届いたとか、壁とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ローランギャロ本戦が開幕した。
以前なら本戦開幕という言い方はしなかったが、
穂積プロが予選に出場していたこともあって、
こういう意識になる。

そんな中、頼んでおいたものが届いた。
IMG_8515
ミサンガである。

ローランギャロ バージョンだ。
IMG_8514
ラフィノさんとサーフショップTJEY’s SURFさんのコラボ商品。
ブログで見つけて、クニヒコに「1本押さえておいて」と頼んだものだ。

留め具もカワイイ。
IMG_8516

着けてみた。
IMG_8517
いい歳したオッサンが着けてもいい感じだ。
妻に見せたら「カワイイ!」と絶賛。
何故か二人の共有物ということになってしまった。

購入ページはこちら。
http://www.lafino.co.jp/fs/tennisshop/heart_soul/tjeys_lafino_13
アンクレットもあるらしい。

ウインブルドンとかすべてのグランドスラムバージョンを出してくれないかな。
揃えたい。

 

さて、11歳児が12歳児になった。
誕生日、ワタクシは仕事のためいつにも増して遅い帰宅。
一緒に祝う事は出来なかったが、家族で寿司をとりケーキを食べたようだ。

先日、試合に負けて、その足で壁打ちに行った12歳児。

ある晩、「明日早起きして壁打ちに行く」と言う。
自転車で5〜6分の公園だから、勝手に行けば良いと思うのだが、
妻がいちおう着いていけと言う、

仕方が無いので、この日はランニングを中止し、一緒に壁打ちへ。
IMG_8406

黙々と壁に向かう12歳児を見守りつつ、
隣の壁でボールを打つオジさんが連れてきた犬をかまってみたりした。
IMG_8412
ちょっとお年寄りのコーギーちゃん。
ノンビリ寄ってきてワタクシの手をペロペロなめていた。

平日早朝ながら壁は案外混んでいた。
IMG_8409
壁打ちを日課にしているのであろうオジさんたちがズラリ。
もしかすると微妙なテリトリーがあるのかもしれない。
暗黙の了解に割り込んじゃったかな。

ゆっくりのボールで延々壁と打ち合うオジさんたち。
おそらく通常のコートだと通用しないであろう位置で
ひたすらボールを繋ぎ続ける。
別の競技における名人芸の域である。

ひとしきり壁打ちをして、近所の公園に移動。
「ボレーボレーをしたい」というので付き合う。
けっこうボレーも出来るようになったことに気づく。
なかなか楽しい。

適度に汗をかいた早朝だった。

 

数日後、また「壁打ちに行く」という。
今度はひとりで行かせ、ワタクシはランニング。

途中で野鴨の夫婦(想像です)を見つけつつ・・・
IMG_8421

いつもとは違うコースで川を越える。
IMG_8422

壁打ち公園(勝手に命名)に寄ってみる。
IMG_8424
やってるやってる。
ひたすらサービスからのラリーを練習していた。
「学校に遅れないように戻っておいで」と声を掛けてランニング再開。
ギリギリまで壁打ちをしていたようだ。

壁打ちってけっこう面白い。
そういえばワタクシもテニスを始めた頃、
ひたすら壁打ちをしていたような気がする。

バックハンドストロークが得意ショットになったのは
学校の壁にひたすら向かったからだったことを思い出した。

初めてのラケットを買った日、小学校に行き、
校庭のサッカーゴール板に向かって打った一球目が
板を外れ、校舎の窓ガラスを割ったのも壁打ちの思い出。

テニス人生初の打球が大きなボードにすら当たらず、
窓ガラスを割るというのは、ワタクシのその後の
テニス人生を象徴していたのかどうかは分からないが、
小学校の板壁が原点であることは間違いない。

12歳児もせいぜい壁に向かえば良い。
清水善造さんみたいになれるかもよ。


カテゴリー: テニス, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。