月別アーカイブ: 2014年7月

車欲とか、実使用機とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所で見かけた。
IMG_8896
HONDA NSX

1989年発売。
2シーター、ミッドシップ、後輪駆動のスポーツカー。
価格なんと800万円。
バブル期の象徴のような車である。

懐かしいな。
景気の後退とともに、この手の車がどんどん減り、
ワゴンやミニバンなどの機能重視の車が街に溢れていった。

世間がバブルで浮かれまくっていた頃、
人生で一番の極貧期だったワタクシだが、
当時、この車を運転したことがある。

どうしてなのかは、ここには書けないのだが、
首都高の路面に吸い付くような乗り心地に
さすが高級スポーツカーだなぁと思ったものだ。

ガソリンスタンドでは若い店員が
「こんな若造がなんでNSXに」という
顔をしてフロントガラスを拭いていたのも印象深い。
懐かしの1台である。

 

そんなわけで、最近ちょっと車を買い替えたい病だ。

今の乗っている車も気に入っているのだけど、
やはりトラックベースの逆輸入者。
IMG_8720
エンジン音やロードノイズはランドクルーザーとは比べようも無い。

やっぱりランクルがいいなぁ。
でもまた盗まれるのは嫌だしなぁ。
200が欲しいけど、さすがに買えないか。
じゃあ、100よりはシグナスがいいかな。
なんてことを夢想しつつ、中古車サイトをチェックしている。

あと、こんな車も気になっている。
vwt201
フォルクスワーゲンT2

いわゆるワーゲンバスである。
この車、オールドな稀少車ばかりと思われているが、
実は現行で新車も製造されている。

この写真のタイプが最終型だそうで、
ワーゲンバスを手に入れる最後のチャンスらしい。
エンジンが水冷になっていてフロントグリルがちょっと可愛くないが、
ワーゲンバスの雰囲気は維持している感じ。

これに色んなものを詰め込んで旅行に行ったら楽しいだろうな。
って、そんな時間があるのかって気もするけど。

あ、でもこれじゃボートを引っぱれないないか。
IMG_7590
やっぱり四駆系になっちゃうのか。
リカーン・ナビゲーター、キャデラック・エスカレードもいいね。
(注:買えません)

カーマニアではないが、色んな夢想が広がるのが
車の楽しいところだと思う。
誰かランクルくれませんか。

 

さて、穂積プロから会社にプレゼント。
DSC_2592
本人使用モデルのラケットである。
ラケット入れ替えで要らなくなったものをいただいた。

Prince Black100T
DSC_2593
Jフレームである。

スロートには本人の名前が入っている。
DSC_2595

バンパーはかなりすり減っている。
DSC_2600
プレーの激しさが分かる。
満遍なく削れているので、ラケットの裏表は決めないタイプなのかな。

ストリングはハイブリッド。
DSC_2596
弾いてみたが、けっこうボヨンボヨン。
緩んでいるのだろうが、元々は何ポンドなのだろう。

フレームサイドにステンシルインクの撥ねあとが。
DSC_2597
アバウトなのは穂積プロか、梅田コーチか。
どっちなのだろう。

グリップにサインを入れてくれた。
DSC_2594
サイン、変わったのかな。
以前は「Eri」ってだけのとっても簡単なサインだったけど。

何にしても貴重な1本。
ありがたく会社に展示させていただいた。

8月に入るとUSオープンに向けてツアーに出る穂積プロと梅田コーチ。
グランドスラム挑戦4大会目、そして今年最後のグランドスラムだ。
本戦への戦いは本当にタフだが、突き抜けて欲しい。

本戦にストレートインのところまで来たら、現地に応援に行きたいな。
ガンバレ!

カテゴリー: クルマ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

もう一軒とか、ゴルフとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

仕事帰りにボスとDRKさんと飲んだ。

正確には仕事の終わらないワタクシに「じゃあ、オレたち飲みに行くから」
と見捨てて飲みにいってしまったボスとDRKさんに無理矢理合流したのだけど。

いつもの寿司屋で飲んで店を出る。
ボスが帰り、ワタクシたちも「じゃあまた」となったのだが、
そこから少し話し込む。

そうか、まだボクと一緒にいたいんですねと、
DRKさんの心境を読んであげた優しいワタクシ、
「仕方ないなぁ。もう一軒だけですよ」と誘ってあげた。
IMG_9025
何度か一緒に行ったことのあるバーで
あれこれ話しながら飲んだ。

