DNAとか、西安入りとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

塾帰りの12歳児から電話。

「長い棒ある?」

「え?なんで?」

「ちょっと取りたいものが・・・」

「どういうこと?」

「帰りに靴がどこまで飛ぶかな〜ってやってたら、
エントランスの屋根に乗っちゃって」

「どこのエントランス?」

「パークタワー」

「棒なんかじゃ取れないでしょ」

「取れるよ。前に管理人さんが取ってくれたから」

(初めてじゃないんかいっ!)

「じゃあ、管理人さんに取ってもらうか」

「今日はもうしまってて」

「じゃあ、明日の朝だね」

「釣り竿とかで取れない?」

(オレの釣り竿をそんなことに使うなよ)

「そこまで長くないよ。途中で曲がってないと無理でしょ」

「じゃあ、針をつけてこう・・・」

「キミのクロックスを屋根から釣れってか?やだよ、恥ずかしいし」

 

次の朝、事件発生地へ行ってみた。
IMG_8912
この高さは釣り竿じゃ無理でしょ。

離れると微妙にクロックスが見える。
8377777
「誰かに盗られないかな」って、そもそも取れないって。

 

それにしても、何度も同じところに靴を投げ上げるなよ。

でも、子供の頃、同じことやったなぁ。
学校帰りに靴を飛ばして、そこまでケンケンして、また飛ばして。
ドブに落したり、人の家に庭に入れたりしたっけ。

靴飛ばしは男子のDNAに組み込まれているのか。
妻は「何考えてるの」というが、
DNAレベルの高度(?)な話だから仕方ない。

ちなみに靴は週1回のメンテナンスの業者さんが来たら
降ろして連絡をくれるそうだ。
定期以外に業者さんを呼ぶとお金が掛かると言われたとか。
まあ、クロックスだし、しばらく放置でいいだろう。

そういえば、少し前は塾に行く前に遊んでいたサッカーボールを
マンションの並木道の茂みに隠して、そのまま忘れて帰ってきて、
無くしてしまったっけ。

時代は変われど、自分の子供の頃を見るようで、
何とも言えない気持ちである。
しっかり、しろよ!

 

さて、ウインブルドン予選を2回戦敗退で終えた
穂積絵莉プロと梅田コーチ。

当初はそのまま帰国の予定だったが、
この先のランキングダウンを避けるため、
急遽、中国のITF5万ドル大会に出場することにした。

ソウルに入り、そこから西安へ。
hozmtr1501
一緒に行動していた宮村美紀プロは日本に帰るため、ここでお別れ。

宮村プロとは数年前、USTREAMの番組でご一緒したことがある。
http://www.ustream.tv/channel/tennisjp-type-j

あの時は別コーナーでの出演だったが、
数年後、別のイベントで会った時、
ちゃんと名前を覚えていてくれて驚いたとともに、
「ええ子やんかぁ〜!」と思ったのを憶えている。
会った人の事をちゃんと覚えるという礼儀、見習いたいものである。

そんな宮村プロのブログ、なかなか面白いのでオススメ。
宮村美紀公式ブログ – Appreciation to you -

実はFacebookは男前っぷり(褒め言葉です)が、もっと面白い。
友達申請しないと見られないのかな。
こちらは自己責任でお願いします。

そういえば、名刺管理ソフト「eight」で繋がった
宮村プロの手書き名刺には爆笑だった。
なかなかのキャラな宮村プロである。

 

話を戻そう。
ソウルから移動し、夜中に西安に着いた二人。
次の日から練習を開始した。
hzmtr0203

肌寒かったロンドンとは一転、メッチャ暑いらしい。
hzmtr0204

そして芝からハードコート。
hzmtr0205
まったくタイプの違うコートにアジャストしなければいけない。

とはいえ、ここから先はUSオープンに向けて、
ハードコートシーズンに入るのでちょうど良いのかも。

$50,000 Xi’an
いい形で大会を終えて、帰国して欲しい。
頑張ろう。


カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。