日別アーカイブ:

咲いたとか、NAUTICAとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

いよいよ今週金曜日から!
banner_520_120
有明を真っ赤に染めよう!

 

レックテニススクール府中巡回。
少し早く着いたので、大国魂神社にお詣り。

境内の枝垂れ桜はもう花をつけていた。
IMG_7735
老桜なのか枝の添え木が重みを感じさせる。

数日後、久し振りの銀座へ。
IMG_7778

さくら通りは四分咲きってところ。
IMG_7777
ようやく春。
心がざわつく季節の始まり。

法事で訪ねたお寺の老師のお言葉。
「毎年この季節はテンションがあがります。
桜の花を見ると、また一年間、生かせてもらったご褒美だと思うのです」

四季のある国に生まれて良かった。
良い春にしよう。

 

さて、どうして銀座に行ったのかと言うと、それは言えない。
(じゃあ、書くなよ)
そしてその前は日本橋にいた。

このたび、穂積絵莉プロがNAUTICA WATCHと使用契約を締結した。
nautica logo
その取り扱いをしている株式会社ブレイン様に
梅田コーチ、穂積プロのお母様と一緒に
お礼とご挨拶にお邪魔したのだ。

日本橋駅から徒歩30秒のビルにあるオフィスの会議室に通され
社長様をはじめ、ブランドマネージャー、広報担当の方と打ち合せ。
IMG_7775

NAUTICA(ノーティカ)はアメリカ生まれのカジュアルブランド。
アパレルとしては、かつてデサントさんが展開していた時期もあるので、
ご存知の方も少なくないと思う。

NAUTICAはラテン語で船を意味するのだが、
その名の通り、海をモチーフにした商品群が揃っている。
このNAUTICA WATCHもマリンテイスト中心に
洗練されたデザインのものが多い。

海やスポーツのイメージが強いNAUTICAブランドは
これまでプロサーファーやビーチサッカー選手等、
マリンイメージの強いアスリートとの契約が多かったのだが、
今後はさらに球技へとの思いもあるとのことで、
縁あって穂積プロとの契約となったというわけである。

試合中の着用義務は無いのだが、
基本的には腕時計をしてプレーする穂積プロなので、
今後、彼女の腕に注目して欲しい。

 

そんな腕時計のラインナップをご紹介いただいた。
数名の女性スタッフが恭しく木箱を抱えて会議室に入ってこられた時、
「ん?松花堂弁当?お昼食べちゃった」と一瞬勘違いしたのはヒミツだ。

まずは、ダイバーウォッチテイストのシリーズ。
IMG_7751
比較的カジュアルなラインで価格も手頃。
しかし高い防水性能を備えた質実剛健さも備え持つ。

こちらのポップなNSR100JERRYは12,000円とお求め易い。
IMG_7752

そして穂積プロも愛用している。
hzmntca 3

ミリタリーっぽいものから、エレガントなラインもある。
IMG_7756

ワタクシが個人的に気に入ったのはこちら。
IMG_7767
クロノグラフになっているのも良い感じ。

ドレスウォッチも。
IMG_7768

そしてこのあたりが上位機種なのかな。
IMG_7758

マリンモチーフの文字盤がNAUTICAの特徴である。
IMG_7762

メタルのモデルもフラッグの文字盤、そしてクロノグラフ。
IMG_7766

とまあ、ワクワクするようなラインナップが
紹介し切れないくらいたくさんあるNAUTICAは、
今後、穂積プロと一緒にツアー戦うことになる。
hzmntc2
注目のブランドである。

カテゴリー: テニス, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。