月別アーカイブ: 2014年12月

締めとか、締めとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

今年ももう終わり。
先日、会社の締めがあった。

午前中は会議。
今年最後の会議ってことで、予算あり、計画見直しあり、
来年の仕込みありと、かなり胃の痛くなるような時間。

毎月あるけど、進行の粗相があってはいけないと
前夜はろくに眠れないのは、今も続いている。

今回は来年に向けて、これは言っておかなければってことがたくさんあり、
ワタクシのパートが長くなってしまった。
ごめんなさい。

そんな会議もなんとか終了。

続いては、年末恒例の特別企画。
例年はコーチ同士の試合だったりするのだが、
今年はなんと、ルミネ・ザ・吉本の観覧企画。
会社の研修でお笑い鑑賞ってのがいかにもレックらしい。

ワタクシも初めて入ったフロア。
IMG_0284
今日はフットボールアワーが出るらしい。

ロビーは吉本グッズがたくさん売っている。
IMG_0285

すでにテンションが上がっているソトヤマコーチとオキコーチ。
IMG_0288

大量のチケットを手にワルイ顔のWさん。
IMG_0293
ようするに、全員アゲアゲになってたってことである。

劇場内はけっこうこじんまり。
IMG_0294
前列正面をネクタイを締めた、しかし日焼けした野郎ばかり
数十人が占拠する。
芸人さん、ひかないかが心配。

で、開演。
やっぱり生はめっちゃ面白い。
個人的には、なだぎ武がツボだった。
あの独特の芸風は他に類を見ない。

あとはプラスマイナスも面白かったが、
帰宅後、YouTubeで映像を探して見たが、
劇場ほどではなかった。
やっぱりライブの迫力ってすごいのね。

 

ひとしきり笑ったあとは納会。
IMG_0298
すごい人数が新宿栄寿しに集結。
これでも現場にいて参加出来なかった社員もいる。
こんなに大所帯だったのね。

恒例のゲームコーナー。
IMG_0299
ご覧の通り、かなり古典なゲームである。

そして古典のせんだみつお。
IMG_0306
あ、いや、これは藤沢校のジンノコーチだった。

決勝戦。
IMG_0309
代表のボスと取締役のDRKさんをピコピコハンマーで叩けるわけもなく・・・
本社チームが優勝。

しかし審判員から「パワハラにつき失格!」との判定。
埼玉チームが優勝となった。

 

最後に表彰。
これはこの一年、功績の大きかった事業所に与えられる名誉ある賞である。
皆、社長賞を目指し、一年間頑張るのだ。

優秀賞は武蔵小杉校。
IMG_0313

そして厚木校。
IMG_0314

最大の賞である、社長賞は・・
IMG_0319
ネオインドア西新井校。
今年、開業以来の最高実績を更新し続けている。
新規オープンスクールならわかるが、
開業10年になろうかというスクールで記録更新は素晴らしい。

発表を聞き、泣き崩れるソトヤマコーチ。
IMG_0321
エグチヘッドコーチもトダコーチも涙のスピーチである。

これだけのビッグスクールをたった3人で運営するには
大変な苦労があったと思う。
しかし一切文句も弱音も吐かず、頑張った3人。
本当におめでとう。

笑いあり涙ありで、今年も無事に締め。
IMG_0327
業績的にも良い一年で、ワタクシもほっとひと安心である。

みんな、お疲れさまでした。
来年もさらに前に走りましょう。

 

さて、そんな一年が終わろうとしている。

今年は40年の会社史上初となる社内組織改変があった。
ワタクシはその一部(というか半分ちょっと)を任されることになり、
プレッシャーもありつつの、やり甲斐のある一年だった。

またメンバーに加わってから2年経っていない中でのご指名には
不慣れな部分も多く、周囲の皆に助けられ、結局全員で走った形になった。
本当にメンバーには感謝したい。

来年も原理原則、正道を貫き、曲がったことはしないというスタンスで仕事する。
会社の目指す方向に合致していることは多少の障害があっても妥協なく貫き通す。
自分がどうなりたいとか、保身とか、そういうことではなく、
会社とメンバーがどうなるかが全てである。

自分自身の評価はその後。
自分が影に回ることで周囲が光るなら、喜んで裏に回ろうと思う。
あくまでサポート役としての本社機能を貫きたい。

色々あった一年。
たくさん勉強させてもらった一年でもあった。
来年はもっと会社とメンバーにお返しをしたい。
頑張ろう。

皆様、良いお年を!