ご存知の方もいると思うが、DRKさんは数年前、
くも膜下出血で倒れ、生死の境を彷徨った。
誰もがもうダメか、戻ってきても以前のようには・・と思った。

しかし色んな幸運・強運、そして本人の努力、
周囲のサポートでDRKさんは戻ってきた。

復帰後暫くは悩むことも多かったようだが、
今は普通にメッチャ元気である。
仕事も細かく(細か過ぎるところがあるけど)、
とても精力的にこなしている。(煽られちゃうんですけど)

酒量は以前よりも押さえ気味にしているようだが、
こうして2軒目に行くほどである。

倒れた日、閉ざされた集中治療室のドアの前で
ワタクシは絶望的な気持ちだった。

もう会えないかもしれないのかと思った。
しかし、こうして今は一緒に仕事をさせてもらっている。
あの時は別々の場所で頑張っていたが、不思議な縁である。

二人で飲んでいると、つくづく人生は面白いなと思う。
出会いと縁に感謝しながらバーボンロックを3杯ほど飲んでみた。

また一緒に飲んであげますね。・・って、何で上から?
(注;DRKさんが上司です)

 

さて、DRKさんと言えばゴルフだ。
テニスでも仕事でもなく、ゴルフである。

一度生死の境を彷徨ったくせに今は80歳
・・・じゃない80台で回るほどに上手い。

倒れること無くここまで生きて来たワタクシが
まったく相手にならないってのがどうにも納得いかないが、
きっとワタクシのほうが仕事が忙しいからである。
(と思わないとどうにも・・・)

そんなわけで久し振りのゴルフだった。
メンバーはお取引先の社長さんとウチのボス。
DRKさんはいない。

遠いってこともあって、早く家を出たら、
スタート2時間前に着いてしまった。
しかも練習しようと思ったら、
練習場が無いというまさかの事態。
IMG_9030
ボンヤリとグリーンを見ながら時間を潰す。

そして、DRKさんからメール。
「今日のゴルフ頑張ってください。
スコアは○○以下、あと××より下だと腹が立つのでそれ以上で」

かなりピンスポットなスコア指定。
嫌がらせというか、パワハラだな、これ。

 

朝っぱらから理不尽なプレッシャーを受けつつのスタートだったが、
なんと出だしから2連続パー。
こりゃ、今日は何か起こるかもと気合いが入る。
IMG_9033
西武ドームに向けての打ち上げホール。
こうして見ると野球場って大きいね。

以降も踏ん張るワタクシ。
それほど難しくないコースとは言え、なかなかである。

 

そして今期ベストスコアペースで迎えた最終ホール。
ボギーであがっても上々のスコアが見えた。

ティーショット、構えた瞬間にDRKさんのメールを思い出してしまった。
余計なことが頭をよぎったままフルスイング。
ボールはキレイにスライスして、OBゾーンに消えていった。(涙)

前進4打から打ち直した最終ホールはトリプルボギー。
結局、DRKさんの指定したスコアにキレイにおさまってしまった。
恐るべしパワハラDRKさんである。

しかし、それでも今期というかここ2、3年のベスト。
まあまあ満足なワタクシである。

ちなみにワタクシの生涯ベストは80。
これもDRKさんとレック本社のWさんと回った時である。
多分、こんなスコアは2度と出ないと思うけど。

 

実は今回、ドライバーを以前のものに変えてみた。
IMG_9035
気分転換の意味合いだったのだが、まあまあだった。
しばらくこれで行ってみようと思う。

ボスが言った。
「あのドライバー、DRKに売りつけられたヤツだろ?
変な念がこもってるかもしれないから、しばらくこっちでいいんじゃない」

さすがよくお分かりで・・・

カテゴリー: ゴルフ, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

大砲とか、撮影とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

こんなレンズを見つけた。
sgmbn
シグマの望遠レンズ 200-500mmf2.8
カメラが装着されていないから分かりづらいけどメッチャ大きい。

こちらのサイトで画像を見ていただくと分かると思うが、
ほとんどロケットランチャーである。

重さは15kgオーバー、そして値段はなんと200万円オーバー!
どんなシチュエーションで使うのだろう。
こんなの持ち歩けないよね。

欲しいとは思わないが、一度で良いから覗いてみたい。
カメラの世界はキリが無い。

 

さて、過日。
カメラ機材を積んでレックインドアテニススクール上石神井へ。

この日はホームページやらその他媒体用の写真撮影。
レッスン中にお邪魔してシャッターを切らせてもらった。

レッスン開始時に、撮影が入ることをお客様にお願い。

「みなさ〜ん。今日は写真家が来ております。
ホームページ等々に使わせていただきます。
お化粧のノリが今ひとつの方はお申し出くださ〜い!」
と、ナオキ支配人。

ナオキさん、写真家って・・・言い回しが古いよ。(苦笑)

