月別アーカイブ: 2014年11月

合格とか、ヘラ研とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某日、高島平インドアテニスクラブへ。
コーチテストの立会いである。

この日の正テスターはホンザワコーチ。
ワタクシはエグチコーチのテスター研修である。
IMG_0754
ホンザワコーチの厳しくも温かい目。
そして後ろで重ねて採点するエグチコーチ。

さらに後方から生暖かく見守るワタクシ。
さぞややりにくかったことだろう。(ごめん)

結果は見事に合格。
IMG_0755
なかなかの高得点だった。
受ける側も採点する側も、研修者もよく頑張った。

しかしここからが勝負。
クラスを担当してもさらなる精進をしてほしい。
頑張ろう!(なんで上から?)

 

さて休日、5時に家を出る。
目指すは東北道は羽生である。
IMG_0756
サービスエリアで休憩するもまだ暗い。
冬の朝っぱらから何してるんだろうと自問自答。

そして目的地に到着。
IMG_0757

のどかな田園風景の中にある管理釣り場である。
IMG_0758

この日、ワタクシは釣りデビューをする。
バス釣りは散々やっているが、人生初のヘラブナ釣りである。

師匠はレックの二大魚聖のホンザワコーチとエグチコーチ。
ヘラ初体験のワタクシに一から十まで教えてくれるそうだ。

ホンザワコーチのヘラ装備。
IMG_0759
座布団が渋いぜ。

入園料を払い入場。
IMG_0766
ちなみにこの日の入園料は会社持ち。
福利厚生で釣りをさせてくれるなんて、
なんて良い会社なのだろう。

実はボスも来る予定だったが、
業界団体の会議が入り欠席。
勝負したかったのになぁ、残念。

釣り場は結構、広い。
IMG_0760

まずはホンザワコーチによる、ここ椎の木湖の説明。
IMG_0762
湖の起こりから、湖底の様子まで細かく説明してくれる。
釣り堀の管理人みたいだな。

無数に並ぶ釣り座から良さげな場所を選ぶ。
IMG_0767

続いて、ホンザワコーチによる道具のレクチャー。

まずは、仕掛け。
IMG_0768

メッチャきれいに揃えられている。
IMG_0769
釣り人ってこうなんだよねぇ。

そしてウキ。
IMG_0770
「このウキはクジャクの羽で出来ていて、浮力が・・・云々」
なるほどよく分かりました・・多分。

ひとしきりウキのウンチクを聞かせてもらい、
いよいよスタートフィッシングかと思いきや。
IMG_0774
あ、次は竿の説明ですね。
そりゃそうだ。

しかしヘラ竿って高そうだな。
IMG_0773
バスフィッシングと違って工芸品ぽいし。

IMG_0776
「これ持ってみ。分かる?」

「わ・・分かります」(なんとなく)

「ほら、こっちと比べるとしなりっていうか粘りが違うだろ」

「おっ、ホントだ」(バスやってるからそれくらいはね)

藤のツルを巻いたグリップやら、
IMG_0775

漆塗りのグリップやら、
IMG_0777
もしかして全部説明してくれるのだろうか。
(釣りはいつ始められるのか?)

「竿って1本じゃ足りないんすか?」

「無理だね。バスだってそうでしょ?」

「確かに」

それにしてもおそらく1本二桁万円するであろう竿を
これだけ持ってるって、まさに釣りバカだなぁ。

ホンザワさん、そろそろ釣りませんか?

カテゴリー: テニス, 仕事, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ラーメンとか、ニュー SPEED REVPROインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

とある日のお昼ゴハン。
いつものコンビニに飽きたので、今日はスーパーへ。
(あまり変わらないけど)

安かったので何となく買ったカップ麺。
IMG_0837
よく見たら幸楽苑のラーメンだった。

食べてビックリ。
本当に幸楽苑も味だった。
当たり前だけど。

それにしても、幸楽苑の味が分かるワタクシも
どこまで庶民派なんだって感じである。
あ、涙が・・・

 

さて、HEADから発売されたSPEEDシリーズ。

これまでインプレを書いてきたが、最後は
前モデルでワタクシも使用していたREVPROである。
IMG_0612

GrapheneXT SPEED REVPRO
IMG_0607
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.4インチ
■フレーム厚:25-22.5-24mm
■ウエイト:265g
■バランス:340mm
■ストリング:16×19または16×16
■グリップサイズ:1・2
■価格:34,000円