カテゴリー: 仕事, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

仕事納めとか、ALLREC MIX2014とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

仕事納めである。
実は納まってはいないし、スクールは年末年始イベントで
基本的にほとんどお休みはないので、仕事納めという感じは薄い。

とはいえ、ケジメだしってことで、
ボス、ホンザワさん、DRKさんのという役員チームと
本社のWさんとワタクシで少し飲んだ。

解散後、「一杯いきますか」とDRKさん。
「仕方ないなぁ。一杯だけですよ」とワタクシ。
昔から繰り返されているやり取りである。

会社の近所のプロントに入る。
ワインを頼んだら、やたらとグラスが大きかった。
氷も入れてねっていったもんだから、
石原裕次郎っていうか、「ゆうたろう」みたい。
IMG_0387
小さいブラインド持って来ましょうか?

2杯ほど飲んで、店を出る。
「お腹が空きませんか?」とDRKさんか言う。
「ラーメンでも行きますか」とワタクシ。
10年前から繰り返されているやり取りである。

めぼしをつけたラーメン屋が空いていなかったので、
DRKさんオススメの寿司屋に入る。

ちょっと食べて帰ろうと思っていたのに
なぜかボトルを入れるDRKさん。
IMG_0389
困った人である。

そんなこんなで久しぶりに結構飲んだ。
まあ、区切りってことで良しとしよう。

今年もありがとうございました。
DRKさん、来年も付き合ってあげますからね。

 

さて、クリスマス恒例のALLREC MIXトーナメントである。
DSC_5628

今年も各校から腕自慢のペアが集まった。
試合はリーグ戦&順位トーナメント。
真剣勝負ながら、クリスマスっぽく楽しくと
ワタクシたちスタッフも気合が入る。
DSC_5633

サンタもトナカイも新調され準備万端。
DSC_5630
定番の役回りのカナザワサンタとソトヤマトナカイ。

試合は熱戦につぐ熱戦。
毎年レベルが上がっているのが分かる。

とはいえ、お菓子が出たり、
イベント名物のトナカイのスープが出たり、
オフコートはクリスマスムード。
DSC_5676
ちなみに去年はクラムチャウダーだったが、
今年はポトフが振る舞われた。

来年はモツ煮という噂も。
徐々にクリスマスから離れて行く気も・・・(苦笑)

そんなこんなで無事に全日程終了。
たくさんの賞品も授与され、レックのボスのご挨拶。
DSC_4279

そして、レックインドアテニススクール上石神井・コバヤシ支配人の
三本締めで今年の大会を締めくくった。

ご参加の皆様、ありがとうございました。
来年もお待ちしております。
10847338_911001948944527_526497914196482678_o

スタッフの皆さんもお疲れ様でした。
さらにグレードアップした大会を目指して頑張ろう。

カテゴリー: テニス, 仕事, 未分類, | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

カレンダーとか、テニスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

今年も届いた。
IMG_0339
12歳児のリクエストの笑点カレンダー。

毎年、彼の部屋にはこのカレンダーが飾られる。
もう3〜4年になるのじゃないだろうか。

カレンダーの隣には扇子コレクションが飾られている。
噺家を「〜師匠」と呼ぶ小学生はそう多くないと思う。
落語家にでもなるつもりだろうか。

ちなみに向かい側には圭のポスターとサイン。
なんともカオスな部屋である。

 

さて休日、12歳児に頼まれてのストリンギング。
IMG_0366

「この前よりも少し緩く張ってください」とのこと。
肘が痛いそうだ。
サービスは全然ダメで、アンダーからの
カットサービスで急場をしのいでいる状況。

TEC16をテンションを落として張ってあげた。
久しぶりにTECを張ったけど、柔らかくて張りやすい。
肘にも張り手にも優しいストリングだ。

グリップテープも巻いてあげていたが、
今後は自分で巻きたいというので、巻き方講習会。
IMG_0368
慣れない手つきながら、まあまあ上手く巻けた。
ひとつ手間が減って良かった。