ということで、コーチ中心に撮影。

ゲンキコーチ
DSC_5330
若さ満開っぷりが羨ましい。

カナザワヘッドコーチ
DSC_2619
実物よりも爽やかに撮ってあげた。

ナオキ支配人
DSC_5159

ナオキさんのレッスンは笑いが絶えない。
DSC_5285
希代のパフォーマーである。
誰にも真似が出来ないナオキワールドが展開されている。
さすがです。

そして最後にはこれ。
DSC_2580
夏らしく浴衣のフロント3人娘である。

浴衣に鮮やかなフォルクルのラケットが映える。
ナオキさんのリクエストでプレー写真も。
DSC_5650
なかなかいいんじゃないかな。

近々、団扇になって登場予定。
お楽しみに!

カテゴリー: カメラ, テニス | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ベイビーステップとか、ウイルソンとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ベイビーステップ31巻を買った。
IMG_8884
ひとり、サイゼリヤで夕食を食べながら読んだ。
(ちょっと淋しい)

もちろん中身は面白かった。
全日本にライバルたちが集結。
「全日本のタイトル、獲っておこうかと思って」なんて台詞、
妙に現実味があるというか、やっぱり舞台は世界なんだよね。
早く世界ツアーで活躍するエーちゃんを見たいな。

12歳児に頼まれて、公式ファンブックも購入。
bbspaant
これまでの荒筋やキャラクター名鑑など盛りだくさん。

関係者のインタビューも載っていて、プリンスのKさん、
エレッセのNさん、テニス協会のS事務局長と、
皆、知っている方々というのも不思議な感じがした。

しかし、この本、文字が細かい。
内容を詰め込むとこうなってしまうのかもしれないけど、
メガネ無しでは本を読めないワタクシにはちょっとツライ。

あ、こういう年齢の読者はメインターゲットじゃないか。
12歳児は普通に読んでるもんね。
失礼しました。

作者の勝木先生が、今年のテニスの日のために
エーちゃんとナッちゃんがボレーボレーをしているイラストを
書き下ろしてくださったのだそうだ。

このイラスト、条件を満たせば使っていいらしい。
とても協力的な勝木先生と講談社に感謝である。
ありがとうございます。

 

さて、展示会ラッシュである。
先日はウイルソンさんへ。
IMG_8963
今回初めての会場である。
ベースボールと一緒の展示会だったからなのかもしれない。

会場入り口にはこんなディスプレイが。
IMG_8968
革新的トップブランドであることを再確認。

ラケットも飾ってあった。
IMG_8966
スタン・スミス、そしてジャック・クレーマーである。

IMG_9001
ジャック・クレーマーのブリッヂ部にはインペリアルのロゴがあるが、
この時代、なんらかの提携をしていたのだろうか。

ストリングにスパイラルが入っているのも雰囲気である。
ワタクシの世代だと、ブルースパイラルと言えば、
ゴーセンのハイオーシープだったっけ。
懐かしい。

肝心の新製品であるが、情報解禁日を聞き忘れた。
IMG_8998
こんなロゴ入りTシャツ、絶対欲しいぞ。
ちなみに新製品のヒントではない。

次回の目玉になるであろうモデルの情報も。
IMG_8964
PROSTAFF97RF、フェデラーの黒塗りモデルがベールを脱ぐのだ。

フレームはボックスとラウンドのミックス。
ビームは21.5mmフラット。
フェイスは97平方インチ。
そして、RFのウエイトは340g。(重っ!)
RFじゃないバージョンは315gだそうだ。

期待が膨らむ発表である。
しかし、スペックの発表のみで、現物も写真も無かった。

何も見ていないのにオーダーしてくださいって言われてもなぁ・・・
スペックである程度の想像はつくのだが、デザインを見ないとねぇ。
本当かウソか、ウイルソンの社員も誰も見ていないのだそうだ。
(多分、ホント)

楽しみはもう少し先になりそうである。

カテゴリー: テニス用品, 読書 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

参観日とか、adidasとか。

まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

12歳児の授業参観に行った。
IMG_9013
おそらくこれが小学校最後の授業参観である。

授業のお題は作文を推敲しようというもの。
グループをつくり、お互いの作品を交換し、
もっと良くするための意見交換をするみたいな感じ。

後で、12歳児の作文を見たら、
「人間は失敗をする生き物である」
「失敗は誰にでもあるもの」
「そして成長していくのだ」
みたいなことが、妙に大人っぽい文章で書き連ねてあった。
自分のボケ加減を正当化しているようにしか見なかったけど。(苦笑)

