日別アーカイブ:

捨てるとか、春関とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

あるものを探して、秘密の引き出しをガサゴソしていたら、
妻が横から覗き込んで言った。

「ガラクタじゃない。捨てたら」

「ガラクタじゃないよ。コレクション!」

「これも?どう使うの?」

ファミスタ
IMG_8379

ゼビウス
IMG_8378

確かに・・・
以前はファミコンの初代機があったのだが、
完全に壊れて捨てちゃったし、
もう再生機が無いんだった。

こういうものがワタクシの秘密の引き出しを占拠しているのか。
写真におさめて捨ててみると少しスペースが空いた。
自分じゃなかなか捨てられないから、
今度、妻に総チェックしてもらうかな。
全部捨てられそうだけど。

 

さて先日の事。
有明テニスの森へ行った。

目的はこれ。
IMG_8358
そう、春関。
大学生プレーヤーの動向調査やら何やらのためである。

大学生の試合はあまり観た事は無いのだが、一種独特な雰囲気。
IMG_8363

スーツや学ランでの応援に様はまさに体育会である。
IMG_8362

ただし同好会のように1ポイントずつ大声を出したりはしない。
これは有明の近隣への配慮もあるのだろう。
IMG_8361

プレーも非常に興味深かった。
とにかく皆、動きが良い。
全身バネのようなプレーのオンパレードである。

そしてボールが速い。
道具の進化もあるだろうが、かなりの迫力である。

会場にはテニス界の主立った、
存在感のある方々がたくさん来られていた。
各大学のOB、監督、コーチの方、
それぞれに名前のある方々ばかりである。

レックの主宰する強化ジュニアチームの
テクニカルアドバイザーである小野田プロも
立教大学のコーチとして選手たちを見守っていた。
IMG_8365
かなり競った試合を一緒に見ていたが、
「選手の方が気が楽です」という言葉はまさに実感だろう。

日本テニスの一角を担う大学テニス。
夏関も見に行こうと思う。

カテゴリー: オモチャ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。