 

練習へ。
IMG_0276
車の中で仕事をしながら観察。

フォアハンドはなかなか良い。
卒業研究の時にアドバイスしたスピン量の調整を
意識しながら打てているような気がする。

バックハンドは今ひとつ。
ボールが暴れている。
腕から手首の動きをフリーにし過ぎじゃないかな。
もう少しひとかたまりで振った方がいいんじゃないかな。
今度の休みにアドバイスしてみよう。

終了後、「全然ダメだった」と戻ってくる。

 「フォアもバックも全部ダメ」

 「どうダメなの?」

 「安定しない」

 「アウト?ネット?サイド?」

 「とにかくダメ。今から壁打ち行けない?」

 「公園は真っ暗で無理だと思うよ」

 「明日、コート借りて練習できませんか?」

 「明日は仕事だから無理」

 「ああ、どうしよう」

 「休みに入ったら練習付き合ってあげるよ」

 「うん・・・」

 

そんなこんなで12歳児のテニスに付き合った休日。
テニスから帰って来たら、長男が待っていた。

「ガット張ってください」

「いつ使う?」

「明日」

「新しいSPEEDあるじゃん」

「こっちも使うんです」

「どう張る?」

「この前のは固かったので、少し落としてください」

ということで、MONO CXを3ポンド落としで張る。
IMG_0369

「グリップテープは自分で巻いてね」

「はい。ありがとうございます」

こうして子供たちと関われるのも良いものである。

この先、二人ともストリングを切りまくるようになるのかな。
近いうちにストリンギングを教えたほうが良さそうだな。

カテゴリー: テニス, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

ハワイアンランチとか、クリスマスとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

休日、妻と近所のショッピングモールへ。
電球やら日用品の買い出し。

そして遅いランチ。
IMG_0152
ここのモールにはハワイアンな店が多いのが良い。

ハワイのビール。(たぶん)
IMG_0129

妻はなんとかプレート。
IMG_0130
チキンがかなりスパイシーで、
ワッフルはかなり甘め。
このメリハリがハワイアンなのか?

ワタクシはハンバーガー。
IMG_0132
ファストフードと違って食べづらいけどおいしい。

このケチャップ&マスタードスタンド、気にいった。
IMG_0133
ネットで探してみたが売っていなかった。
残念。

これは真似できそうかな。
IMG_0151

妻が部屋にサーフボードを飾ってみようかと言う。
IMG_0128
ワタクシのサーフボード、どこに行ったんだっけ?
誰かに貸したままのような気が・・・

なんてことを話しながらワインまで飲んでいたら
いい感じで酔っ払ってきた。
ナイスな休日である。

 

さて、クリスマスである。
平日なので普通に仕事だ。

朝から日本テニス事業協会で会議。
IMG_0343
なにかとお世話になっているK委員長の仕事の振りっぷりはすごい。
油断しているとどんどん宿題が出来ていく。

ボク忙しいんすよオーラを出してもまったく効かない。
さすが経営者だ。

会議が終わり、15分後には午後からの社員セミナーの先生と打ち合わせ。
結局、昼ごはんは食べられないままにセミナーに突入。
IMG_0344

第3回目に入り、より具体的な行動と明確な成果追及に入ってきた。
とはいえ、先生の進め方のおかげで雰囲気は非常に明るい。
IMG_0345

さすがプロだなぁって感じ。
IMG_0348

ぼちぼち、それぞれの取り組みに差が出てきたりと興味深い。
IMG_0350

来月に向けてたんまり宿題をいただき終了。

 