ヘッドのニューテクノロジーであるグラフィンによる
極バランスを最大限に生かしたモデルがこのREVPROだ。

グロメットはASP。
IMG_0593

黒グロメット(16×19)
IMG_0615

黄グロメット(16×16)
IMG_0610
MPAと同じく、16×19または16×16の2タイプを選べる。

今回もストリングはHEAD LYNXを47ポンドで張り上げた。
IMG_0616

早速試打。

飛ぶね。
そして楽。

ビームに若干のテーパーがあることも大きいのだろうか。
弾く感覚がより強いように思う。

そして、0,4インチロングにも関わらず、
取り回しの違和感はまったく無い。
このあたりは極バランスの完成度の高さなのかも。

ちなみに、試打ラケットが届いた時、
我が家の長男は持った瞬間に
「これ、ちょっと長い?」と言った。

一方、ワタクシはまったく気づかなかった。
高校テニス部に感覚で負け、少しヘコんだのはヒミツだ。

この手の軽量ラケットは、フェイストップ部で
ボールを捉えた時の剛性に不安が残ることが多いが、
このREVPROは不快なビビリも無く、フェイスが負ける感じもない。

このフェイス上部の剛性感はプレーするうえで非常に重要。
サービスやスピン量を増やしたいグランドストロークでの安心感は大きい。

スピン系は潰してかける感じよりも、
軽量フレームを生かして鋭く振り切って
引っ掛けるイメージで打つのが良いかも。

正直、相手からの強い打球を潰すよりは
スイングスピード勝負のほうが特徴を活かせるような気がした。

サービスはヘッドの周りが遅いような気がした。
MPなどと比べると、自然にヘッドが回ってくる感じは少ない。

これはフレームの自重によるものなのだろうか。
ただし、軽い分、自分から意図的にリストを使って
ヘッドを鋭く回すことが可能なので、
良いボールが行かないわけではない。

良く言えば、よりコントローラブルというか、
自分のスイングイメージを伝えやすいということだろう。

唯一の不満は、バックハンドスライスの伸びが悪いこと。
鋭く振り切るショットではない分、フレームのウエイトで
乗せていくイメージが希薄であった。

このショットのみ、打ち方のアジャストが仕切れずに
低く滑るというよりは、いったん吹け上がるような
イメージのままに終わってしまった。
(相手がどう感じたかは分からないが)

ストリングパターンによる違いはMPAと同じ。
16×16はより引っ掛かりが強調され、
16×19は面安定性が感じられる。

ワタクシ的には16×16でキレ良く引っ掛けるのが良いと思う。
ただし、ストリングのテンションが低すぎると
コントロール不能のじゃじゃ馬になるので注意が必要だ。

今回のREVPROは前モデルと少し違う。
極バランスだけでなく、よりパワーを出す方向に
舵を切ったような印象を受けた。

重いラケットを振り回すのは厳しいが、
パワーを維持しつつ、キレの良いショットで
主導権を握りたいプレーヤーにオススメである。

もちろん、振れる人はMPやMPAで良いと思う。
REVPROは高性能のライトウエイトスポーツカーみたいな印象だった。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

モーニングとか、処分とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日の朝、妻とモーニング珈琲。
IMG_0831
最近オープンしたらしい星乃珈琲店である。

先日、コメダ珈琲には入ってみたが、星乃珈琲は初めて。
店の前のメニューを見ると、コメダ珈琲と同じようなコンセプトらしい。
HPを見てみたら、ここってドトールの新業態なのね。
コメダのヒットを追いかけたってところだろうか。

店内は適度な和風テイストの落ち着いた雰囲気。
IMG_0826

コーヒーはドリップ式で美味しい。
IMG_0827
半額でお代わりもできるらしい。

モーニングセットのフレンチトースト。
IMG_0829
安いし、まあ美味しい。

休日の朝にちょっとゆっくりするのには良いかも。
一時期、どこに行ってもスタバだらけだったけど、
こういうコンセプトのお店が並びたつのもいいね。

ただ、この店、そんなに近くはないんだよね。
車じゃないと行けないくらい。
現実的には、自宅から徒歩10秒のコロラドかな。

 

さて、「書を捨て街に出よう」と言ったのは寺山修司だが、
「服を捨て、クローゼットを空けて」と言ったのは妻である。

実はワタクシ、12歳児の部屋のクローゼットを丸々使い、
隣の部屋のウォークインクローゼットも半分占領し、
極め付けに、玄関の靴箱を半分以上埋めているという、
我が家はあなたの専用倉庫ではありませんと言われても仕方ない占有率。

そのほとんどは、出番のないものだったりするもんだから、
断捨離タイプの妻から、「使わないものは捨てるべし」
との指令が出た。

ということで、クローゼットをひっくり返す。
出るわ出るわ、Tシャツやらテニスウェアやら。
しかも新品未開封のものも多数。
いったいどうするつもりなのかと聞かれたら
答えようがない状況である。

思い切って、半分以上捨てる。
IMG_0832
気に入っていたマクドナルドロゴのTシャツも、
ヤマハの音叉マークのTシャツも、
ヘタってきたものはすべて処分する。

