日別アーカイブ:

スコアとか、久しぶりのとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

天気予報の悪さに慌ててカッパを購入して臨んだ久しぶりのラウンド。
IMG_8696
メンバーはラケットシェアNo.1のW社の皆様と
ドイツの質実剛健ブランドV社のK女史、
そしてレックのボスとDRKさん、Wさんである。

皆の日頃の行いの悪さか、スタート時刻に強まる雨。
IMG_8698
Wさんが「やるんすかね?」と聞いて来たが、
このメンバーでは「やるでしょ」としか答えようがない。

しかし、ワタクシの日頃の行いの良さか、奇跡的に雨は上がり、
最終ホールのグリーン上で本降りになるという幸運なラウンドに。
IMG_8701
メンバーにも恵まれ、とても楽しいラウンドだった。
(決まり文句だが本当である)

ところでワタクシ、結構ショットが良くなったような気がする。
明らかに変な当たりも減り、ミスショットによるストレスも
以前に比べれば明らかに減ったと思う。

しかし、それがまったくもってスコアに反映されない。
これってどうしてなのだろう。
それがゴルフの難しさ、深さなのか?
なんだか不思議なスポーツである。

 

さて、シューズを購入した。
DSC_5116
ソールにエアバッグ、そしてスウォッシュラインである。

エアマックスだ。
DSC_5123

エアマックス・コートバリスティック4.3
DSC_5114

最近の流行りのシンセティク素材のアッパー。
DSC_5115
たぶんこれってナイキが発祥な気がする。

 

そしてもう1足。
DSC_5117

エアズーム・ヴェイパー9ツアー
DSC_5118
フェデラー使用である。

こちらはメッシュ素材を多用したアッパー。
DSC_5120
非常に軽くしなやかである。

ナイキの方に聞いたのだが、この軽さとしなやかさは
フェデラーのリクエストなんだそうだ。
ちなみにナダル着用のルナバリスティックは
反対にかなりゴツいつくりになっている。

ナイキのトッププロ2名の相反するスタイルを
象徴しているつくり方はなかなか興味深い。

ここ数年、アディダスばかり履いているワタクシ。
ナイキを履くのは本当に久しぶりである。
アディバリケードのゴツさに慣れた足には
ナイキは非常にしなやかで吸い付くような印象。

おそらく最終のバリケード8のあまりのゴツさに
辟易していたことも一因だと思うが、
ちょっとだけ浮気をしてみようと思う。

アディダス購入はバリケード9の出来でまた考えよう。
それはそれで期待するところである。

たまに使用ブランドを変えてみるのも
商品特性を知る上で良いことなのかもしれない。

ただねぇ、この2足ともとても派手なんだよなぁ。
テニスコートで履くぶんにはいいけど、
いい歳のオジさんが通勤で履いているのはどうなんだろう。

・・・と、妻に言われ、我に返るワタクシであった。

カテゴリー: ゴルフ, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。