7595
葦際に放置されていたへら竿。
今度、レックのヘラ師、ホンザワコーチ、
エグチコーチに手ほどき受けてみるか。

それにしても釣れない・・・

カテゴリー: 釣り, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。