普段ならこの後は打ち上げとなるのだが、
この日は会社に戻って、打ち合わせが1本。
その後もあれこれやっていたら、まあまあ遅くなった。

と、ボスが言う。

 「腹減らない?」

 「減りました。お昼、ほとんど食べてないし」

 「じゃあ、クリスマスだし、飯行くかぁ」

ということで・・・
IMG_0351
羽根つき餃子である。

クリスマスの夜にオジさん二人で餃子にシュウマイ、
そしてチャーハン、ウーロンハイにハイボールだ。
IMG_0353

そういえば、去年のクリスマスも
ボスと一緒にこの店にいた気がするぞ。
まあ、色んな話が出来て良かったけど。

今年もあと少し。
まだまだ走るぜ。

カテゴリー: ファミリー, , | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

イブとか、Wilson BURNとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

クリスマスイブ。
特にいつもと変わらない。
それどころか、このところ何故かいっぱいいっぱい。

年末だからかな。
毎日バタバタと動き回っている。

レック本社もイブも関係なく、皆で残業。
Kさん、Wさんがこれをくれた。
IMG_0337
糖分が脳に回って、少し幸せな気分になる。

自宅に帰ると、妻が体調不良で寝込んでいた。
子供達はスーパーで買ってきたチキンバスケットを食べたらしい。
ワタクシも残りのチキンで夕食。

かろうじてケーキはあった。
IMG_0338
「どれくらい食べる?」と聞くと「45度」だそうだ。
角度で言うかね。

子ども達も、もうクリスマスをどうこうする歳じゃないのかな。
ちょっと淋しいね。

 

さて、話題のラケット、Wilson BURNである。
IMG_0443

事前に展示会で現物を見ながら説明を受けたが、
なかなか良さそうというか、売れそうな商品だなと思った。
というか、今の圭の活躍を見れば来年の目玉になることは間違いない。

情報解禁日が12/20だったので、ブログへのアップも
しゃべるのもガマンしていたのだが、
圭がメディア取材にBURNを抱えて登場。

次の日のスポーツ新聞は、一面に圭とBURNの記事。
解禁前のまさかの情報リリースである。

実はそれでも、ワタクシたちの情報解禁日は12/20のまま。
新聞、雑誌、ネットの報道にはBURNの記事が溢れているのに、
テニスの近くにいるワタクシたちは喋れないという不思議な状況に。

なんだかなぁって気もするが、商品発表としては
最高のインパクトがあったと思う。

 

そういえば、STEAMの発表も情報解禁前に
スイスインドアで使ってしまったのだったっけ。
しかもジョコビッチに勝ってしまうという大金星だったから
これまたフライングで最高の発表となった。

メーカーさんも色んなプロモーションを考えるが
トップ選手によるこういうハプニング性のあるものが
なにより効果的なのだなと、今回もあらためて思った。

 

そんなBURNだが、やっぱりというか
展示会ですごい数のオーダーが入ったらしい。

その数、ウイルソンさんが初期展開で考えていた数の数倍。
発表〜受注開始と同時に品薄確定商品となってしまった。

ワタクシたちも三桁本数のオーダーを入れたのだが、
すべてが確保出来るのかも不安な状況。
とはいえ、お客様には出来るだけご迷惑をお掛けしないように
頑張らなければと今から気合を入れ直しているという具合である。

ちなみにこのBURN、ひと通り試打をさせてもらった。
圭の使用機であるBURN95だけは、手配が間に合わず打てなかったが、
その他の3機種を打たせてもらった。
IMG_0459

IMG_0463

IMG_0454

IMG_0458

それぞれの詳しいインプレはあらためて書こうと思うが、
全体的には非常にバランスの良いモデルだと思った。

BLADEが「しなり」と「ホールド感」なら、
BURNは「剛性」と「弾き」という感じ。
それぞれ反対側の方に味付けを加速させている。

圭が今回のモデルに求めたもの「SPEED」を
うまく実現させた仕上がりになっている。

今の流れの弾き系の方向ながら、
球持ちが悪いわけではないという
絶妙なところに持ってきているように思った。

個人的には「BURNの弾き」よりも「BLADEのしなり」が好みだが、
プレーのレベルを引き上げてくれそうなのはBURNかなという気がする。
そのあたりは好みだろうが、より多くの方にマッチしそうな感じ。
ということは、やはり品薄は加速する・・・うーん、悩ましい。

