ユル〜くとか、YONEX REGNA インプレ!とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日、妻と近所のモールへ。
必ず立ち寄るハワイアンショップ。
IMG_734466e3n

夏に向けてTシャツを買った。
IMG_8914
ワーゲンバスがいい雰囲気だ。

ついでにアロハチックなショートパンツ。
IMG_8915

この夏はこれを着て、ユル〜い感じで過ごそうと思う。
というか、そもそもこれまでも好きなことを好きなようにやって、
ユル〜い感じで生きてるんだけど。

これって、いいのは本人だけかもしれないなぁ。
まあ、これからもあまりカリカリせずにユル〜くいきたいものである。
(各方面からお叱りをいただきそうな予感も)

 

さて、ヨネックスさんから発表になった話題の新機種、REGNAである。
IMG_8929
この専用ロゴがいかにも高級そうな雰囲気を醸し出しているが、
実際、まず話題になるのは、43,000円という価格。

ヨネックスさんによれば、上代設定ありきではなく、
製造工程において、最高のものを求め、
それを積み上げた結果の価格だそう。

つまり手間も含め、それだけの価値があるのだよということらしい。
実際、月産本数も200本程度という少なさ。
もちろん、日本工場での生産である。

 

YONEX REGNA
IMG_8933
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ウエイト:310g
■バランス:315mm
■ラケット長:27インチ
■ラケット厚:21.5-22.0-21.0mm(ヘッドから)
■グリップサイズ:G2・G3
■価格:43,000円

先日の発表会はヨネックス本社で行われたため、説明のみで試打は無し。
ヨネックスさんが満を持して上市した最高級モデルが
どんな味付け、打ち心地なのかが気になったいたところ、
案外早くその機会に恵まれた。

試打会場はレックインドアテニススクール上石神井
ヨネックスさんが2本だけ持ってきてくれたのだ。

 

早速、打ってみた。
IMG_8931
フレームは薄めの仕上がり。
シャープさを感じさせるシェイプである。

デザインも高級機種にふさわしく落ち着きつつも戦闘的。
日本刀的な切れ味を予感させる仕上がりである。

310gはちょっと重過ぎるんじゃないと思ったが、
実際にラケットを振ってみるとまったくそんなことは無い。

実は発表会の時、ヨネックスのM山さんに
「設定、重すぎないですか?」と素直にぶつけてみた。
するとM山さん、「全然感じませんよ。バランスが絶妙ですから」。

その時は「またまたぁ」と思ったのだが、実際その通りで驚いた。
バランスポイント315mm以上の操作感の良さである。

 

そして打球感。

これは明らかに違う。

粘りと打ち出しが高次元で融合している。
粘りと言うか、しなりなのかな。

とにかくしっかりしなって、しっかり粘る。
なのにシャープにボールが飛び出して行く。

これがこのラケットの開発キーワードの
「捻れもどり」というヤツなんだろうか。
確実に粘る感触と球離れが両立している。
高密度カーボンのなせる業、味付けなのかもしれない。

この感触、ウッドラケットでテニスをはじめた
ワタクシのような世代にはなんとも言えないものがある。

高校生の頃、粘りよりも球離れが欲しかったワタクシは
比較的固めのウッドラケットを使っていたが、
それでも今のラケットに比べれば、粘りとしなりは強い。

その粘り感の周辺要素を削ぎ落として、
もっさり感を無くし、クリアな粘りのみを残した感じ。
そして直後に鋭くボールが離れていく様は、
コクがあるのにキレがあるってところだろうか。
(ビールかよっ!)

このシャフト部分が大きなキモであることは間違いない。
IMG_8930
フェイス先端部にいくに従って剛性が増すフレーム、
そしてシャフトの復元力が絶妙だということだろう。

スピンはカッチリ引っ掛かっる感じがある。
粘りもありつつだが、極端に転がす感じは無い。
つまり、短いスイング幅でもしっかり回転は掛かるイメージ。
IMG_8932
シャフトが粘る一方、フェイスが程よくボールを突き放しながら
引っ掛けてくれる。

ヘビーに押すスピン、ショートクロスに落とすスピン。
どちらも、打ち手の思ったようにというか、
打った通りに飛んで行く。

必要以上にパワーアシストを感じさせないのも
このラケットの特徴なのかもしれない。

サービスの振り抜きも良い。
フェイスが大きくなく、フレームも厚すぎないからだろう。
鋭く振り抜くけるメリットは大きい。

ある意味、特殊で普通なラケットだと思った。
特殊というのは、粘りと球離れがこんなにバランスが取れるのだなということ。
そして普通というのは、ラケットの粘りってこんな感じだったよねということ。

ウッドの時代を知るワタクシたちには
懐かしい感情とラケットの進化の両方を感じられるモデル。
ウッドを知らない方にもコントロール性に優れた
粘りと飛びが両立したバランスの良いラケットだと思う。

あまりヨネックスさんのラケットを使ったことは無かったが、
このREGNAはそそられる1本だった。
10478582_319516754872792_2466929440793642906_n
ということで、ワタクシのバックハンドである。
振り抜きが気持ち良い。


カテゴリー: インプレ, 買い物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。