加えて、ウォークインクローゼットの上着系も処分。
Schottの革ジャン(Type-A2)もMA-1も、
ナイキのエアジョーダンスタジャンもCarhartのカバーオールも
思い切って処分である。(ちょっと涙)

さらに別の部屋のクローゼット上段を見たら、
ツアーケースが何枚も置いてあった。
IMG_0836
新品で袋に入ったままのものも数枚あったりして
これまた新品のラケットのストックを合わせると
ちょっとしたテニスショップが開けるんじゃないかってほど。
(ストリングマシンもあるしね)

結局、20Lのゴミ袋8個くらいの量を処分した。
仕事場では「スペースもコストですから」と言ってる割には
この溜め込みぶりは面目無いって感じである。

「ふう、すっきりしたぜ」と悦に入っていると、
「大量の靴たちはどうする?」と妻が一言。

あ、まだ靴があったっけ。

でも、ヘタっても取っておきたいのってあるじゃない。
Brooksのジョギングシューズとか、Patrickのスニーカーとか、
オニツカタイガーのバスケットしゅーずとか、
AirMaxとかAirJORDANとか、adidas Countryとかさぁ。

わかるかなぁ、この価値?
ワカンネえだろうなぁ・・・(松鶴家千とせ風に)

年内には少し頑張ることにしよう。
少々お待ちを。

カテゴリー: ファミリー, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

電飾とか、空っぽとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

新宿サザンテラスのイルミネーション。
IMG_0749
この写真だとうまく伝わらないが、毎年この一帯はいい感じになる。

今年もたくさんのカップルが自撮りをしている。
その横を足を引きずりながら歩くワタクシ。
なんだかとても歳をとった気分である。
負けるな、オレ。

 

さて、ボート整備を終えたはいいが、
冷たい風が強めに吹き始めたうえに、
先に釣りに出いる仲間から「釣れないっすよ」と
Facebook経由でメッセージ。

すでに心が折れかけていたのだが、
今日ここに来たのは、日常の煩わしさを忘れて
しばし頭と心を空っぽにするため。

ということで、少しでも釣りをすることにした。
IMG_0722

久しぶりにボートを降ろす。
IMG_0726

エレクトリックモーターを操作していて、
前回のトーナメントから何故かパワーが出ないことを思い出す。

ボート屋のアキラさんに「エレキ、弱弱なんすよね」と言うと、
「バッテリーじゃねえのか?これ当ててみ」とテスターを借りる。
IMG_0725
片方のバッテリーが空っぽというか、ご臨終だった。
そりゃ、バッテリー1本じゃパワーも出ないわ。
どうして気づかなかったんだろう。

ということで、アキラさんにバッテリーを借りる。
普通にパワーを出すエレキ。
ああ、バッテリー買わなきゃ。

頭を空っぽにしようと思ったのに
ガソリンとバッテリーが空っぽだった。
ついでにこれで財布も空っぽになるなぁ。(涙)

そして問題のエンジン。
さて、掛かるかな。

祈るような気持ちでイグニッションをひねる。
キュルルル・・・ブボン!
一発で掛かった!
素晴らしいミラクル。

 

とりあえず借りたバッテリーでスタート。
IMG_0729

風が強くなってきたので、小さな川筋を目指す。
IMG_0731
冬は一段と水がきれいだな。
魚がいないのもよく見える。(泣)

しばらく葦際にルアーを打ち続けるもまったく反応がない。
こりゃダメだってことで、川から出る。

先に出ていたNさんも川から出てきた。
さっき奥にいたのはNさんだったのね。
IMG_0734

「どうすっか?」

「全然ダメです」

やっぱりかぁ。

それではと、冬場の定番、橋脚周りを攻めることに。
IMG_0736
ここは水深もあって、底には昔の橋脚跡があり、魚がつきやすい。(らしい)
昔は「とりあえずここで1本」というメジャーポイントだったが、
最近は魚も頭が良くなったのか、そう簡単には釣れてくれない。

手を替え品を替え、しばらく粘るもノーバイト。
この水系にブラックバスはいないのだ、きっと。
IMG_0739

結局、釣果も空っぽという、空っぽづくしの一日だった。
まあ、でもいい気分転換になったかな。

年内、あと何回かは釣りに行こう。
ボートのエンジンも整備してもらわなきゃな。

カテゴリー: 街歩き, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

鍼とか、GrapheneXT SPEED MPA打ち比べとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

未だ足の痛みは消えず。
少しずつ、ほんの少しずつ良くなっているような気はするが、
走れず、歩けずの状態に焦りを感じる今日この頃である。

脛には鍼が入ったままなのだが、
注射がとても苦手なワタクシにとっては、
鍼が入っている状態そのものが耐え難い。

ということで、鍼を抜くことにした。
IMG_0814
こんな小さな鍼が4つだけなのだが、
やっぱり気になって仕方がないので、
ごめんなさいである。

しかし、鍼って効くのかな。
あと漢方薬も。
どうもこの手の治療法は実感に乏しくて。

とにかく、早く動き回れるようになりたいものだ。

 