そんなわけで、お買い求めになりたい方は
早めにお申込みいただいた方が良さそうなBURNなのだ。

カテゴリー: インプレ, テニス用品, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

まだやるの?とか、六本木とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

とある日の12歳児。
IMG_0249
卓袱台に正座でお勉強。
やはり勉強は続けるらしい。
そして受験用の過去問題もやるらしい。

「今日は過去問やるから、テニス行けないかも」

「なんで過去問やるの?受験終わったじゃん」

「塾の先生がやりなって言ったから」

「じゃあ、塾の先生に聞いてみるよ。おかしくないですか?って」

「だめだよ。とにかくやる」

「いや、過去問は無駄だよ。だってそこ受けないじゃん」

「この前、過去問やったらあんまり良くなかったし、やらないと」

「塾に行くのはまだいいとしても、過去問なんてやんなくていいって」

「バカになるといやだ」

「なんないって!休みなんだからテニスしなよ」

「するよ!テニスも。でも勉強もする!」

「年末年始くらいのんびりしろって!」

「だからノンビリやってるからいいって!」

親子逆転のなんとも不思議な会話。
夫婦揃ってため息である。

勉強しないよりはいいけど、
せっかくの冬休み、もっと遊べよと言いたくなる。
キミは本当にウチの子なのか?
塾に洗脳されてるのかな。

今の子ってかわいそうだなと思うのは、
勉強しなかったワタクシだからか。
きっと彼にとっては普通の事なのだろう。
変なの。

 

さて、ある朝、六本木へ。
いつも通り迷いながら、展示会場を目指す。
IMG_0251

TV東京の横を抜ける。
IMG_0269
素敵なところだなぁ。
こういうところに住んでるのって、どんな人なんだろう。

目的のビルへ。
IMG_0253
某巨大スポーツブランドが上階にあり、
そこでの展示会である。

会場内は当然ながら撮影禁止。
商品チェックや発注用にiPadを渡され、
専用のIDが発行される。

スポーツ(テニス)関係っぽい人もいるが、
スタッフさんはアパレルっぽい感じの方が多く、
どこかのアパレルブランドの展示会みたいな雰囲気。

若干、気圧されながら、来期の商材の確認。
うーん、定番モデルはなるほどって感じだが、
限定モデルはけっこうぶっ飛んでいる。
正直、読みが難しいところだ。

しかしこのブランド、昔から「おっ?」「おいおい」
と思うようなデザインのものを結局は定着させている。
グラフィックデザインプリントのゲームシャツもそうだし、
もっと昔はアーガイルチェックのゲームシャツもあったっけ。

いつも時のトップ選手と契約していて、
スタンダードを作り出してきた。
さすが世界の2強ブランドだけのことはある。

最近は中国ブランドが台頭してきて、
プロツアーでも使用選手をちらほら見るようになったが、
やはり伝統の重みはこの2強が別格だ。

あれこれ見せてもらい、宿題を抱えて会場を後にする。
良い形で展開出来るように頭をひねろうと思う。

しかしセレブ感満載な街だ。
IMG_0254
100歩いただけで迷子になったぜ。

カテゴリー: スポーツグッズ, ファミリー, 未分類, 街歩き | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

夕食とか、惜しいとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

帰宅したら、食事を終えた家族が若干慌てている。

「ん?なに?」

「もしかしてご飯食べてない?」

「食べてない」

「食べてくるかと思った。ご飯、無い・・・」

そういえば今朝、「遅い?」と聞かれて「分からない」と答えた。
分からないってことは、食事は要らないってことになるらしい。
これも普段の行いってことか。

そんなわけで、これが夕食である。
IMG_0222
喉が渇きくので水分はビールで補給。
ちょっと淋しいぞ。

 

さて、そんなわけで、壊れてしまったカメラのレンズ
ヨドバシカメラ修理センターによれば、
年明けまで掛かってしまうとのこと。

結局、ALLREC MIX2014には間に合わなかった。
仕方がないので、最近は使っていなかったレンズを引っ張りだした。
DSC_4201

これは10年近く前に、初めてデジタル一眼レフを買った時に
ダブルズームキットとしてついてきたもの。

カメラは、Nikon D50という入門機。
そしてこのレンズはメーカーすら分からない。
おそらく、超入門というか、セット用の量産品なのだろう。

現在のボディに装着すると、なんとも小さく頼りない。
口径も小さく、クラシックカメラみたいな佇まいで
逆にちょっとカッコ良かったりもするが、
操作感は恐ろしくチープでオモチャみたいである。

