読書とか、いい話とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

子供の頃から本が好きだ。
活字さえあれば大人しい子供だったらしい。

最近はiPodやらiPadやらで、もっぱらメールチェックや
電子文庫を読むことが多くなった。
先日、本社スタッフのハッシーが本を貸してくれた。
IMG_7706
多いよ、ハッシー。

と言いつつ、通勤途中むさぼるように読んでいる。
おおよそ二日で一冊ペースである。
本の虫の本領発揮である。

crpto
コラプティオ (文春文庫)

カリスマ的な国民からの支持を誇る総理大臣と
秘書、新聞記者が権力を軸に絡み合う物語。
メッチャ面白かった。

青雲の志を持って政治家になり、
上り詰めたはずの権力の頂上にあったものは・・・
やはり権力は人を変えてしまうのか。
正義を、原理原則を貫くのはそんなに難しいのだろうか。

色んなことを考えさせられた一冊だった。

やっぱり正道を貫きたい。
原理原則から物事を考えないと、道を踏み外しそうな気がする。
それでは会社もチームも仲間も間違った方向に巻き込んでしまう。
自分の役割りは何であるか、私心を捨てて頑張ろうと
あらためて思ったりした。

てなことを言うと、なんか立派な人のようだが、
タダの適当野郎であることを周知の事実である。
(申し訳ない)

 

さて、立派なことを言おうとしても完全に上滑りのワタクシ。
が、さすがに年期の入った御仁は違うなと思ったこと。

先日、妻方の祖母の法事で、あるお寺に行った。
IMG_7853
ワタクシ的には縁もゆかりもない埼玉のお寺。

本堂も立派だが、隣接された建物もやたらと立派である。
IMG_7854

中庭もあるし、ちょっとした料亭みたいだ。
IMG_7855
案内してくれるお坊さんも愛想が良いし、
旅館でも通りそうなくらいの設備である。

本堂での読経が終わり、一番偉いであろうお坊さんのお話し。

生きることと死ぬことのお話しだった。
どうしてなのか分からないが、心に染みた。
「私も凡人です」と仰る語り口が素直に響いたのかも。

心の中で、「いい話だなぁ」と感じ入っていたら、
ひとつ隣の椅子に座っていた妻と義妹も泣いていたらしい。

あと何回、桜を見られるのだろう。
今年も桜を見ることが出来た。
そんなことに感謝して生きていこうということである。

 

ワタクシは夏かなぁ。
夏になると小学校の頃の夏休みを思い出す。
プール、部活、家族旅行、セミの声・・・

そして学生の頃の夏。
合宿、旅行、ドライブ、夜遊び・・・

あと何回この夏を迎えられるのか。
そんなことを思うにはまだ早いのだろうけど、
生かされていることに感謝して生きていこうと思ったりした。

うーん、似合わないぜ。
たまにはいいか。


カテゴリー: ファミリー, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。