妻によると、12歳児の机の上に
友達からの誕生日メッセージがあったらしい。

「誕生日、おめでとう。
オマエの頬っぺた、気持ちいいから、これからもさわらせろよ」

男子同士の変なバースデーメッセージ。
確かに12歳児のほっぺはクレヨンしんちゃんみたいに
プニプニ・スベスベで気持ちが良いので、ワタクシもよく触る。
友達も同じなのね。

来春には卒業か。
早いなぁ。

あっという間に育っちゃうんだろな。
プニプニほっぺ、今のうちにたくさん触っておこう。

 

さて某日、神谷町に降り立った。
普段のワタクシにはまったく縁の無い街である。

閑静で高そうな住宅街を抜ける。
IMG_9009
こんなところに家を持てるのって、どんな人なんだろう。

スウェーデン大使館やら立派な施設も沢山ある。
IMG_9005

そしていつものように道に迷ってようやくたどり着く。
IMG_9006
千石山  森タワーである。
ここでアディダスの展示会があるのだ。

今回発表されるのは2015年モデル。
看板のあんなものから、こんなバージョンまで。
規制があるので、具体的なことは書けないが、
なるほど、こんなふうに進化するのねという感じ。

歴代のアディダスのシューズを履いてきたワタクシも
来年は期待が持てそうな商品群だった。

 

ということで、ワタクシ的なアディバリケードランキング。

1位 アディバリケード5
IMG_9036
やっぱり名品だと思う。
堅牢さと快適性のバランスが一番取れていた。

いまだにアディバリケード5クラシックなる復刻版で出るのも
伊達さんが頑なにアディバリケード5を履き続けているもの分かる、
珠玉の銘品だと思う。
ちなみにこれは錦織圭カラー。

 

2位 アディバリケード7
IMG_9037
これはオムニクレーモデルだが、非常に足入れ感の良いモデル。
ソールの屈曲性も良いし、足への負担が少ないように感じる。

お気づきの方も多いと思うが、圭もジョコビッチも
いまだにアディバリケード7を履いている。
それだけ評価の高いモデルなのだと思う。

 

3位 アディバリケード6
IMG_9038
これはマレーモデル。

5に比べて若干固く、タイトな足入れ感になった。
アッパーも少し固いように感じるし、
若干、足とシューズが喧嘩する感じもある。

ただ、悪いシューズではない。
ワタクシも実はmi adidasで、この6を2足つくっている。
自分好みにつくったシューズはやはり履き心地が良い。

 

圏外 アディバリケード8
IMG_9039
実は雑誌の技術解説連載を始める時に手配したのがこれ。
メディアの露出には現行モデルを使わないとねってこと。

正直、この8はダメだと思う。
ソールの屈曲性も低く、足裏についてくる感じがない。
アッパーもメッシュ素材を使っているにしては固い。

これはオールコートモデルだが、オムニクレーモデルなんて
足の甲に大きく「8」の文字。
マレーの上海モデルもなんだかなぁってデザインだし、
個人的には、なんでこんなふうになっちゃたの?って感じである。
ジョコビッチ、圭、そして伊達さんが履いていないのも分かる気がする。

こうして見てみると、アディバリケードは奇数モデルが良い気がする。
(注:個人の感想です)
ということは、次のモデルは期待だな。
足入れ感も悪くなかったし。

発表はもう少し先なのかな。
期待してお待ちいただきたい。

カテゴリー: テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カードとか、朝市とか。

まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

今年もウインブルドンの福井プロからカードが届いた。
IMG_9024
いつからだろう。
毎年、ウインブルドンが始まると送ってくださる。
本当に楽しみで、本当にありがたい。

テニスを始めたばかりの頃、福井さんと
話をさせていただけるようになるなんて想像もしなかった。
ましてや、顔を覚えていただいてお声掛けいただけるなんて。
もう夢のような話である。

先日、試打会で福井プロとラリーをさせていただいた。
気を遣って打ちやすいボール打ってくださったのだと思うのだが、
こちらがミスしない限り永遠にラリーが繋がるのでかなり疲れた。
「今日はボク、マシンだから」と仰っていたが、その通りだった。

 

今年のウインブルドン、圭も負けてしまった。
ラオニッチのサービスが良過ぎた。
芝生であそこまでサービスがいいと厳しいよなぁ。
残念。

テニスに携わるものとしては、
やっぱりウインブルドンは見ておきたい。
近い将来、実本気で現させようと思う。
時間も身体も自由が利くうちだし。
(って、いくつなんだ?)