しかし、これを手に入れた時は、
「デジタル一眼て、こんなにキレイに映るのか」と感動し、
なんの不満もなく使っていたわけだから、隔世の感がある。

しかし、それなりの機材に慣れてしまったワタクシ、
やはり写りはそれなりにしか見えない。
コート照明の光源が写りこむと妙にぼんやりするし、
なんともシャープさに欠ける画像が量産される。

うーん、やっぱり道具は大事なんだなぁと
微妙にストレスを抱えながらの撮影だった。

その反面、その良さを再確認したものも。
DSC_5701
押さえに持ってきた単焦点レンズ。

もともとかなり気に入っているレンズなのだが、
あらためて、その写りの良さを感じた。

明るいし、背景ボケも美しい。
被写体がパキッと写るのもオマケレンズとは比べようもない。

単焦点なので、自分が動いて画角を調整しなければならないが、
それだけのことをする価値のあるレンズだなと思う。
このレンズを装着して、街歩きでもしてみようかと思ったりした。

 

なんてことを思いながら、携帯を見ると留守電。

「こちらはヨドバシカメラ修理センターです。
お預かりしていたシグマのカメラレンズは
修理が完了しましたので、お引き取りにいらしてください」

なんと、年明けかと思ったら、もう直っていたとは。

それにしても、昨日だったら良かったのに。
昨日はヨドバシカメラ周辺にずっといたし、
いつでも取りに行くことが出来た。

そうしたら今日のイベントに間に合ったなぁ。
残念。

まあでも、年内にケリがついたってことを喜ぼう。
さて、万札はたいて引き取りに行きますかね。

カテゴリー: カメラ, ファミリー, 仕事 | 投稿者Tameblo 04:30 | コメントは受け付けていません。

Tシャツとか、カーライフとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

Tシャツが出来上がった。
IMG_0272
本日開催のALL REC MIX2014のオリジナルTシャツである。

今年で3回目のこのミックスダブルストーナメント。
毎年、各校から強豪ペアが参戦。
熱い戦いが繰り広げられる。

試合も熱いが、ロビーではソトヤマコーチ扮するトナカイが
体を芯から温めてくれる料理を振る舞ってくれる。
第1回はおでん、第2回はクラムチャウダー、そして今年はポトフだそう。
すっかりALL REC MIX名物になった。

その他にもケーキやらお菓子やら、そして豪華な景品と
まさにクリスマスっぽいトーナメントなのである。

ワタクシもスタッフ(カメラマン)として参加。
皆様のナイスショットをナイスショットしたいと思う。
参加者の皆様、1日楽しんでください。

 

さて、車載システムを組んだiPodだが、大事なことに気づいた。
IMG_0296
このiPodケーブル、外部入力端子から引っ張っているだけ。
つまり、本当の意味でカーナビと連動しているわけではない。
単に音声信号を送っているのみである。

ということは・・・
そう、iPodのバッテリー消費されるのみ。
カーナビ連動のように充電しながらとはならないのだ。

そんなわけで、ロングドライブで聴き続ければ
途中でバッテリー切れでおしまいってこと。
シガーソケットからのUSB充電は可能だが、
一度はiPod接続は外さなければならない。
なんか不便だな。

 

ちなみにこのiPod Classic、ご存知のように生産終了。

iPod Classicは、中古市場でも価格が高騰しているらしく
7万円の値段がついているという話もあり、
とてもじゃないが買える値段じゃない。

いっそのこと、売りに出すのはどうだろう?
壊れてからじゃ売れないし、今のうちにお金に替えのもありか。

で、車内でiPodに代わるものを考えた。

Bluetoothスピーカーである。
iPhoneとスピーカーを繋いで、そこから音楽やPodcastを流す。

電話が掛かってきてもハンズフリーで会話が出来るし、
最近の機種はUSBから充電出来るらしいから、
シガーソケットから電源供給すれば良いし。

どうやらこれが良さそうだ。
btskrsny
ソニー製だから音も良さそうな気もするし。
防水仕様ってのも色々と使い道がありそう。

ただ、この球体、車の中で転がりそうだな。
置き場所に困りそうな気もする。

では、こっちは。
btsprsd
ちょうどドリンクホルダーに収まりそう。
値段も手頃だし。

妻に「ナイスなアイデアを思いついたんだけど」と言ってみる。
「必要なの?」と本質的な質問が。
「素晴らしいカーライフになると思うよ」と対抗すると、
「最近、ほとんど車に乗らないじゃん」とまたもや本質を突いてくる。