さて、HEADの新製品、GraphenXT SPEEDである。

前回はMPとMPAの16×19を比較したのだが、
今回は同じMPAの16×19と16×19を比較してみた。

HEAD GraphenXT SPEED MPA
IMG_0618

IMG_0631
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■ストリング:16×19または16×16
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:34,000円

フレームサイドのグロメットを付け替えることで
クロスストリングパターンを16×19または16×16に
変えることができる。
IMG_0593

IMG_0632

16×16
IMG_0619

IMG_0622

16×19
IMG_0625

IMG_0628
ストリングはどちらもHEAD LYNXを47ポンドで張り上げた。

打ち比べてみた。

コントロールの16×19、スピンの16×16という謳い文句は明確に感じ取れた。
打球感は明らかに別物になるようだ。
ただし、SPEEDとしての感触は残したままでのことである。

前回のMPとMPAの打ち比べで書いた通り、
MPAの若干硬質で乾いた打球感はそのままに
16×19はフェイスの剛性が保たれ、
今風の打球の飛び出し感を強く感じられた。

フェイスが暴れないという安心感は
少し硬いかなと感じる部分を持ってでも
この16×19の大きなメリットであると思う。

しっかりした打球感は、フルスイング時のボールの潰し感にもつながる。
イージーにボールを飛ばすだけでなく、しっかり自分の打球にしてから
相手コートにショットを突き刺すイメージで打てるのが16×19の特徴である。

対して、16×16はソフトとまではいかないが、
フェイスがボールをホールドしてくれるのを感じることが出来る。
いったん、ストリングがボールを掴み、押し出してくれるのは
パワーアシストという意味でも、16×16の大きなメリットであろう。

今回は比較のために同一テンションでストリンギングしたが、
一人のプレーヤーがストリングパターンを2種類試しつつも
双方を誓い感触で使いこなすには、16×16の方を
若干強めに張り上げることが必要ではないかと思う。

16×16を通常のストリングパターンと同じテンションで張ると
少しフェイスが暴れるので違和感があるかもしれないので注意である。

やはり、引っ掛かりを感じる分、スピンにはメリットが大きい。
特にグランドストロークは、振っても振ってもベースライン内に
打球がググッと収まってくれるので、思い切ったスイングが出来そうだ。

サービスのキレも良い。
フラット系は今ひとつだが、回転系のサービスは
ボールのフェルトを引き千切るような感触でスピンがかかる。

一方、16×19はしっかりボールを潰して回転をかけてくれるのと、
何よりフラット系で厚く当てた時のしっかり感は素晴らしい。

結局は、引っ掛かりの16×16、潰しの16×19、
どちらの感触が好きかということになるのだろう。

私は断然、16×19派であった。
そもそもスピン量は多いほうなので、
これ以上のスピンよりも、フェイス剛性を高めて
安定性を増すという方を取りたいのだ。

しかし、パワーに若干自信がない方や、
スピン系のショットを中心にしたい方には16×16がオススメ。
腕にも優しいし、フレームのパワーアシストも得られるだろう。

このASPシステム。
初めて見たときは、キワモノ的な印象もあったが、
実際のところは、一粒で二度美味しい、
メリット大がシステムなのであった。

今回、ワタクシのワガママ試打に付き合ってくれた二人。
IMG_0641
厚木校の大道寺コーチと橋本校の前田コーチ。
ありがとね。

カテゴリー: インプレ, テニス用品 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

優勝!とか、整備とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

ダンロップ・スリクソン・ワールドチャレンジ2014(愛知県豊田市)において、
穂積絵莉プロが二宮選手とのダブルスで優勝した。

決勝戦の相手は、青山選手・波形選手ペア。
昨年の全日本選手権決勝の再現となった。

全日本では幸先の良い出だしを生かし切れずに
準優勝に留まったが、今回は6-3,7-5で見事勝利。

IMG_0823

この若い二人のペアは荒削りな部分も多いような気もするが、
穂積選手の重いショットと二宮選手の切れの良いハードヒットが
うまく噛み合った思い切りの良さは強みだと思う。
1年ぶりに組んだとのことだが、これから見る機会も増えるかもしれない。

決勝進出のため急遽、豊田入りした梅田コーチも
この優勝は嬉しかったと思う。

この後、穂積プロは、中国深圳で開催される
全豪オープン本戦ワイルドカード大会に出場する。
(ダブルスは二宮選手と組むそうだ)

この勢いで、全豪オープンの出場権ももぎ取ってきて欲しい。
頑張れ、エリ!

