日別アーカイブ:

確保とか、ひと段落とか。


まだこれからすべきこと、しなければいけないことはたくさんあります。
忘れないこと、続けることです。
頑張ろう、日本!

 

12歳児のおやつ。
IMG_0841

袋に名前と残数が書いてある。
そうしないと長男が食べてしまうようだ。
ちなみに、カウントダウンをどう書いていったのかは不明である。

 

さて、長きに渡る戦いが終わった。
12歳児の中学受験である。

正直、ワタクシは中学受験はどうでも良いと思っていた。
公立育ちの妻とワタクシには私立一貫校はあまりピンとこなかったし、
長男の中学受験の時の大変さもあり、地元の公立で良いと思っていた。

ある時、12歳児が「受験?するよ」と事も無げに言った。
ああ、塾の友達に影響されているのだろうなと
その時は流していたのだが、考えは変わらなかったようだ。

「どうして私立に行きたいの?」

「今、苦労しておいて、6年間ノビノビとテニスしたいんだよ」

「ふーん、でも今ノビノビするってのは?」

「だってさ、私立行けば塾も行かなくていいしさ。お金もかからないじゃん」

私立は授業料が高いんだよとは言わなかったが、
ワタクシの12歳の頃とはえらい違いである。
小学校の頃なんて、せいぜい明日のことしか考えてなかったぞ。

結局、本人の好きにさせようということに。

徐々に塾の授業の日にちが増えていき、
毎週のように開催される模試、
そしてテニスに行けない日が増えていく。

試合は春の大会を最後に出られなくなった。

夏休み、「テニスは受験が終わるまで休む」と言う。
「気分転換になるし、行ける時は行けば」と言ったのだが、
「終わるまではやめとく」と自分で決めた。

勉強は塾の授業と自習室。
そして何故か自宅では、ワークスペースのカウンター、
ダイニングテーブル、そして卓袱台を回遊。
自分の部屋の勉強机はあまり使わなかった。(どうして?)

「勉強しなさい」と言ったことはない。
あまりに悲壮感がないので、「大丈夫?」とは聞いた。
そして、いつも「やってるよ」との返事。

そして、第一志望の専願受験を迎えるのだが、
例年通りの高倍率の14倍。
35名の合格枠に500人受験て普通じゃないぞ。

試験前夜、「あ〜あ、明日で人生決まるのかぁ」と12歳児。
そんなことでは人生決まらないと思うのだが、
人並みに緊張しているらしい。

 

試験を終えた。
合格発表を見に行くかと聞いたら、
「行かない。学校に行く」とのこと。

ひとりで見に行った妻からメール。
IMG_0895
「あったよ、合格」

マジか。
あの倍率を抜けるとは。
色んな意味でサプライズな12歳児である。

 

ということで、一般試験を待たずに受験はおしまい。
冬期講習料やら受験料やらが掛からないで済んだのはありがたい。
加えて学校は徒歩圏内で交通費も掛からない。
そういう意味では親孝行な12歳児。

さっそく封印していた漫画を取り出して読み漁る。
IMG_0901

そして、その後も変わらず塾に通い続ける。
どうして?
ワタクシなら絶対に行かないけど。
やっぱり不思議な12歳児である。

テニスもそろそろ再始動のようだ。
思う存分頑張って欲しい。

 

そんなわけで(どんなわけ?)、ワタクシは今日明日と、有明テニスの森で開催される
「東京都知事杯・有明チームテニスコンペティション」のカメラマンとしてお手伝い。

今年はゲストプロに穂積絵莉プロも来る予定。
見学は自由なので興味のある方と
ワタクシに差し入れをしたい方は有明へお越しください。

カテゴリー: ファミリー | 投稿者Tameblo 05:30 | コメントは受け付けていません。