コピーとか、価値とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

お茶ではない。
IMG_8186
焼酎ロックである。

一緒にいるのはこの方、DRKさん
IMG_8187
レックゴルフスクール水道橋での打ち合せの帰り、
どうしても飲みに行きたいと言うので、
付き合ってあげることにした。

プライベートなこと、仕事のこと、色んな話を聞いてあげた。
(ウソウソ、話し合った)

最近、一緒に案件を担当することもあり、
互いのやり方の違いについて話し合ったりもした。

付き合いが長く、タイプも似ていると思われていた時期もあったようだが、
あらためて仕事を組んでみると、根本に持っているものは同じでも
アプローチの仕方はかなり違うことを互いに感じていた。

それを認め合うというか、それで良いと思えるところが、
ワタクシの度量の大きさである。
(ウソです。お互いにでした。ゴメンなさい)

そんなワタクシたちが直感的にチョイスしたのがこの店。
IMG_8188
「農場」って店名だったので、例のサービス精神に溢れた
居酒屋をイメージして疑わなかったのだが、普通の居酒屋だった。
例の居酒屋チェーン系の店なのね。

いや、普通っていうか、そんなにサービスも良くなかった。
何よりあのカラオケのリクエストマシンみたいな端末で
注文をするシステムがどうにも好きになれない。

効率重視の結果なんだろうけど、注文は店員さんに直接が良い。
ボタンを押して店員さんを呼ぶシステムも好きではない。
あのボタンがあるところほど、何度押しても店員さんが来ないような気がする。
2割くらい高くても、ちゃんと接客してくれる店がいいなぁ。

それにしても、この「農場」って店名、あざといなぁ。
パクリ的なイメージは拭えないし、
サービスレベルからも劣化版コピーみたいだった。
やっぱり本家にかなうものは無いのかなと思った水道橋だった。

 

さて、ネオインドア西新井で打ち合せ。
コーチ室にこんなものが置いてあった。
IMG_8158

HEAD VILAS
IMG_8165
往年の名選手、ギレルモ・ビラスのモデルである。

ヘッドでラケットに選手名が冠されたのは、
このビラスモデルとアーサーアッシュ・コンペティションくらいかな。
IMG_8174

たしかワタクシが高校生の頃のモデルだ。
テニス部の仲間が修学旅行先の京都で2本買って帰ったのを覚えている。
当時でも26,000円くらいしたんじゃなかったかな。

IMG_8171

とてもコンディションが良いこのラケット。
「どうしたの?」と聞くと「お客様からいただきました」とのこと。
ただこの価値を分かる年代のスタッフがひとりもいなかった。

「これは単なる古いラケットだよ」と言って、
持って帰っちゃえば良かったなと、ちょっと後悔した。


カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。