違いとか、懐かしグッズとか。

まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

父の日にもらったプレミアムなビールたち。
そのうちの1本を飲んだ。
IMG_8875
薫り華やぐヱビス ジョエル・ロブション

限定版のビールらしい。
確かに薫りが華やいでいた・・・
っていうか、普通のエビスビールとは違った。

家族は「分かるの?」と笑っていたが、これくらいは分かる。
缶を見ないで、グラスに注がれてきたって分かるはず。
たぶんね・・・。

違いの分かる男なのだ、ワタクシ。
って何だっけ?

ああ、ネスカフェ・ゴールドブレンドだ。
ダバダ〜、ダ〜、ダバダ〜♪
狐狸庵先生 遠藤周作、懐かしいな。

なんてくだらない妄想を繋ぎながら
自宅でのんびり飲むビールは最高なのだ。

 

さて、こんなものが発掘された。
IMG_8856
ウイルソン・トライアド

今もウインルソンのラケットに搭載されている
トライアドテクノロジーの初期型モデルである。

フェイスはこんな感じ。
IMG_8858
少々、ストリングパターンが変。

グリップも安っぽい。
IMG_8859

トライアドデビューの時のミニチュアである。
IMG_8864
懐かしい。
当時、トライアドが出たとき、「こんな構造、必要なのかな」とか、
打ってるうちに壊れたりしないのかな」なんて思ったけど、
このテクノロジーはしっかり生き残った。

構造上、どうしても製造コストが掛かるらしく、
トライアドシリーズのモデルは少々高めだが、
根強い支持を得ているようである。

 

ついでにこんなものも出てきた。
IMG_8862
ミニチュアラケットのキーホルダー。

これはエナン使用モデル。
IMG_8863

もう1本。
IMG_8860
こっちはブレードかな。

ジョコビッチ使用モデルだった。
IMG_8861

エナンは引退、ジョコビッチはHEAD契約になり、
今はどちらもウイルソンではないが、
ひとつの時代を築いたラケット、
そして選手たちであることは間違いない。

昔はこういうグッズ、結構あったんだけど、
最近はあまり出てこないような気がする。
メーカーさんの販促費も少なくなっているのかな。
少し寂しいな。


カテゴリー: テニス用品, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。