たしかにその通りなのだけど・・・少し間をおいて再交渉してみよう。
(って、自分の小遣いで買えよ)

カテゴリー: クルマ, ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

シャワーとか、Wilson BLADE98Sインプレとか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

スポーツクラブも長く通うと細かな不満もあったりする。

そのひとつがシャワー。
お湯を出す部分がプッシュ式というアレなのだが、
ここ最近でその時間がやたらと短くなった。

あまりにすぐに止まるので、
押しては洗い、洗っては押しと、
ほとんど底抜け脱線ゲーム状態。

時間を計ってみた。
ボタンを押してからお湯が止まるまでの時間が2秒。
2秒で止まるシャワーって・・・

おそらく多くの人が片手でボタンを押しっ放しで
シャワーを浴びていると思う。

経費削減のための措置なのかもしれないが、
そんな細かなところでブランドイメージを落としてどうする。
店舗数が多いから、チリも積もれば効果も大きいのかもしれないが、
あまりに極端でみみっちい節減としか言いようがない。

ワタクシ的にはこの作戦は失敗じゃないかと思う。
サービスとコスト削減のバランスって難しいね。

 

さて、ウイルソンのニューモデルラケットである。
IMG_0438
今度のブレードシリーズ3機種。

BLADE98S
IMG_0440
■フェイスサイズ:98平方インチ
■ラケット長:27インチ
■ウェイト:294g
■ストリング:18×16
■バランス:330mm
■フレーム厚:21.0mm
■グリップサイズ:G2 / G3
■価格:33,000円

 

ワタクシ大好物のフラットビーム&ボックス系フレームである。
IMG_0476
初代BLADEはワタクシも一時使っていた。
キレイにしなる良いラケットだった。

BLADEらしいブラックのカラーも精悍さを醸し出している。
IMG_0473

ちなみに画像は商談にお邪魔した時のものなので
ストリングは張っていない。
IMG_0475

今回のBLADEはカーボンが変わった。
IMG_0437
手前がこれまでのカーボン、奥が今回採用されたカーボン。
違いが分かるだろうか?

今回のカーボンの方が編み方が粗くなっている。
このカーボンの粗さがフレームのしなりを生み出し、
よりボールをくわえる効果を生むのだそうだ。

もちろん、くわえるといっても、しなるだけではコントルールが悪くなる。
そこはウイルソン得意のバサルトファイバーを増量し強度確保。
これによって、くわえ込み、しなやかさ、
そして反発力が高次元で融合したというわけだ。

 

打ってみた。

柔らかい。
これまでのブレードとは随分違う印象。

たわみというか、しなりというか、
いい感じにフェイスがボールを包んでくれる。
最近の流行りである金属的な固い印象とは対極の打球感である。

柔かいといっても、ヤワではない。
しっかり粘って、打ち出しでのパワーロスは感じない。
ボックスフレームの良さを上手く引き出しているような印象である。
このあたりの絶妙さが最新のテクノロジーってことなのかも。

Sラケなので、当然スピンは掛かる。
前モデルのBLADE98Sとは少し違う掛かり方。

前モデルは限りなく普通な感触で、気づけばヘビースピンだったが、
今回はフェイスのくわえ込みのせいか、明確にボールをグリッと
とらえて回転を掛ける感じがする。

その分なのか、イメージよりも少し上にボールが出る感じ。
最初の数球はアウトしたくらいに感触が違うものの
慣れればそのスピンの掛かり具合で、ズドンとコートに
ボールを収めることができる。