 

さて、まともに出場出来ないままに終わってしまった
ワタクシのトーナメントシーズン。
(あ、釣りのトーナメントね)

まあ、トーナメントが終わっても、魚も湖も逃げるわけでなし、
とりあえずは騙し騙しな感じだったボートを整備することにした。
IMG_0691
毎回、「久しぶり!」って言ってる気がする。
ごめんよ。

まずはロッド(竿)を留めるベルトを交換する。

フロントデッキの左側。
IMG_0692

シートの横。
IMG_0695

フロントデッキ右側。
IMG_0694
あっ!ここってボディ埋め込み式じゃなかったのか。
間違っちゃった。
ここは次回だなぁ。

壊れたベルトを外し、新しいものに交換。
IMG_0697

しかし新しいベルトのベースが入らない。
思い切り押し込んでもダメ。
おかしいなぁ、同じもののはずなのに。

と、よく見たら径が微妙に違っていた。
IMG_0698

仕方がないので、ボディ側の穴を広げることに。
IMG_0699
ヤスリでシコシコと削る。
地味な作業に心が折れそうになる。

でようやく装着完了・・・ではなかった。
注文したベルトの長さが違ったらしく、
フックをかけるところをズラさなければいけなくなった。

今度はボディからフック受けを外して、別の場所へ。
ネジ穴が切っていないので、全然ビスが入っていかない。
IMG_0704
あれこれと手持ちの工具を駆使してなんとか完了。

ボートの上はしっちゃかめっちゃか。
IMG_0705

そして次はプロペラシャフトのゴミ取り。
IMG_0706
プロペラは水中で異物を巻き込んでしまうと
防水シールドが傷ついてトラブルの元になるのだ。

実はこのプロペラ、10万円オーバーと高い。
そんな高価なものがボルト一つでくっついているわけで
盗まれた日には泣くに泣けない。

ということで、プロペラにロックをかけていて
この特殊なネジをかまさないと、ナットが回らない仕組みなのだ。
IMG_0708

ペラの上部に板を挟んで回らないようにして外す。
IMG_0710
以前、素手でこの作業をして、手を滑らせて
骨が見えるんじゃないかってほどにざっくり指を切ったことがある。
それ以来、作業は革手袋をしてとても慎重に行うようにしている。

ペラを外し、シャフトを確認。
IMG_0711
やはりヒシ藻の茎が絡みまくっていた。
釣り糸は絡んでいなかったのでひと安心だけど。

ということで、今日はここまで。
IMG_0718

疲れたので、隣の会長艇をボンヤリ眺める。
IMG_0717
でかくていいなぁ。
速そうだし。

さて、せっかくだから釣りでもしようかな。
IMG_0716
でも、ガソリンもあんまり入ってないなぁ。

仲間からはFacebookで「釣れてないっすよ」って情報が入ってきたし。
さてどうしますかね。

カテゴリー: テニス, 仕事, 釣り | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

別格とか、診療とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

新製品のサンプルをいただいた。
IMG_0747
電車の中吊りや街の広告看板でも最近よく見かける
キリンさんの「別格」である。
いかにも莫大な宣伝費が掛かっていそうな商品だ。

ボスによると「高いだけはあったよ」とのこと。
ワタクシも1本いただいてみよう。

コーヒーは微糖タイプらしい。
どうせならブラックで出して欲しかったな。
砂糖入りコーヒーはあまり得意じゃないのだ。

 

さて、足の痛みはおさまるどころか増すばかり。
病院に行こうと、妻に相談。

「やっぱり病院に行くわ」

「そんなに痛いの?」

「ガマン強いボクが病院に行くって言ってるくらい痛い」

「どこに行く?」(ガマン強いにはスルー)

「K整形に行こうと思うんだけど。近いし」

「あそこ、おじいちゃん先生だからなぁ。T整形にしたら」

「遠いじゃん」

「車で行けば?K整形だって車でしょ?」

「いや、自転車で行くつもりだったけど」

「なんで足痛いのに自転車?車で行きなよ」

「停める場所探してウロウロするの嫌いなんだよ」

「T整形、駐車場あるよ」

「でも、人気病院は診察まで待つでしょ。人気より時間短縮をとるよ」

「どうぞ、お好きに」

 

ということで、自転車を漕いでK整形に。

待合室はお年寄りで溢れていた。
結構、人気あるじゃないか。

仕事カバンを持って入ると、おばあちゃんが
「重そうなカバンねぇ。若いから大丈夫なのねぇ」って、
ここではワタクシは若者に分類されるらしい。(苦笑)

