日別アーカイブ:

朝張りとか、リーバイスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

長男が合宿でガットを切って帰ってきた。
IMG_9339

前夜、「明日の練習で使いたい」と言われていたので
早めに起きてガットを張る。
IMG_9340
朝のストリギングは気持ちがいい!
・・・ということも無く、張り上げた。
ラケットもう1本必要かなぁ。
(お金かかるね)

 

さて、ジーンズである。
IMG_9099
やっぱりジーンズはリーバイスだと思うわけ。
LeeでもなくWranglerでもなく、Levi’sなのだ。

リーバイスといえば永遠のマストアイテムは501。
もちろんワタクシも何本もの501を履いてきた。

しかし501は履き手を選ぶ。
ジェームスディーンや吉田栄作(古いな)なら
501に白のTシャツでじゅうぶんカッコいいが、
一般民間人のワタクシはそこまで削ぎ落とされたアイテムで
勝負が出来るほどの何物も持っていない。

ということで、ワタクシ的リーバイスのマストアイテムはこれ。
IMG_9100

LeVi’s 503BXX
IMG_9103
リーバイス初期モデル復刻版である。
若干ルーズフィット気味のシルエットがお気に入りなのだ。

復刻版らしくドーナツボタン。
IMG_9101

セルビッジ付き。
IMG_9102

もちろん隠しリベットもついている。
IMG_9104

この503BXX、たしか25,000円くらいだったような記憶がある。
この頃、ビンテージブームが巻き起こり、
オールドジーンズの値段がやたらと跳ね上がっていた。
そんな時代だから、復刻版とはいえこんな値段だった。

この503BXXはノンウォッシュを購入し、
なるべく洗わずにここまで色を落とした。

なかなかいい感じにやれて来たのだが、
そこを過ぎるとポケットに穴が開いたり裾がほつれたりと、
コンディションを保つのがなかなか難しいのがジーンズの面白さである。

といことで、もう1本。
IMG_9106

後年、発売された503Bである。
IMG_9108
基本的なシルエットは503BXXと同じだが、こちらは復刻版ではない。

ボタンは普通のフラットヘッド。
IMG_9107

隠しリベットは入っている。
IMG_9109

こちらは完全復刻でないので17,000円くらいだった気が。
復刻版ほどの思入れが無いので、
履き込み具合が甘く、色落ちが弱いのが分かる。

最近、あまり履かなくなったジーンズ。
秋口には復刻させようと思う。

カテゴリー: オモチャ, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。