日別アーカイブ:

台風とか、拓郎とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

すごい台風だった。
出勤時を直撃ながら、何と電車は間引きながら動いている。
仕方が無いので出勤。

新宿についたら、雨も風もいっそう強くなっていた。
IMG_0127

傘の中に雨が降って来た。
どうやらどこかから雨漏りしているらしい。
ポタポタ、そしてツーっと肩に雨が。
意味ないぞ。

今週末も台風予報。
大事になりませんように。

 

さて、先日のこと、吉田拓郎のライブを観た。
先日、WOWOWで放映された最新のライブを見逃していたのを
オンデマンドで観ることが出来た。

このオンデマンドってシステム、
最初のころはあまりメリットを感じなかったが、
何と時間が無い今日この頃は、とても便利。

しかも、PCでもiPadでもiPhoneでも
観ることが出来るなんて夢のような話である。
素晴らしいよ、WOWOWさん。

ということで、拓朗ライブ。

実は少々というか、かなりショックだった。
拓郎の老けっぷりにである。

肺ガン手術を乗り越え、療養していたことはもちろん知っている。
復帰後のラジオ番組も聴いた。
声は少し枯れていたが、相変わらずの拓郎節だった。

しかし、ステージに現れた拓郎を見て驚いた。
姿勢、表情ともにやはりやつれていた。
昔から大好きな拓郎がおじいさんに見えたというか、
枯れかけているように見えて仕方なかった。

それでもライブを最後まで見た。
何とも言えない思いが残った。
あの頃の「拓郎ちゃん」を望んではいけないのは分かる。
拓郎もも68歳、立派な老人である。

でも「イメージの詩」は名曲だ。
1970年の曲だから、もう44年前なのか。
うーん、なんか書いていて寂しくなって来たぞ。

そんなわけで、昔読んだ拓郎の本を買ってみた。

山本コータローが書き下ろした「誰も知らなかった吉田拓郎」
IMG_0134
今思えば、この頃から山本コータローの
カルチャー的な才能が開き始めていたのかも。
(岬めぐりは名曲です)

そして「気ままな絵日記」
IMG_0135
これは拓郎著である。

どんな内容だったかよく憶えていないので、読むのが楽しみ。
拓郎よ、永遠に!

カテゴリー: 仕事, 読書, 音楽 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。