毒蝮三太夫ばりに「バアさん、いつまで生きるんだい?」
と聞くこともなく、曖昧な笑顔でおとなしく順番を待つ。

ようやく呼ばれ、診察室に。
確かにおじいちゃん先生だ。

「どうしました」

「すねが痛いです」

「何かした?」

「走ったり、歩いたり、テニスしたりです」

「動かないといられないんだね」

「いえ、そういうわけでは」

「じゃ、ベッドで足揃えて」

触診。

「骨膜と筋膜のつなぎ目が炎症を起こしてるね。
運動しすぎで悲鳴をあげてるってとこかな」

「あのー、先生、骨は?」

「まれに疲労骨折もあるけど、大丈夫じゃないかな」

「いや、いちおうレントゲン撮ってもらえませんか」

「そう?じゃあ、撮りますか。その前に鍼打ちますね」

「えっ?!鍼?」

「ん?鍼初めて?」

「はい。鍼はちょっと」

「こんな鍼だよ。じゃいくね」

有無を言わさず鍼を埋め込まれる。

そのままレントゲン室へ。
写真が出来上がった。

「ほら、骨は大丈夫」

「はぁ。鍼はいつまで?」

「2週間くらいは入れっぱなしで」

「2週間も鍼を入れておけと?」

「違和感があったら抜いていいですよ」

そのまま電気治療へ。
IMG_0750

最後に再度問診。

「しばらく安静にね」

「安静とは?」

「歩かないことだね」

「無理です。仕事もあるし」

「仕事何?」

「テニススクールの運営とか?」

「あらら、それは大変だ」

「いや、でもコートには立たないので」

「テニスも錦織選手で盛り上がっているから大変でしょ。
僕も昔テニスしたことがあったんだけどね、
なかなか真ん中にボールが当たらなくてね。
何が原因かすごく不思議だったんだけど
利き目の視力に原因があるって気づいてね・・・」

暫し、おじいちゃん先生のテニス談義に付き合う羽目に・・・。
他に患者さん、たくさんいるのにいいのかな。

骨に異常がなかったのはひと安心だが、
しばらく痛みは変わらなそうだ。
IMG_0752
歩くのも辛いのは今日も変わらない。
まいったなぁ・・

カテゴリー: 仕事, 食べ物 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

Wilsonニューモデル試打とか、痛いとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

某日、会議&研修会とぎゅうぎゅう詰めの一日。
そして最後に試打会が開催された。
IMG_0743
打たせていただいたのは、Wのあれとこれ。
まだ解禁前なので引き画像&ぼかし入りである。

ワタクシもブツは見ていたが、打ったのは初めて。
なるほど、あれがこんな風に進化するわけね。

個人的には、Bの98の細かいのが気に入った。
しなりとボールの潰し感が最高に良かった。
やっぱりボックスフレームが好きなのだなと実感。

なんて気を使っていたら、WilsonのBこと
新しいBLADEは情報解禁になっていた。

とりあえず、画像をアップしておく。
IMG_0438
IMG_0471

IMG_0439
IMG_0476

IMG_0440

IMG_0468

IMG_0441

相変わらずの良い出来上がり。
インプレは近々書いてみようと思う。

もう一つの錦織圭使用モデルのシリーズは
情報解禁が12月20日ということなのだが、
昨日、すでに圭本人の記者会見で実物が発表されている。

スペックなど詳細はまだ書けないが、
デザインが見たい方はググってみて欲しい。
なかなかのスピードモデルってことだけ言っておこう。

終了後にG社から依頼のプロトタイプのストリングを試打
ソフト感にこだわったとのことだが、腰が無いわけでもなく
ハードヒットにも耐えられそうな打球感。

硬式テニスの方では初めて採用の構造らしいが、
耐久性さえ問題なければ、そのままいけそうな出来だった。
どんな形に発展するかは全く未定だが、アリかなと思った。

最後はいつもの通り、打ち上げ。
IMG_0745
(右奥のDRKさんの顔が「梅干し食べてスッパマン」みたいだ)
このところ、都合が合わなかったり、お酒を控えていることもあり、
打ち上げ参加は久しぶり。

今回もお酒はほどほどにしておいた。

 

さて、そんなわけで、しばらくぶりに
ボールをバカバカとバカみたいに打った。

やっぱりテニスは楽しいなぁといい気になっていたら、
いきなりそんなことをしたツケがやってきた。

実はここ1ヶ月ほどお酒を止めている。

ストイックに「絶対飲まん!」ということではなく、
自ら進んで飲まないというレベルなので、
禁酒ではなく、節酒という感じである。

理由は簡単。
「飲まないとどうなるのだろう」と思っただけなのだ。

最初の1週間くらいは、夕方になると
「ビール飲みたいなぁ」と思ったが、
その後は飲まずとも全然平気になった。

この1ヶ月で飲んだのは、付き合いで生ビール2杯と日本酒1杯だけ。
この酒量はこの数年で奇跡的に少ない。
いかに習慣的に飲んでいたかということである。

加えて、日課のランニングだけでなく、
ウォーキングを増やしてみた。

朝、2駅前の渋谷で降り、会社まで4km弱歩く。
帰りも時間があれば、最寄駅の2駅前で降り、
7kmちょっとを歩いて帰る。

そして、徐々にエスカレートし、
帰りは10kmを歩くようになった。

効果はてきめん。
体重も3kg落ち、ウエストも緩くなった。
お酒も飲んでいないので、朝もスッキリである。

こりゃ、面白いぞとエスカレートするのがワタクシの悪いところ。
ウォーキングを10kmから12km目標に。
スポーツクラブでのランニングも1,5倍に増やした。

 