 

さて休日。
近所で朝市が開催されているってことで、
犬の散歩がてらのぞいてみた。
IMG_8880
ウチの2匹は人と犬が大好きで、
誰にでもやたらと積極的に寄って行くので
リードをしっかり握りしめての出動である。

なかなかの人出。
IMG_8894

産直野菜やらがたくさん。
IMG_8893

スイカ食べたいな。
IMG_8891

とはいえ、犬2匹と12歳児と一緒に野菜を買おうとはならない。
IMG_8890
二人で焼き鳥を買い食いして市場を後にした。

こういう地元の催しって楽しい。
以前、駅側の広場ではよくフリーマーケットやってたっけ。
最近はあまり見ないけど、こういう賑わいは続いて欲しい。

地元でノンビリ。
良い休日だ。

カテゴリー: テニス, ファミリー, , 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ピザとか、体験会とか。

まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

近所のショッピングモールで妻とランチ。
IMG_8899
あれこれ迷ったあげく、初めてのピザ屋へ。

ここのピザは生地の上に、野菜やら卵やら様々なものが乗っている。
IMG_8902
チーズの存在がほとんど無いので、あまりピザっぽくない。
ピザ生地プレートみたいな感じだ。

ワタクシはベーコンエッグピザ。
IMG_8900

妻は生ハムピザ。
IMG_8901

ひとり1枚は多かった。
珍しく残してしまった。

もう少し生地がパリパリで、チーズが乗っている方がいいな。
トッピングの水分で生地がしなしなで、ボリュームが出過ぎ。
この味で1枚食べ切るのは厳しい。
若者向けなのかなぁ。

 

さて先日のこと。
レックインドアテニススクール上石神井でレックスタッフ向けに
ソニー・スマートセンサーの体験会が催された。

すでにご存知の方も多いと思うが、グリップエンドに装着し、
プレーのデータを解析してくれるシステムである。
IMG_8927
(ヨネックスさんの備品なので「4課」って入ってる)
このシステム、現在はヨネックスのラケットのみ対応。
今回の体験会もヨネックスさんが担当された。

まずはデモビデオ鑑賞。
IMG_8918
ソニーバージョンのプロモーションビデオは
ミュージカル仕立てで意表をつく出来上がりだった。
ソニーとしてもかなり力が入っているのが分かる。

早速体験。
IMG_8923
平田コーチがモデルとなり、データ収集。
写真はライブモードで打球フォームも同時に撮影しているところ。

データはこのように表示される。
IMG_8925
ストローク、ボレーのフォアハンド、バックハンド、
そしてサービス、スマッシュの打球比率が分かる。

さらに画面を開いて行くと、各ショットの打球ゾーンや
スイングスピード、ボールスピードが表示される。
IMG_8926

各ショットのデータは打球動画と同時も表示可能。
IMG_8919
この画面、平田コーチのヒットポイントはフレーム上部になっているが、
一貫してこのエリアで打球しているので、ミスヒットではないことが分かる。
トップ気味で打つプレーヤーが多いことを裏付ける結果である。

その他、ボールの回転量など、多くのデータが表示されるが、
問題はここから何を読み取り、どう活かすかということ。

数値データを読み上げるだけではコーチではない。
そこから問題点を読み取り、方向性を出し、
それぞれの選手に当てはめて具体的な練習に落とし込んで
はじめてこのシステムが稼働したことになるのだと思う。

素晴らしいシステムも使い手次第ということ。
ワタクシたちも頭を振り絞って活用法を考えていきたい。

 

ちなみにこのセンサー、ヨネックスの対応機種のみ使用可能。
対応機種はグリップエンドのキャップが外すと、
センサーはめ込みホールが現れる。

専用にエンドキャップがついていなくとも、ヨネックスで交換可能。
部品代込みでおおよそ2,000円である、

注意しなければいけないのは、対応機種以外では使えないこと。
仮にエンドキャップを付け替えても、センサーには対応機種以外の
フレームデータが書き込まれていないため、正確な数値は出ないのだそうだ。

各ラケットの固有振動数やフレックス等々がベースデータとして
入力されていればこそのデータなんだそうだ。
なるほどねぇ。

これからもう少し対象が広がると面白いのにと思うのだが、
今後、ヨネックス以外のフレームに対応するかどうかは
まだ未定だそうだ。

個人的にはオープン化を強く望みたい。
あとはこっちのアイデアと努力だなぁ。
みんなで考えよう!

カテゴリー: テニス用品, ファミリー, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。