まさにいくら振っても入る気がする感じである。
この安心感は大きい。

カーボンの編み方が違うとこうも感触が変わるのか。
いやぁ、すごいな。

と言いつつ、個人的にはもう少しガツンというフィーリングも欲しい。
逆に言えばそれだけ扱いやすいラケットってことなんだろうけど。

 

トップスピンに気持ちが行きがちなSラケットだが、
実はスライスやサービスでもその恩恵は大きい。

スライスはギュインと乗って、
ボールがホップするかと思うくらいに飛んでいく。
厳しい体勢でも無理に腕を振って送り出さなくて済むから楽である。

サービスのスライスも半端じゃない。
通常の数割増しの曲がり方でボールが飛んでいく。
ストリングの粗さの恩恵なのか、ボールが失速しないものもうれしい。

 

ボレーはそこまで粘らなくていいんじゃないかなという感じ。
スパン!とボールが離れてくれる方が
キレの良いボレーが打てそうな気もするが、
コントロール的にはメリットも大きいし、そこは好みだろう。

とにかく、けっこうソフトな印象になった新しいBLADE。
うーん、ソフトというとちょと違うのかな。
しなやかで強いという不思議な進化って感じだろうか。
ここしばらくのカンカン系の進化に一石を投じるモデルだと思う。

スピン命の男性プレーヤーの方はぜひ一度試してみるべき。
簡単にヘビースピンが得られるはず。
オススメです。

カテゴリー: インプレ, トレーニング | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。

経営とか、講習会とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

実家からリンゴとともに届いた。
IMG_0153
実家に帰った時に読んだり、もらってきたりもしたが、
こんなにまとめて・・・

そもそもワタクシ、経営者じゃないんだけどなぁ。
経営者的な覚悟を持って仕事を全うしなさいってことかな。
勉強させていただきます。

できれば、まとめてじゃなくて
毎号読み終わったら送ってもらえないだろうか。
(怒られそうだ)

 

さて先日のこと、日本テニス事業協会・安全委員会によるセミナーが開催された。

今回のお題はテーピング。
東急線つきみ野駅のそばにある小菅先生の治療院が会場である。
IMG_0082

このセミナー、ご自身もテニスプレーヤーであり、
現在もベテラン全日本ランキング6位という
小菅先生が講師ということで、あっという間に満員御礼。

テニス選手目線からスポーツ障害や予防策、
テーピングなどを教われる機会はそう多くない。

小菅先生
IMG_0083
とても優しい語り口調で教えてくれる。

今回使用するテープ。
IMG_0093
アンダーラップ、伸縮性テープ、ハードテープの3種類。

まずは肘の障害について。
IMG_0097
いわゆるテニスエルボーのお話である。

バックハンド側、フォアハンド側、それぞれのテーピングを実践。
IMG_0095

同じ方法なながら、仕上がりはそれぞれ。
IMG_0094
テーピングって性格が出るね。

ラケットを取り出して、打ち方・グリップによる予防法など。
IMG_0100
小菅先生ならではの講義である。

小菅先生の腕って、筋肉見本みたい。
先生のラケットを持ってみたら、メッチャ重かった。
IMG_0112
どんだけフェイス周囲にびっしりとウエイトが。

 

そして脚へ。
IMG_0106
目にも留まらぬ速さでキレイに巻いていくのは職人技。

「メディカルタイムアウトの4分半以内で巻けないと」だそうだ。
なるほど、そりゃそうだ。

相模原校のアキモトコーチ
IMG_0107
トレーナーの卵なのでさすがに上手い。

早いし、仕上がりもきれい。
IMG_0109

私物の専用ハサミを自慢げに見せるあたりが生意気。
IMG_0092

こちらはコントのようなふたり。
IMG_0110
藤沢校のジンノコーチと大井町校のオガワコーチ。
やはりテーピングって性格が出る。

たっぷり3時間ではあったけど、まだまだ教わり足りない。
忘れてしまわないように練習も必要だ。

ということで、この講習はぜひシリーズ化しようと思った次第。
(あ、ワタクシ主催側の副委員長なので)
小菅先生、よろしくお願いいたします。

カテゴリー: 仕事 | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。