日別アーカイブ:

飯とか、撃沈とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

最寄り駅でひとりで夕食。
IMG_9272
サイゼリヤである。
おひとり様サイズのサラダが出来たのね。
なかなか良いアイデアだと思う。

写真をFacebookにあげてみたら、
「どうした?」「大丈夫?」と言われた。
単に妻と都合が合わなかっただけである。

ワタクシ、一人暮らし歴が長かったので
ひとり食事もひとり飲みもまったく抵抗がない。

本を読みつつ、音楽を聴きつつノンビリ食事。
家に帰りたくないわけじゃなくて、
こういう時間も切り替えには必要なのだ。

それにして、サイゼリヤって本当に普通のファミレスになっちゃったなぁ。
その昔、一号店に毎晩通っていたワタクシとしては少し淋しいものがある。

 

さて、出だしから作戦崩壊のまま始まったバスフィッシングトーナメント。
とりあえず当初の作戦は捨て、逆側の川を下る。
IMG_9234
途中、空いてれば入ろうかと思っていた小さな支流も
何艇もの船が入っていて銀座状態。
諦めて先へ進む。
(実はここからも入賞者が出た)

減水の影響で色んなものが水面を顔を出している。
IMG_9240
沈船てけっこう多いのね。
岸沿いならまだいいけど、こんなのが流芯にあったら
一発でエンジンぶつけてアウトだ。
ああ、怖っ!

 

移動30分以上。
ようやく釣り開始。
IMG_9239

早速@クンにアタリが。
IMG_9237
ちっちゃっ!
検量対象のキーパーサイズは30センチ。
どう考えて届かないんだから、メジャーあてるなよ。(笑)

その後もポロポロとアタリが続き、マメサイズが釣れ続ける。
ワタクシにも同じようなサイズが来る。
IMG_9248
うーん、キミじゃないんだよ。
もっと大きくなったら遊ぼう。

サイズアップを狙い、ポイントを変える。
IMG_9245

変わらず、マメが釣り続ける。
IMG_9250

こりゃダメだと、大きく移動。
IMG_9252
支流に入る。
入り口の橋脚をやろうと思ったら先行者が。
K谷選手である。

小場所なので一緒に釣るわけにもいかず通過。
実はこの橋脚がK谷選手の優勝ポイントだった。

さらに奥へ入ると、I山選手。
「釣れた?」と聞くと「6往復でやっと1本です」。
やはりマメはたくさん釣れるらしい。

そしてワタクシたちにもマメさんが釣れ続ける。
それこそ3キャストに1回アタル感じ。
プライベートフィッシングなら楽しいだろうが、
トーナメントでは迷惑なだけ。

 

結局、最後まで無間マメ地獄は続きタイムアップ。
IMG_9254
1本もキーパーが入らなかった。

終わってみれば、微風&曇りのコンデションで
みんなかなり釣ってきていた。
IMG_9257
優勝は、あの橋脚にいたK谷選手。

しかし、あそこの橋脚に先に入っていればということはない。
スピーチで明かされた釣り方はワタクシの思いつかない釣りだった。
きっと同じようには釣れなかっただろう。

今回のエラい人たち。
IMG_9261
さすがである。

次は9月。
そして2DAYSという長丁場。
秋の実業団リーグの時期なので出場出来るかは微妙。

とにかくこの夏の間にボートの整備を完了させて不安要素を無くすことだ。
年々体力も落ちていくだろうし、後悔の無いシーズンにしなければ。
まだ頑張るぜ。

カテゴリー: ファミリー, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。