ピッチャーとか、懐かしラケットとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

コメダ珈琲で出てくるミルクピッチャー。
IMG_9995
最近はパック式のコーヒーフレッシュが主流で
こういうミルクピッチャーを見ることは少なくなった。

中学、高校の頃、喫茶店ににいけば、
かならずこういうミルクピッチャーが出てきたものだ。
って、喫茶店に行ってたのかって話だけど。

このピッチャーを学生カバンにアクセサリーとして
ぶら下げるのが流行っていたような記憶も。

あれって、喫茶店から持ってきちゃってたのかな。
今思えば、なんてことをってところだ。
いや、ワタクシは着けてなかった。
もっぱらカフェオレ一本やりだったし。
(って、喫茶店に行くなよ)

ああ、懐かしい。

 

さて、ネオインドアテニススクール西新井のコーチ室で遭遇。
IMG_0016

ヨネックスのウッドラケット、Lady Flexである。
IMG_0012

ヨネックスといえば、ウッド素材全盛の時代に
グラスファイバーモデルを投入したり、
ウッドでもグラスっぽい素材でサンドイッチ構造にしたり
かなり先鋭的なメーカーだった。

ワタクシも名機、カーボネックスを使っていた時期もあったが、
あの頃のラケットにしては、フレームがが薄い割に
剛性が高いラケットだったような気がする。

ただ、その剛性の高さ故にか、やたらと折れたり、
ヒビが入ったのもカーボネックスだったっけ。
でも、いいラケットだったなぁ。

あと、グラフレックスというグラスファイバーのモデルもあった。
これは使ったことはないが、よく練習を見てくれたおじさんが
使っていたのを憶えている。

ワタクシたちが誰も使わなかったのは
そのおじさんのイメージが強かったからかもしれない。
やっぱりラケットって使っている人のイメージも大事だね。
(って、失礼か)

このLady Flexはオールウッドモデル。
IMG_0013
シャフト部の構造は、少しカワサキ・オールマンぽかったりもする。

フェイスは非常にオーソドクス。
IMG_0014
装飾も少なめでシンプルなデザインである。

日本企業らしく、非常に丁寧なつくり。
IMG_0015

エンドキャップのロゴは当然、旧タイプ。
IMG_0017

モデル名からして女性向けのラケットだったのだろう。
ワタクシ、ほとんどこのモデルの記憶がない。

名前からして、けっこう売れたっぽいラケットである。
しかし、このラケット、グリップテープも新品が巻いてあったけど、
ネオインドア西新井のコーチたちはどう使っているのだろう。

今度、教えてもらおうっと。


カテゴリー: テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。