と、ある日、突然、左足のすねに激痛が。
それでもスポーツクラブで1時間走ると、
午後には歩くのも辛くなった。

ちょっとやりすぎたかなと思ったが、
回復するだろうと軽く見ていた。

次の朝、痛みが和らいでいたので、
先の通り、調子に乗ってバカバカとテニスをした。

帰り道、数百メートルの距離を足が痛くて歩けない。
なんとか帰宅。

「足 すね 痛み」とググってみる。
疑われるのは「シンスプリント」なる症状。
ようはオーバーワークと走るフォームが悪いことで
発症する痛みらしい。

次の日、痛みはさらに増す。
ボスから「それ、疲労骨折じゃないの?」と言われ不安になる。

確かにふくらはぎ側は筋肉が多いが、すね側はほとんど骨だし。
生まれてこのかた骨を折ったこともヒビが入ったこともない。
この歳で疲労骨折か?

人間に自然治癒力を信じるワタクシだが(単に病院に行きたくないだけ)、
痛みが耐えられないレベルというか、歩くにも難儀するレベルになったので
病院に行く決心をしたのだった。

いやぁ、それにしても痛いぜ。

カテゴリー: ランニング, 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

100円メガネとか、SPEED MP/MPAインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

メガネを忘れた。
気合いで資料を読むもメッチャ目が疲れる。

某協会の会議に出席しつつ、こりゃもう、
新しいのを1本つくりにいくしかないなと思っていた。

が、Z公園テニスクラブオーナーのテルちゃんが
「もったいないっすよ。一日だけなら100円ショップでいいでしょ」
というので、ナイスアイデアってことでダイソーへ。

IMG_0746

とりあえず文字は読める。
ただいかにも100円クオリティ。

フレーム剛性が低すぎてすぐにずれる。
加えて、フレームが小さいので
手元とPCの画面を行ったり来たりすると
レンズ越しにものを見ることが出来ない。

作業効率ガタ落ちの試練の一日だった。

帰宅しメガネを探すもどこにもない。
パーカーのポケットに入れたまま洗濯に出したと思ったのだが、
どこにも無いのだ。

買ったばかりだったんだけどなぁ。
電車で居眠りしている間に無くしたのかな。
ああ、もったいない。

 

さて、夜中まで掛かって張り上げた新しいHEAD SPEED。
IMG_0598

まずは基本スペックのMPを試打しつつ、
新テクノロジーのMPAと比較することにした。

HEAD GraphenXT SPEED MP
IMG_0601
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■ストリング:16×19
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:33,000円

今回のシリーズのスタンダードモデル。
(と、勝手に思っている)

グラフィネクスト搭載により、さらに極バランスフレームになった。
IMG_0605

IMG_0600

コスメは一新。
IMG_0602

ビーム(厚み)もフラットでワタクシ好みである。
IMG_0603

もうひとつのMPAもあわせて紹介。
IMG_0624

 

HEAD GraphenXT SPEED MPA
IMG_0625
■フェイスサイズ:100平方インチ
■ラケット長:27.0インチ
■フレーム厚:22mm
■ウエイト:300g
■バランス:320mm
■ストリング:16×19または16×16
■グリップサイズ:2・3・4
■価格:34,000円

グロメット交換によるストリングパターン変更が出来る
ASP(ADAPTIVE STRING PATTERN)の分、1,000円高い。
IMG_0593

IMG_0594

MPとの比較のため、黒グロメットの16×19で張り上げた。
IMG_0628

ストリングはHEAD LYNX。
IMG_0595
個人的にはいつも使っているSONIC PROが好みなのだが、
HEADさんからの指定なので、若干カンカンするなぁと思いつつ
LYNXを張り上げた。
色味的にはいい感じだけどね。

 

MPとMPAの大きな違いはここ。

MP
IMG_0603

MPA
IMG_0627

MPはグロメットにメイン、クロスのストリング両方が入るが
MPAは単独で1本ずつのグロメットと、本数は同じながらパターンが違うのだ。

 

まずはMPから打ってみる。

飛ぶね。
そして喰う。

ボールを潰す感触もありつつも、
球離れが良くなった気がした。
フレーム剛性が上がったのかな。

デザイン的には随分と印象が変わったが、
確実な進化を感じつつも、これまでのSPEEDからの
乗り換えでも大きな違和感はないだろう。

フラット系で潰す、スピン系でこする。
どちらもしっかりした打球感でボールを飛ばせる。
バックハンドスライスもしっかり乗せて押し込める印象である。
やはりMPが(ワタクシ的に)スタンダードなのかなと感じた。

サービスはキレイにヘッドが回ってくれる。
自然なスイングで意識せずともヘッドが走るのは
良いサービスを打つためには大きな助けになるだろう。

スライス系のサービスもキレが良い。
なぜかサービスは潰す感じよりも、ビシュ!と切れる感触。
フェイス上部で打つからなのかもしれないけど。

ということで、フェイス上部でヒットしても
不快な振動やブレがない。
これがグラフィネクストの極バランスの恩恵なのかも。

 

そんなわけで、MPAである。

スペックは同じ、ストリングパターンも同じだが、
感触は確実に違うものである。

MPよりも少し乾いた感触というか、くわえる感じよりも、
飛び方向のフィーリングが強い気がした。

キレの良さを感じつつ、少しずつペースを上げる。
やはりMPよりも球離れが良い気がする。く好みだろう。

同じスペックなのにどうして感触が違うのか。

これはワタクシの想像だが・・・
ASP搭載のためにフェイス3時と9時位置に
グロメットホールが余計に空いている分、
フェイスサイドの剛性を上げていて、
そのため、少し硬いフィーリングになっているのでは。
(あくまで個人の感想です)

キレの良さを感じつつ、少しずつペースを上げる。
やはりMPよりも球離れが良い気がする。
これはどっちが良いかということではなく好みだろう。

クロスストリングを16本にしたパターンのインプレは次回に譲るが、
好みの感触を選べるメリットも大きいので、MPAという選択も
大いにありだと思う。

何れにしても、MPA(クロスストリング19本)の方が
よりシャープで速い打ち出し、つまり今風という印象だった。

サービスは自分からヘッドを回すイメージが必要。
バランススペックは同じだが、意識的にヘッドを走らせて
ボールをサービスボックスに収めることで
フラット系がより速くなった気がした。

同一スペックで2種類のモデルが出た意味合いが
ストリングパターンが選べる機能ということ以外にも
感触が微妙に誓うことでより生きているような気がする。

新シリーズとして登場したSPEED。
スタンダードなポジションを確立しつつ、確実に進化している。

現、SPEEDからの乗り換えでパワーアップを図るも良し。
同一スペックのモデルからの乗り換えでグラフィネクスト恩恵にあずかるも良し。
新SPEEDは期待通りの変化を遂げている。

ちなみに現在市場で販売されているのは、
SPEED MP,MPA,REV PROの3機種であり、
先行発売の限定数のみである。

正式な発売は来年になるので、
欲しい方は急いだ方が良いと思う。

レックテニススクールも数量限定ながら発売中。
まずは試打ラケットを手にとって欲しい。

カテゴリー: インプレ | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ぶらりとか、全国レディースとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

所用で某所へ。
初めて降り立つ駅である。
しばらく歩くと川に行き当たった。
IMG_0656
少し風が冷たいが良い天気である。

川には釣り人が。
IMG_0658
何が釣れるのだろう。

いくつか離れた駅方面に歩いてみる。
IMG_0678
昔ながらのアーケード街。
どうやら近々取り壊されるようだ。

昭和な感じの商店街である。
IMG_0674

IMG_0676
駅からそれほど遠くないと思うのだが、商売は難しいのかな。
こういう商店街、残って欲しいな。

あ、いちおう仕事です。

 

さて、女子テニスの甲子園を見に行った。
IMG_0688
全国レディーステニス大会である。

全国各地の予選を勝ち上がったチームが凌ぎを削るこの大会。
現在の女子テニスを知るうえでも外すことの出来ない機会である。

コートサイドにはたくさんの応援団。
IMG_0687
地元、東京チームの試合ということもあるのだろう。

ジャニーズばりの応援風景も。
IMG_0685

試合はどのコートも熱戦。
IMG_0680
なるほど今の女子テニスはこうなのかと
プレースタイルを研究しつつ、
その熱気に気押されつつの観戦だった。

メーカーさんとも話をしたのだが、よく知る選手も多いそうで
「普段のボールはもっと速くて、攻撃的ですよ」とのこと。
県を背負ってるプレッシャーも大きいんだろうなぁ。

ちなみに、メーカーさんのブースはかなりの販売額らしい。
日本一商品の売れる大会だとか。

色んな意味で日本のテニス界を支えている女子テニス界である。
勉強させていただきました。

カテゴリー: テニス, 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。